昨夜のNYダウは上昇したものの、不穏な空気が漂う東京市場。


寄り天の雰囲気は、まさにその展開となりました。

保有株はユーザベース、インベスターズクラウドが今日決算ということで、ここまでポジションを落とさず粘った以上、減らすことはできませんでした。


結果、共に素晴らしい決算を出しました。


【以下、株探より】

ユーザベース <3966> [東証M] が2月13日大引け後(15:30)に決算を発表。17年12月期の連結経常利益は前の期比2.3倍の5億1800万円に拡大したが、18年12月期は前期比24.9%減の3億8900万円に減る見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比6.1倍の7300万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.4%→6.3%に大幅改善した。


インベスターズクラウド <1435> が2月13日大引け後(15:00)に決算を発表。17年12月期の連結最終利益は前の期比69.7%増の39.9億円に拡大し、18年12月期も前期比20.5%増の48.1億円に伸びを見込み、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。8期連続増収、7期連続増益になる。

 同時に、前期の年間配当を40円→45円(前の期は20円)に増額し、今期は10円とし、12月31日割当の株式分割を考慮した実質配当は11.1%増配とする方針とした。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(4Q)の連結最終利益は前年同期比2.3倍の21.3億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の11.1%→12.1%に上昇した。


今日は会合で決算短信をまだ熟読していませんが、サラッと目を通した感想を書きたいと思います。

ユーザベースは大幅増収増益を達成し、文句なしの決算だと感じました。

同時に今期減益を出してきましたか、ダウジョーンズ社と提携してNewspicksのUS版をリリース。ここに賭ける先行投資による減益予想はこれまでの決算を見てきたホルダーにとっては想定内のこと。

前回の決算説明会でも、今後はさらなる高みを目指して投資にまわしていくという内容の発表もありました。

2018年は投資を加速し、2020年の収益化を目指す。これが有言実行となる可能性に賭けて自分は現物で保有することを決めました。

しかしながら、ユーザベースの株主はそれをしっかりと認識した人ばかりではありません。

Newspicksだけの評価を見て買っている人や、増益期待だけで買っていた人の方が多いのが現実でしょう。

そして、中には今期予想を減益で出してくることを予想して、決算前に外した巧者もいるかもしれません。


高PERは成長企業の証です。

もちろん、期待値も高くそのハードルをクリアする企業は必ず株価もついてくると思っています。

時間軸で考えれば、こういった順投資はリスクの方が大きいかもしれません。

興味のある方は下のURLでユーザベースの決算短信をご覧ください。

https://newspicks.com/news/2819121


今回のような地合いになった時、真っ先に大きく売り込まれるのが同社のような高PERの小型のグロース株です。

今日は決算期待で4%ほど上昇したものの、PTS(夜間取引)では10%ほど売り込まれています。


この決算を見て売ることは自分にはまったく理解できませんが、これが相場における現実だと改めて感じます。

そう考えた時、こういう銘柄に執着してきた自分は間違っていたのか…と不安になります。

インベスターズクラウドも素晴らしい決算でしたが、明日市場がどう評価するかまったく読めません。

グロース株投資を基軸にやってきましたが、これで共に売り込まれるような結果になるようなら、自分の銘柄選びのスタイルも今一度考えなおさなければならないのかも…と思います。


資産評価額(前日比)

+113,000円


【保有】

ユーザベース

インベスターズクラウド

インターネットインフィニティ

マネーフォワード



下のブログランキングをクリックしていただき、応援よろしくお願いします


人気ブログランキング 株式へ