阪大(大阪大学)が4学期制を導入について

まーママが、調べたこと・思ったこと・実践したことなど。
基本は、受験生の母目線ですが・・・^^;


阪大(大阪大学)が4学期制を導入

大阪大学=阪大が、平成29年4月から4学期制を導入することをご存知ですか?

4学期制とは、1年間を4つの学期に区分し、1学期あたり8週の授業実施期間を設ける制度です。
   ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
  大阪大学ホームページより


阪大では、4学期制を導入することで、グローバルな人材を育成するための多様な学修体験の機会を確保できるようになるとしています。学事暦を「柔軟化」することにより、様々な履修パターンを選択できるというわけです。平成29年度のターム科目導入予定数は、学部・大学院を合わせて約180科目で、今後、各学部・研究科のカリキュラムの方針に沿って導入科目数が決まるそうです。

大阪大学の現行の2学期制から4学期制へ移行することで、従来の半分の期間(8週間)で完結する「ターム科目」が開講されます。ターム科目のうち、週2回開講する科目では、集中的に学ぶ機会が増え、履修登録の機会が2回から4回に増えることで履修の選択肢が広がり、柔軟な履修計画が可能になるそうです。学期や休業期間を組み合わせれば、海外留学やインターンシップ、ボランティア活動がしやすくなるというメリットは確かにあると思います。 ただ…

早稲田大学や慶応大学がすでに4学期制を導入していますが、学生には不人気だとか。学期ごとに試験があるため、今まで年2回だった定期試験が4回になるという負担が不人気の原因のようです。まぁいつの時代も、学生は試験がキライですもんねぇ(^^;





この記事がお役に立ったらポチッと→ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




カテゴリ別アーカイブ
参考書・問題集はネットで買う
欲しい本や参考書はネットで検索・注文。楽天ブックスなら1冊からでも送料はタダ!
時間とお金の節約で、志望校合格に1歩前進です♪
まーママの本業です
【ExcelやWordの操作でお悩みの方へ】現役インストラクターが、PCサポート・指導いたします!