石屋の旅日記

2014年01月10日

~石屋の旅日記~ 第四弾・穴太石積編


 ~石屋の旅日記~ 第四弾・穴太石積編

 今回は、安土桃山時代に活躍した
石工集団の「穴太衆(あのうしゅう)」の
石積を紹介します。

穴太衆は現在の滋賀県大津市阪本穴太
(日吉大社の近郊)の出身で、
その末裔は古墳などの築造などを
行っていたとされています。

高い技術が買われ、安土城を施工したことで、
彦根城や竹田城など、全国各地の藩に
召抱えられ、城郭の石垣構築に
携わるようになりました。

DSC01976

DSC01978
~滋賀県・日吉大社近郊~

現在でも、上記の彦根城などの城郭、
日吉大社の近郊などに穴太衆が
積んだとされる石積が残っています。

もし寺院や城郭などを観光される際は、
建物だけでなく石積などの構造物にも
注目されることをオススメします。
おそらく観光の楽しみが増えるはずです。

当社HPはコチラ





kyotoishiya at 14:33コメント(0)トラックバック(0) 

2013年10月16日

~石屋の旅日記~ 第三段・夜疑神社編

~石屋の旅日記~ 第三段・夜疑神社編

H25.10.12

今回の旅日記は、大阪府岸和田市の夜疑神社さんです。

IMG_1218
夜疑神社:拝殿

 夜疑神社さんでは、
昨年に拝殿・本殿の新築工事、
今年は、寄付者の方々の芳名板新設の
工事に携わらせていただきました。
(工事内容は後日アップします)

実はこの夜疑神社さんは、
全国的に有名な「だんじり祭り」の
だんじりが11台も「宮入」される
神社さんなのです。

その宮入が行われるということで、
見物に行かせて頂きました。

DSC_0146
~だんじりの宮入風景~

午前8:30ごろからだんじりの
宮入が始まり・・・

DSC_0158
~宮入後風景~

宮入後はこのような感じで、
人で溢れかえっていました。
禰宜さんのお話では、
総勢五千人とのことです。

DSC_0161
~だんじり~

だんじり祭りには、
地元の大人から子供まで
ほとんどの方が参加
されるそうです。
今回は、地元の人たちが
一体となって盛り上がっている
姿にうらやましさを感じました。
 また来年も見に行かせて
いただきたいと思います。 





kyotoishiya at 19:11コメント(0)トラックバック(0) 

2012年09月09日

~石屋の旅日記~ 第二段・百済寺編


~石屋の旅日記~ 第二段・百済寺編

H24.9.9

今回の紹介は滋賀県の東近江市にある
天台宗の寺院
「百済寺(ひゃくさいじ)」です。
金剛輪寺・西明寺と同列の
「湖東三山」の一角なので
ご存知の方も多いと思います。

DSC_0001

DSC_0010

長い階段を登り、門を一つくぐり更に奥へ。
すると山門が現れます。
この山門の両端には大きさ1m程度の
わらぞうりが掛けられています。
このわらぞうりは「願掛け」で
有名なようです。

※五木寛之氏推薦の貼紙有


DSC_0018

山門を越えていくと、本殿が見えてきます。
距離が近い為全体が撮影できていませんが、
かなり迫力があります。
この造りとしては、名前の通り
朝鮮半島の「百済」にあった
龍雲寺という寺院を
モデルにされているようです。

湖東三山の中では歴史がもっとも古い
といわれています。(聖徳太子創建とも)
しかし、百済寺の歴史などについて
分かっていない部分も多いようです。
このような歴史のある寺院の
改修工事に携われるように
がんばりたいと思います。

~鐘楼堂~
DSC_0012

~千年菩提樹~
DSC_0011

~庭園~
DSC_0007

 
当社HPはコチラ


kyotoishiya at 07:00コメント(0)トラックバック(0)