2018年08月13日

高石ともやさんからのメッセージ

京都ピースライブの前身「京都ピースナインコンサート」以来の出演となる、
高石ともやさんからメッセージが届きました。

高石ともや


「76年目の秋」

笠木透さんが逝って3年、この夏日本は燃えるように暑かった。
初めて中津川労音に呼ばれた時、笠木さんに連れられて近くの町を何日も巡った。
“ギター1本でハンセンコンサートが出来るなんて音楽の革命だぞ”
酒くみかわしてから50年過ぎた。あの夏も暑かった。

―残りの人生フオークを貫きます―

自分の心に云い聞かせる76年目の秋です。


kyotopeacenine at 11:15|PermalinkComments(1)

2018年08月12日

ジュスカ・グランペールからのメッセージ

DSC01268-1

ジュスカ・グランペールからピースライブへのメッセージが届きました。

日本全国ライブツアーをしていて思う事 それは、人を笑顔に出来るという事。
笑顔は、相手を受け入れるという事
音を通してみんな仲良くなれるという事だと思います。
この想いが世界に広まったら と思いながら「祈りのボレロ」は作られました。いつも世界平和を願いながら弾いています。

ピースライブは今回で3回目の出演になりますが、平和への熱い想いを思い出させてくれる素晴らしい場所ですね。
ピースライブに感謝し、沢山の笑顔に逢える事を祈っています。


kyotopeacenine at 07:05|PermalinkComments(0)

2018年08月02日

川口真由美さんからのメッセージ

ピースライブには今回が初出演となる川口真由美さんからのメッセージです。

命こそが宝。
『命どぅ宝』の言葉は深く、多くの願いや祈りを含んでいると学んできました。

『戦争は絶対にだめだ!絶対に戦争をさせない!』その声を、いろんな形で、多くの声として、肉声として湧きあがることを信じています。歌い、話し、行動をしています。

『本土の民意を背景に、沖縄の民意が無視され続けている』まさにそこに居る私たち。
『今沖縄を見よ!福島を見よ!』の言葉に表される理不尽極まりない現状に、肉声をもって憲法を見ていたいと、日々思っています。
歌や躍りが多くの連帯を拡げていく、それを身体に染み込ませるように教えてくれたのは沖縄でした。日本の政治の歪み、無関心や無理解により、苦しく理不尽に包まれた沖縄の現状を、国と国の隔たりを越え、言葉を越えて、人と人が繋がっていけるよう、信じて今回もステージに立たせてもらいます。
よろしくお願いいたします。


kyotopeacenine at 12:56|PermalinkComments(0)
ギャラリー
  • 高石ともやさんからのメッセージ
  • ジュスカ・グランペールからのメッセージ
  • 松元ヒロさんからピースライブへメッセージ
  • ピースナインコンサートからピースライブへ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索