皆さま、おつかれさまでした。


本日は大型株、小型株ともに一斉反発となりました。
それでも、力強さはなく後場は株価も停滞したり、戻り売りに押されたりと自立反発の感覚は拭えず安心感はありません。


そんな中で、ユーザベースが上場来高値を再び更新!本日は高値4170円をつけ終値4065△405円の11%高となりました。

(ユーザベース 日足)
IMG_9881

この株を買ったのは昨年の今頃だったでしょうか。

明確には覚えていませんが、信用取引口座を開いてから現物株を保有することはあまりなかったのですが、「News Picks」というアプリを使ってみてかなり衝撃的なイメージを受けました。それをきっかけにユーザベース株を買うにあたって、この株は長期で保有したいと思い現物で購入しました。

途中、2000円で買い増したり、追証の強制決済で一部売却されたりとありましたが、自分の意思で売ることはなく平均取得単価1207円でここまできました。

毎日読んでいただいている読者の方には、「マーシはなんでユーザベースにこだわって持ち続けてるんだろう…」と思われている方や、「利確すればいいのに…」と思っていた方もいらっしゃると思います。

長期保有になれば上がる時もありますが、出来高も減り株価が停滞したり下げることも我慢しなければなりません。

機会効率が良いというわけではないでしょう。

しかし、結果として1年保有して4000円に達しました。

当初の目標は分割前の1万円(今の5000円)だったのですが、思った以上にスムーズに推移しており当時の目標株価は達成間近。


当ブログを読んで途中参戦されて保有されている方もいらっしゃるかもしれません。
もちろん、ここで利益確定するのも一策だと思います。

株は高いところで手放すのが一番だからです。

ただ、私は先日の買収、そしてユーザベース経営陣の動画をみて、まだしばらくこの株を保有したいと思いました。

今の株価が割高であることは当然理解しています。しかし、株価はそれだけで決まるものではありません。
その割高に見合う期待値が株価を維持する、つまり需給こそが株価を決める最も大きな要因だと思います。

クオーツ買収により、今後ユーザベースがどう変わっていくのか、株主として見守りたい。
なので、5000円に達しても売却する予定はありません。自分の中で目標株価を上方修正しました。

本日も木曜、金曜日の急速調整を経て過熱感を抑えながらの上昇となりました。

株価が過熱しすぎて急騰するようなら、一部利確するかもしれませんが、このステージでじわじわ上げ下げをして揉んでくれれば良いかなぁと思っております。



さて、金曜日の寄り2050円で買い、本日2174円で買い増したのはマークラインズ。

(マークラインズ 日足)
IMG_9882
終値は2291△162円の7.6%高となりました。
25日線まで節目はなく、無理やり下げさせられた株価は元に戻るのではないかと期待しています。


その他のトレード

任天堂(デイトレ)
35500→35600円  100株 利確


今週は明後日から出張を控えてることもあり、また週末色々と仕事の仕方について考えた結果、やみくもな短期トレードはできるだけ控えようと決めました。

任天堂は指値買いで引け決済指定でした。


高値を取ってきたIRJやボックス相場から上放れを狙うクラウドワークスなど注目銘柄はたくさんあります。

(IRJ 日足)
IMG_9873

(クラウドワークス 日足)
IMG_9883



その他、好決算銘柄で切り返しの強いブレインパッド、翻訳センター、バリューコマース、週足から注目したいリネットジャパンやビリングシステムも気になっています。



資産評価額(前日比)

+1,138,000円


【保有】
ユーザベース
マネーフォワード
NSW
マークラインズ
システム情報
ユナイテッド
鎌倉新書
セラク
フライトH


FullSizeRender


上のアセットロケーションを見ると、分散投資とは言え、保有株の半分をユーザベースとマネーフォワードで占めているため、その2銘柄の値動きが資産推移の変動に大きな影響を与える形となっています。



いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
下のブログランキングのマークをポチッとワンクリック応援よろしくお願いします


人気ブログランキング 株式へ