3b57bc45.jpg

夜のピクニック No3

2006年


〔キャスト〕

甲田貴子(多部未華子)

西脇融(石田卓也)

遊佐美和子(西原亜希)

後藤梨香(貫地谷しほり)

高見光一郎(柄本佑)


〔あらすじ〕

いつもと同じ24時間が今日は特別な24時間になる。

特別なこの日だから私は秘密の賭けをする。

夜を徹して80キロを歩き通すという、高校生活最大のイベント「歩行祭」。

60キロまでは1000人一緒に並んで歩く「団体歩行」、そして残りの20キロは、友人や好きな人と思い思いに歩く「自由歩行」。

生徒達は、夜目にも目立つよう全員が同じ白いジャージに身を包み、親しい友人と恋の話をしたり、将来への気持ちを打ち明けたり、それぞれの時間を過ごす。

そんな中、高校生活最後の歩行祭に甲田貴子(多部未華子)は、人知れず一つの賭けを胸に秘めていた。

3年間わだかまった想いを解決する為の「秘密の賭け」。

それは、一度も話しかけたことのない同じクラスの西脇融(石田卓也)に話しかけるということ。

そんな簡単なことができない理由が、貴子にはあった。

親友の美和子(西原亜希にも、ニューヨークに越してしまったもう一人の親友、杏奈(加藤ローサ)にも言えず、必死に隠し続けている秘密。

それは貴子と融が、同じ父親を持つ血の繋がった兄妹だということ。

今日話さなければ、この先ずっと話さないだろう。

でも、どうやって声をかけたらいいのだろうか。

1キロ、また1キロと時は過ぎ、ゴールが目前に迫ってくる。

果たして貴子の賭けと願いは叶うのだろうか?