歳時

2018年04月19日

吉祥院六斎念仏踊 / 春季大祭

6d3c4b7f


25日は 念仏踊りが見られる。
踊念仏は、平安時代中期の僧空也によって始められた、
托鉢に用いる鉢を叩いて、洛中の街々で「南無阿弥陀仏」を唱えて廻わり、
人々の不安を取り除いたのが六斎の始まりだと言われている。

 

DSC_0047-3

 

春と夏の年2回奉納される伝統行事で、
かつては京都における芸能として盛大に催された。
獅子舞や祇園囃子などが太鼓、鉦などで演奏される境内は、実に賑わしい。

 

DSC_0002

 

吉祥院の境内には多数の露店も出て、若者や家族連れも多い。

 

夜遅くまで賑わう風情を是非味わって貰いたい。
map

 

 

春季大祭
(菅原町子供神輿、六斎奉納)
■開催日時:2018年4月25日   20:00~21:15
■開催場所:吉祥院天満宮内
京都市南区吉祥院政所町3(西大路十条西入北)
■料 金: 無料
■お問合せ:075-691-5303
地図





メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



kyoto_cf at 08:30|Permalink

2018年04月07日

賀茂曲水宴2018/上賀茂神社

img271-425x600


寿永元年(1182)に神主重保(しげやす)が行ったことに起源をもつもので、当日は斎王代陪覧の下、当代一流歌人によって和歌が詠まれ、冷泉家時雨亭文庫の方々によって披講されます。


16e06abbimg272


本殿にお参りのあと渉渓園に移られた斎王代からまず本年の歌題が披露されます。
そのあと童子が羽觴(酒の入った盃を運ぶ鳥形の小船)を流し、短冊に和歌を詠み上げると、歌人は流れる羽觴から盃を受け飲み干します。
和歌の詠まれた短冊は神職により集められ、冷泉家時雨亭文庫の方々により雅に朗詠されます。


ec60ad07


境内の桜を楽しみながら、雅な春の一日を平安の世界観の中で過されませんか。



 

散り逝く桜花、神泉の流れに平安の世界観を見る
桜見に曲水宴 by 五所光一郎

 

 

 

☆★☆★☆ 賀茂曲水宴 ☆★☆★☆

■開催日時:2018/4/8    13:00〜
■開催場所:上賀茂神社  渉渓園
〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339
■料   金:抹茶券付入場1000円 見学無料
■お問合せ:075-781-0011
■U R L:http://www.kamigamojinja.jp/







メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



kyoto_cf at 07:30|Permalink

2018年04月05日

特別公開☆加賀前田家ゆかりの寺院/大徳寺 興臨院


町期の建築様式の特徴を見せる本堂(重要文化財)や唐門を持つ大徳寺興臨院。その後、豊臣政権の五大老を務めた前田利家が本堂屋根を修復、また菩提寺とするなど前田家とも非常に縁の深い寺院です。
優美で安定感のある姿が静寂と落ち着きを感じさせる本堂や、「昭和の小堀遠州」とも言われた作庭家、中根金作が復元した方丈庭園を持つこの寺院が特別公開を迎えます。


 

公開内容


表門(重文)
唐門(重文)
方丈庭園
本堂(重文)

沿革/臨済宗大徳寺派大本山、大徳寺の塔頭寺院。大永年間(1521-1528)に能登(現在の石川県)の守護、畠山義総が創建。その法名を取って寺名を興臨院とした。畠山家の衰退と共に荒廃するが、天正9年(1581)に前田利家によって屋根の葺き替えが行われ、以後、畠山家に加え前田家の菩提寺ともなる。
創建当時の姿が残る表門と本堂(唐門を含む)が共に重要文化財指定されている。

 

 



☆★☆ 特別公開 大徳寺 興臨院 ★☆★

■開催日時:2018/3/17〜6/10   10:00〜16:30(受付終了)
※拝観休止日 3/20   3/21
■開催場所:大徳寺 興臨院 京都市北区大徳寺町80
■拝 観 料:大人600円、中高生400円、小学生300円
■お問合せ:075-231-7015  京都春秋事務局
■URL       :http://kyotoshunju.com/?temple=daitokuji-kohrinin#








メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




kyoto_cf at 08:30|Permalink

2018年04月01日

第69回 京おどり / 宮川町歌舞練場

 

 

お茶席へのご入場は、開演約30分前からとなります。
会場時間 各開演時間の30分前

料 金
一等席券・茶券付 4,800円  一等席券 4,200円
二等席券・茶券付 2,800円  二等席券2,200円


d9f9cfe0-s

 



☆★☆★ 第69回 京おどり ☆★☆★

■開催日時:2018/4/1〜4/16     12:30〜・14:30〜・16:30〜
■開催場所:宮川町歌舞練場
京都府京都市東山区宮川筋4丁目
■お問合せ:宮川町歌舞会 Tel:075-561-1151
■U R L:http://www.miyagawacho.jp/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



kyoto_cf at 08:00|Permalink

2018年03月24日

禅茶一心☆春の庭園特別公開・寺宝展 2018

 
宋より茶を持ち帰った栄西を開祖とする建仁寺を本山とし、茶人として名を馳せた織田有楽斎の墓所を擁す正伝永源院。塔頭寺院の中にあって、とりわけ 茶の湯に縁の深い当院には客人をもてなすという茶道の心が色濃く受け継がれています。境内には、有楽斎が建てた国宝の茶室「如庵」が復元されています。池 泉観賞式の庭園と併せて公開。


 

 

2018年4月14日〜5月6日

しだれ桜と庭園
揮毫襖絵(細川護煕氏筆)公開

つつじの庭園特別公開

拝観期間中はお茶席もあります。

 

11018133_400129430159625_6771773470963900832_n

image150116_sp

 

 




 寺宝一覧





 春の庭園特別公開・寺宝展

☆★☆★ 禅茶一心 ☆★☆★

■開催期間:2018/4/14〜5/6       10:00〜16:30  (閉門は17:00)
■開催場所:建仁寺塔頭 正伝永源院
〒605-0811 京都府京都市東山区大和大路通四条下る四丁目 小松町586
■拝観料 :通常非公開 特別公開時 大人500円  中高生300円 小学生以下無料
■お問合せ:075-531-0200
■URL :http://www.shoden-eigenin.com/






メルマガ「京都電脳新聞」 コラム"京に癒されて" もお読みください。
→→→→→無料定期購読受付中←←←←← 

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ



kyoto_cf at 07:30|Permalink
ClubFameのトップページへ飛ぶ
京都街場文化サイト


京都CFホーム
top1000
京に癒やされ・コラム集

電脳新聞無料購読申込へ
五所の京都街場文化雑記帳

■おいしいリンク集

もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
記事検索
Archives
もっと見たい知りたい人は
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村