京都 ラウンジ MIDORI(ミドリ)のスタッフ日記

京都・千本丸太町のバーラウンジMIDORI(ミドリ)のかわいいスタッフ達のおもしろおかしいブログです。

本・漫画

京都ラウンジMIDORI 絵本

絵本をいただいたので、姪っ子にプレゼントです。
わたしが、小さい頃にみていた絵本は
、*ぐりとぐら*シリーズや、
ノンタンの絵本をワクワクしながらなんどもひたすらよんでいました。

ピーターラビットもよくよんでいたけど、最近映画化されてましたね。ちょっとみてみたいです!
れい
IMG_4248

漫画の話 「シドニアの騎士」

いま一番好きなSF漫画「シドニアの騎士」の最新話が出ました。

シドニアの騎士は人型兵器での戦闘が主体の宇宙戦争(戦闘)モノです。
要は大雑把に見てガンダム系です。

特に今回の話で良かったのは、宇宙空間での戦闘をリアリティを持って描いているところです。

・宇宙空間での加速の後は逆噴射での減速が必要
・狙撃兵器とはいえ敵が逃げると命中率激減
・長い武器を持っていると少し振り回しただけでも僚機にぶつかって危険(死ぬ)
・小惑星の引力に捕われただけで墜落(死ぬ)

このあたりの描写は、当然のことと言えばそうなのですが、ガンダムから続く宇宙戦闘モノの系譜で無視されてきた物理的な演出をきっちり描いているという点で、とても満足でした。
そもそもガンダムシリーズでは、大出力の推進器を全開にして加速していたにもかかわらずに宇宙空間で停止したりUターンしたりと、慣性制御技術などという基礎理論すら見通しの立っていないオーバーテクノロジーが実用化されているとしか思えない描写が満載でうんざりします。
しかしシドニアの騎士はそのあたりの慣例に一石を投じているので、読んでいて楽しいです。

というわけで、わかる人にはわかるけれどもわからない人にはさっぱりわからないという意味で、バーラウンジのブログとしては例のごとくどれだけ需要があるかわからない佐藤日記でした。

シドニアの騎士(4) (アフタヌーンKC)

カフェじかん。

カフェでまったりが大好きなので…

DSC01554

頂いちゃいました

これで気になるお店を見つけて行ってみます
京都市内のオススメカフェはマリエかあやちゃんまで

☆マリエ☆

スラムダンク あや

49b785b3.jpg「あきらめたら、そこで試合終了だよ…」


安西先生が、ミッチーに言った名言です☆



最後まであきらめないのが、大切!!


試合も…



湯切りも…

牡丹と薔薇 あや

“ボタバラ現象”なる物を引き起こした、昼ドラです!

知ってますかぁ?


私も、名前だけは、知ってたものの、ほとんど見たことがなくて…


この前、お昼の仕事が休みで、再放送がやっていたので見てみました(゜_゜)



簡単に言うと…



ドォロドォロですな
(-.-)

これに、はまる奥様方の気持ちわかります(笑)


続きが見たいけど、やってる時間が、お昼間やしなぁ(´Д`)


みなさんも、よかったら、ご覧くださいな〜

ごめんなさい

朔太郎の詩のはじめの部分ですが、うまくupできてませんでした。
女よ
うすくれないにくちびるはいろどられ
粉おしろいのにほいは襟脚に白くつめたし
が正しいイントロです
正しく、打ち込めなくてごめんなさい。絹子

萩原朔太郎

女ようすくれないにくちびるはいろどられ
粉おしろいのにほいは襟脚(えりあし)に白くつめたし。女よ
そのごむのごとき乳房をもて
あまりに強くわが胸を圧するなかれ
また魚のごときゆびさきもて
あまりに狡猾にわが背中をばくすぐるなかれ
女よ
ああそのかぐわしき吐息もて
あまりにちかくわが顔をみつむるなかれ
女よ
そのたはむれをやめよ
いつもかくするゆえに
女よ 汝はかなし。私の大好きな朔太郎の詩です♪
         絹子

SF小説の話 「時砂の王」

『時砂の王』というSF小説を読みました。

【内容】
51DsgM2IIdL__SL160_若き邪馬台国の女王、卑弥呼の前に現れた異形の物の怪、彼らは未来で地球を滅ぼした敵。
それを不思議な術で倒した男は、冥王星付近まで退却した人類が過去に危険を知らせ援護するために送った大艦隊の1人。
この男は、26世紀で作られたメッセンジャーという知性体。
ヒトではないが、個性や性格を持ち、数々の戦闘で大勢を死なせ、心を痛めてきた。
オープニングのこの舞台が、既に河川改修などを行っており、普通の邪馬台国ではない。
この邪馬台国と10万年に及ぶ大作戦の一部が1章ごとに交互に描かれる。
この卑弥呼のいる時代は、作戦のどの部分に位置するのか?
結束する古代の人々、そこそこ応戦できるか、と思ってもやはり戦況は厳しく戦いは壮絶。
敵を1機倒すたびに変わってゆく未来。
異なる未来が次々と分岐し、艦隊が出発した未来はどこに出現するか、もう分からない。
人類が絶滅しない1本の時間枝を守るため、あまたの時間枝を見捨てることは、正しいのか?
軍を統括する知性体と個々のメッセンジャーとの間に生じる軋轢。
この邪馬台国は生き残るのか?
(Amazonレビューより)



メッセンジャー軍は、過去に転移してその時代の人類と共に防衛戦を展開することに。
しかし敵は更にに過去に転移して人類を攻撃し続けます。

当初の転移先である22世紀の人類は、あえなく絶滅。
その後、第二次大戦、米国南北戦争、元禄時代と、時を遡りながら追撃戦と撤退戦が繰り返されます。

メッセンジャー軍が幾兆もの人類の未来を犠牲にしながら行う、10万年間の戦争。
その結果として次々に新たな未来が出現するものの、どれだけ戦っても「絶滅を回避できた未来」が出現しません。

人類は勝つことができるのか?
いったいなぜ絶滅は回避できないのか?

そしてついには、3世紀の邪馬台国が最後の決戦の部隊に・・・。



スケールの大きさや「過去への撤退戦」という斬新なモチーフなど、これまで読んできたSF小説として群を抜いて面白いものでした。
壮大な物語を描きながらも濃い密度で展開される物悲しいストーリーは、素晴らしいの一語に尽きます。

また、こういう作品を映画化すれば、日本のSF映画はもっと地位を高められるのではと思ったり。
お勧めの一冊です。

佐藤

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)

スラムダンク あや

df83631e.jpg大人買い…



しようかな…(*_*)



迷い中です



あっ、ワンピース(漫画の)もいいなぁ〜(-.-)

天国で君に会えたら 奈々

9dd5c89b.jpg最近就寝前に読書してます♪


でも2.3ページ読んだらいつの間にか爆睡してて気がついたら朝です(;_;)


いつ読み終わるのでしょうか(>_<)


奈々(*^_^*)

筆談ホステス 愛

今日ドラマで筆談ホステスがあったようです。

そのドラマは見ていないのですが、昼間にあった特集を見ました。

銀座ナンバーワンホステスの方が指導していました。

筆談で接客…

どんな場所でも、どんな時でも………

「心」が大事!

愛でした。

漫画の話 仏ワイン誌最高賞編

「神の雫」というワインを主題にした日本の漫画が、仏蘭西のワイン専門誌の最高賞を受賞したそうです。
「神の雫」はグルメ漫画の分類ですが、ワインのみに特化した内容である異色な作品。
素人や酒を飲めない未成年であっても、十分に楽しめる内容になっていてお勧めです。

佐藤
続きを読む

エピソード オブ アラバスタ 愛

df494963.jpg皆様、新年明けましておめでとうございます☆☆☆☆

今年もよろしくお願いします☆☆

愛は今年は「海賊」になりたいと思います(^з^)-☆Chu!!

詳しくは…

ワンピースをご覧くださいませ☆☆☆

愛でした☆

雑誌の話 『小学六年生』廃刊編

雑誌の『小学五年生』『小学六年生』が廃刊になるそうです。

小学館:「小学五年生」と「小学六年生」休刊へ
 小学館は26日、学年別学習雑誌「小学五年生」と「小学六年生」を今年度末の号で休刊とし、来年春から両誌に代わって新学習漫画誌「GAKUMANPLUS」(仮題)を創刊すると発表した。
 両誌は1922年の同社創設と共に創刊。ピークの73年4月には「五年生」が63万5000部、「六年生」が46万部を記録したが、近年は両誌とも5万〜6万部と低迷していた。


戦前からの伝統ある雑誌が消えてしまうのも時代の流れなんですかね。
私は子供のころに『小学○年生』を買ったのは記憶にある限り1冊だけなんで惜しむべき立場にないのかもしれませんが、やはり少し残念な気がします。

ところで、昔と今の表紙を比べてみると、あまりに違います。

昔。
小学六年生
風情があっていい感じですね。

そして今。
小学六年生・現代
嵐・・・・。
奈々さんには悪いですけど、『小学六年生』の表紙に嵐ってどうなんですかね。

なんだか古きよき時代は遠く思い出の中ということのようです。

佐藤

漫画の話(シドニアの騎士・第六話)

久々にテラスケールSFこと『シドニアの騎士』の話です。
前回が第二話について語って今回が第六話なのは、三・四・五話を読み損ねたからです。

シドニアの騎士第6話


六話では、第二話で相手をしていた敵(ガウナ)とまだ戦っていました。
冒頭からエースパイロット部隊が全滅する場面が小奇麗な絵で淡々と描かれます。

敵の攻撃を回避するために宇宙船シドニアが急激なG加速を行うことにより、内部で多数の死者が出ます。
この作者は過去3つの作品で2度ほど人類を絶滅させていますので、この辺の悲惨な描写はお手の物です。

今回のハイライトは、主人公が宇宙船内部の多数の死傷者を尻目に、人ではなく地面で跳ねている魚を真っ先に捕まえている部分でしょうか。
アフタヌーン誌に掲載されていますので、よろしければ読んでみてください。

佐藤

ドラえもんの話(眼鏡を外したのびた母編)

「ドラえもん」ののびた君は時々眼鏡を外していますが、のびた君のお母さんが眼鏡を外すとどうなるかご存知でしょうか。

その衝撃の画像を見つけました。

ビフォー
のびた母1



アフター
のびた母2

これは…意外極まる美人っぷりですね。
この10年でドラえもんネタで最も驚きでした。


佐藤(眼鏡男子)

本の話(天使の卵編)

マリエさんが村山由佳作品に言及していたので、私も一つ。

普段は恋愛モノは読まないのですが、村山由佳さんの代表作である「天使の卵」だけは読んだことがあります。
浪人が決まった直後に古本屋で何気なく手に取った「天使の卵」。
主人公が浪人生であるという設定を見て、購入を即決しました。

内容は19歳の主人公と27歳のヒロインを軸に話が進みます。
当時の私も19歳。
「大人の女性との恋愛」というよくわからないものについて想いを馳せながら読んだものでした。

そしてふと気づくとヒロインの年齢を追い越した自分。
何それこわい。
なんだかもうあの本を読むことはできそうにありません。

佐藤(19歳+9)

天使の梯子 written by マリエ

こんばんは、マリエです♪
 
先日、村山由佳さんの本を買ったので、ぼちぼち読み進めています。
「天使の梯子」はまだ読んでいません。読みたいけど…。
 
「天使の梯子」といえば…
これですよねー、自然現象。
薄明光線とかヤコブの梯子とか、別名多数。
それだけ、神秘的で魅力があるという事でしょうね。
ちなみに写真はマリエの地元で撮ったものです♪
 
京都で見かけることはほとんどないような…?
 
☆マリエ☆
 

レーナ・マリア 愛

1b13a0e8.jpg押し入れを整理してたら、高校生の時に買った本が出てきました。
学校の授業中に紹介された方、レーナマリアさんの本、ハッピーデイズです。

彼女は生まれつき両腕がなくて左足が右足の半分しかないという重い障害を持っています。

しかし、彼女は世界障害者水泳選手権のメダル獲得者な上に、プロのゴスペルシンガーで世界中をコンサートして回っています。

そしてふと、思い出す方が乙武洋匡さん。五体不満足という本でも有名ですね。

みんな障害が決して不幸ではないという本です。

かわいそうとか不幸だとか……
けど彼らの本を読み、すごいと思うとか、感動したとか…

私は簡単に感想を言う事ができなかったことを思い出しました。

愛でした

漫画の話(シドニアの騎士・第三話未読編)

テラスケールSFこと「シドニアの騎士」の新作が、掲載雑誌が見つからず読めていません。
早く読みたいです。

主人公は前の話で心肺停止しましたが、主人公補正がかかって無事なのでしょう。
ちなみに同じ作者(弐瓶さん)の別の作品では、主人公が序盤早々に頚椎を分断されましたが、問題なく復活しました。

そんな無敵の主人公ばかり登場していますが、弐瓶作品が面白いことに変わりはありません。
シドニアの騎士はかっこ良いです♪

佐ドニア

リボンの騎士

〓深夜放送で懐かしい、リボンの騎士を見ました。今のアニメよりも、わかりやすくて、面白かったです♪リボンの騎士はかっこ良いです♪絹子

漫画の話(シドニアの騎士・第二話)

先日の日記に書いた漫画『シドニアの騎士』の第二話が出ています。
シドニアの騎士は、空疎でシュールな世界観のロボット系SF。
私としてはその演出っぷりが気になるところ。

第二話で良かったのは、食事のシーンをきっちり出しているところです。
人類の生存をかけた恒星間航行宇宙船の中で食べる蕎麦やラーメン。
最早、哲学的ですらあります。

また、宇宙船「シドニア」の外壁に「西2」などと漢字が書いてあるのも良いところです。
SFの宇宙船と漢字の組み合わせはありそうでない表現です。
両者の親和性は凄まじく高いと思うのですがどうでしょうか。

とりあえず第二話は主人公が戦闘の負傷で心肺停止になって幕を下ろしました。
今後の展開が楽しみでなりません。

佐藤でした。

NANA

2646e0fc.jpg最新巻も買いました!

NANAはずっと読んでます。

長いですよね(>_<)笑

けどおもしろい☆

私と名前が同じです♪

奈々(*^_^*)

飛び出す絵本2

これはSHARKSという飛び出す絵本の中の1ページです♪迫力アルでしょう。この本はすご〜くかっこ良いです♪(^-^)私は絵本が大好きです♪絹子ママ

星の王子様

私はサンテグジュペリの星の王子様が大好きです☆王子様はたった一輪の花の為に、地球を後にして、王子様の星に帰ってしまうのです☆私は王子様の事を思うとすごく切ない気持ちになります。胸がキュンキュンします。王子様の花になりたい、私の名、それはいえん。。

入ってない?

アリスちゃんが入ってないって苦情が来ました。ごめんごめん!絹子

アリスちゃん

私は立体的な飛び出す絵本を4冊持ってます(^o^)なかでも不思議の国のアリスが大好きです。この部分すごくかわいいでしょ♪私もアリスになりた〜い(*^.^*)絹子

ルーキーズ愛

9356f627.jpgこのフレーズ、ピンときますか?

そうです!もうすぐ、あのニコガク野球部が映画になって帰ってきます(^w^)

何回、再放送をみたことか…

愛ももし、男の子に生まれ変わったら絶対に甲子園をめざす高校球児になりたいです(≧∇≦)

あっ、ちなみにピッチャー希望!!

映画公開は5月30日!

早くみたい愛でした。

漫画の話(シドニアの騎士)

3df0b5c7.jpg私が唯一単行本を購入している漫画家、弐瓶勉の新連載『シドニアの騎士』が始まりました。

弐瓶勉の作品はSFに区分されるのですが、ひたすら茫漠として荒涼とした世界観を延々と描いていることが特徴の一つです。
高さ3000キロメートルの階段を歩いて上ったり、全長48億キロメートルの構造物をバイクで移動したり、そんな作品ばっかりです。

『シドニアの騎士』も「テラスケールSF」と銘打たれているので、また規模が無駄に大きくひたすらテンションの低いスケール感(褒め言葉)が描かれることでしょう。
とりあえず第一話では宇宙船から3光年先(!)に敵を発見した模様です。

今後に期待大です。
佐藤でした。
最新コメント
各月の記事
アクセスランキング