金閣寺といえば、金色に輝く建物で、日本どころか、世界中で有名なスポットです。

金閣寺も、秋になると周りの木々が紅葉に染まります、金色の建物と周囲の紅葉のコントラストはまさに絶景です。

どうですか創造しただけでも幻想的な世界だと思いませんか?

ちなみに、金閣寺は「鹿苑寺」の一部で、足利義満によって建てられた寺院です。
アニメの一休さんにもよく出てきましたね。
 
京都の三千院といえばかなり有名なスポットですが、紅葉の名所としても1、2を争う人気です。

紅葉の観賞ポイントは、瑠璃光庭の苔の緑と紅葉の赤・オレンジ・黄色のコントラスト、とくに紅葉は暖色のみで構成されているので、とても暖かな気持ちになります。

ちなみに、三千院は創建から既に1200年以上が経過している、非常に由緒正しいお寺で、天台宗の寺院で、阿弥陀三尊坐像は国宝指定されています。

往生極楽院本堂や、数多くの像や書物なども重要文化祭に指定されてます。
 
京都府の紅葉名所の中で最も美しいと言う人もいるぐらい”常寂光寺”というお寺の紅葉は美しいです。

京都の紅葉名所としては、1、2を争う美しさだと断言する人も少なくありません、秋の京都府に行くのなら常寂光寺をはずすのはもったいないでしょう。

常寂光寺は、京都府京都市右京区嵯峨野にあり、嵐山からも行けるので、嵐山方面から小倉山の中腹から、常寂光寺を廻るルートはオススメです。

他の京都府の観光名所よりは有名ではないかも知れませんが、嵯峨野の紅葉巡りの一環としてよく観光客が訪れています。

常寂光寺の紅葉は、境内全体を埋め尽くすまでの、圧倒的な数のモミジの色づきです。

観賞のポイントとしては、国の重要文化財に指定されている多宝塔に上っていくと、紅葉で彩られた風景を見下ろすことができ、この常寂光寺最大の見所でしょう。

多宝塔の周辺からは京都市内を見下ろす事のでき、その景色も壮観です。
 
京都の紅葉名所 清水寺

京都府の超メジャースポット清水寺、この清水寺も紅葉の名所です。

清水寺の紅葉観賞ポイントは、紅葉をバックにした清水寺の美しさでしょう。

他の季節も美しいですが、清水寺が最も映えるのはズバリ紅葉シーズンです。

清水寺というと舞台のある本堂のイメージが強いですが、紅葉を背景とした三重塔も見逃せません。

「清水の舞台から飛び降りる」という言葉があるくらいに有名な清水寺ですが、清水の舞台だけではなく、三重塔へも足を運んでください。
 
京都の紅葉名所 京都府立植物園

植物園というと、緑のイメージが強いかも知れませんが、この京都府立植物園は、京都市左京区にある植物園で、広大な敷地に12,000種類もの植物が12万本植えられていて、あらゆる植物を見ることができます。

ちなみに、京都府立植物園は1924年に開園した歴史ある観光スポットです。

京都府立植物園のでの紅葉は、紅葉の定番とも言える木々が多数植えられていて、ととても色鮮やかです。

 
嵐山の紅葉が見られる時期は、11月半ば頃です

この11月半ば頃には、幻想的とも言えるほど鮮やかな風景が見られます。

嵐山といえば京都の中でも有名な観光名所で、長い木の橋【渡月橋】の風景には誰しもが見覚えがあるのではないでしょうか?

嵐山は、春には満開の桜、そして秋には美しい紅葉が見られます。

嵐山は、国の史跡及び名勝地に指定されているて、主なスポットは、天龍寺、法輪寺、宝篋院、野宮神社、時雨殿、渡月橋、嵐山公園などです。

紅葉を見られるスポットとしては、宝篋院参道、二尊院参道、小倉山の中腹、鹿王院山門の先、渡月橋の周りがオススメです。

写真の撮影ポイントとしては、渡月橋と紅葉がオススメ。


ちなみに、嵐山は平安貴族の別荘地でした。
 
やはり京都府の自然を最も堪能できるのは、秋ではないでしょうか、もちろんほかの季節も十分魅力的ではありますが

京都府の秋といえば、なんといっても紅葉!京都府の佇まいが何より映えるのがこの季節、和風の建築物は、紅葉の色鮮やかな赤や黄色、その中間色である橙色が凄まじく似合います。

じつは観光客の数は秋が一年で一番多くなります。


京都の秋の名所といえばまずは、南禅寺

南禅寺は紅葉の名所として知られており、ランク付けでも別格扱いを受けているくらい、紅葉の美しい観光名所です。

また、建仁寺は大雄園の美しさに誰もが舌を巻くといわれている名所ですし

東福寺は、色鮮やかな紅葉と緑色の苔の美しいコントラストが見所です。


これらのスポットはインターネット上にもたくさんの美しい写真など掲載されているので、それらを参考にして回ってみるとよいでしょう。
 
京都府と、「古都」「お寺」「歴史」といったイメージが強いようですが、自然の美しさについてはあまりイメージとして挙げられていないようです。

修学旅行で京都の秋に訪れたことがある人も多いでしょうが、同じようなお寺に何件か行ったよね、なんて印象しか残っていないかも知れませんね。

京都は、紅葉シーズンになると非常に色鮮やかな美しい町並みに染まります

もちろん、ほかの季節も十分魅力的ではありますが、やはり京都の自然を最も堪能できるのは、秋ではないでしょうか。

秋の京都は、観光客の数も一年で一番多くなります。

和風の木を基調とした建築物は、紅葉の色鮮やかな赤と黄色、その中間色である橙色との相性がよく自然と調和するのでしょうね。

京都府の佇まいが何より映えるのが、この季節です。


『秋の京都、紅葉の名所』

南禅寺紅葉の名所としては別格扱いを受けているくらい、紅葉の美しい観光名所で、とても色鮮やかな風景を堪能することができるでしょう。

建仁寺大雄園の美しさに誰もが舌を巻きます。

東福寺は、とても色鮮やかな紅葉の中に緑色の苔も覗き、とても美しいコントラストを見せてくれます。