アプローチ整体院ブログ

三重県四日市市で一流プロスポーツ選手のケア&トレーニング指導を行っている整体院&整体スクールのブログ! 妊娠・出産・育児に関連する事を特に得意としています。 三重県で本格的な整体を受けたい、学びたいならアプローチ整体院へ!

苦手な料理に挑戦!

昨日は我が家にとって重要な日でした。
そんな中で、私はほぼ初めてと言っていいのですが、料理をしました。作った物の名前も分かりませんが、とにかく中華です。入れた調味料の名前も分かりません。日本の家庭には置いていない物がたくさんありまして、無い物だから翻訳もできないです・・・。

2品作ったのですが、何とか成功に終わりました。1つは卵料理、もう1つは肉を中心とした炒め料理。
私が作ったと言いましても、1人では不可能でした。妹が付きっきりになって指導してくれたので、そのおかげで出来たのは間違いありません。
私は不器用ですから、なかなか野菜を切るだけでも手間取ります。どう切っていいのかイメージが分からない。イライラもせず、丁寧に教えてくれた良監督に感謝。非常感谢,妹妹!!


妻はまた料理をして欲しいと言いますが、それは厳しい・・・・・・
普段緊張しないのに、料理に対しては本当に緊張してやりましたから。それを間近で見ていた妹もフォローしてくれました。無理に苦手な事をするのはストレスが大きいから、それぞれが得意な事をした方がいいじゃない?と。
期待には添いたい所ですが、料理は頻繁にしたら仕事にならない感じ。今回も連休だったからできたと思います。それくらい私には負担がかかる事ですから。
それは作る前から分かっていて、だから避けてきたわけです。だけども特別な日だから、そこは全力で頑張りたかった。頑張った甲斐がありました。

近頃は我が家に不穏な空気が漂っていました。会話も無い様な状況があって、昨日という日までに修復されるのか?大変心配しておりました。ギリギリの瀬戸際で間に合った・・・
我が家はちょっと変わった家族構成をしてますから、普通の家庭では起こらない問題が生じます。これは仕方ない。今回それをどうやって解決していくのか、皆で話し合いました。きっと良い方向に向かうでしょう。


家族で過ごす時間は何よりの宝物だと感じる様になりました。こういう情が理解できなかったのに、急に強く感じる人間に変わった事は不思議です。
私も家族を大切にしてますが、家族も私をとても大切にしてくれます。それは実家の家族よりもずっと。だから心境に変化があったのだと思います。
妻は感情型に捻じれが強くありますから、気難しい人です。なので喧嘩になる時も少なくありませんが、どんどんと理解できる様になってきました。と言っても、何で怒っているか分からない時もたくさんあります。そんな時でも尊重していきたいなと。そう思うのです。
妹は私にメチャクチャ優しい。だから私ととても仲が良いのですが、それが却って妻との喧嘩の元になる事も。距離感が重要ですね。

色々とあった8月も後半です。過去最大の喧嘩をしたり、仲直りしたり、初めて料理を作ったりしました。
そういえば初めてウイスキーとブランデーを飲んだのも今月です。
日本は家族関係が良好でない家庭が多い気がします。友人関係も大切ですが、家族は本当に大切にすべきだとこの頃思います。

臨時休業のお知らせ

明日8月23日(火)~26日(金)までをお休みさせていただきます。
ちょっと時期をズラしたお盆休みです。

この期間はメールへの返信もできません。
27日(土)より順次返信させていただきますので、御了承ください。 

体癖による夫婦の相性

最も無難な夫婦

整体の創始者である野口晴哉が考案した「体癖論」。
人をタイプ別に分類したものですが、だから当然、その中には相性があります。今回は夫婦の場合を考えてみましょう。

最近、私達夫婦も喧嘩が多かったです。今月は特別多かった。
私から観れば、大きな事の結果待ちをしている状況と、私の実家との問題などが重なって精神的に不安定である事が最大の原因だと思っています。
しかし夫婦間の体癖的相性は悪くないのです。だから何とかなる。

最も無難な夫婦は、1種の男性と3種の女性と言われています。頭脳型と呼ばれる1種は、男性のベースとなる体癖であり、感情型とも呼ばれる3種は女性のベース。
つまり全然逆のタイプなのですね。
科学的にも言われていると思いますが、夫婦というのはなるべく遺伝子的になるべく遠い方がいい。近親婚によって生まれる子供が弱い事は周知の事実。
体癖的に遠いと、互いの事は理解できません。1種と3種がなぜ相性が良いのか?と言いますと、「永遠に理解しあえない。だから良い」と野口晴哉は言います。
逆に、男性の3種と女性の1種は最悪の相性だと言われています。体癖は男女でまた違うのです。


皆さんの所はいかがでしょう?
私は妻の理解できる部分と理解できない部分が同居している感じがあります。でもそれでいいのだと考えています。
分からないから面白いし、違うから補い合える。そういう関係性が夫婦なのかなと。

難しいのは、体癖は2~3種類複合しているもの。身体の波によって、それぞれの体癖の色が濃くなります。例えばですが、1種と9種の複合体癖の男性が、3種の女性と付き合っているとします。1種が濃い時は上手くいきますが、9種と3種の相性は最悪ですので、9種が濃い時は物凄く悪い関係になりやすい。

ちなみに、妻は7種が強いのですが、7種と5種は本当に仲が悪い。5種は合理主義者で損得で動く。そうした性格が許せないのが7種なんですね。もう腹が立つ。
なのに面白いのが、5種って世渡り上手なんです。だから損得で動いてる風に見えない様ふるまっている。特に異性の5種については分からない事が多くて、「あの人は損得勘定を無視して他人のために一生懸命になる人だ」と、嫌いなはずな5種に向かって言うのですね。
ですが、もちろん深く付き合うとボロが出てきますから、「何じゃコイツ!!」ってなる。
こう書くと5種が悪い風に思われるかもしれませんが、最も現代社会にマッチした体癖であって、むしろああなりたいと思われる存在です。アメリカ人気質な体癖だと考えてもらえば分かりやすいでしょうか。


私が最も苦手なのは6種ですが、6種と相性が良いのは10種です。6種というのは、言ってしまえば甘えん坊です。だから10種の様に包容力がある人が最適なのです。
複合体癖も合わせると、体癖というのは無数にあります。なので全ては書けませんが、この様に相性があるのだという事を紹介してみました。
この体癖論をちょっと入れ替えて発表した弟子が野口晴哉にいたそうで、「けしからん!」とさすがに怒られて破門となりました。しかし破門となった事実や体癖論を拝借した事を伏せ、自分が先に考案したのだ!と整体の歴史まで改竄してしまった。それが今でもその教えが弟子達に受け継がれていて、何だか変な事態になっています。
体癖の順番を変えるだけで、もう全然ダメになってしまうのですが、その辺の折り合いはどうやって付けているのでしょう?と、不思議に思います。 

考えるより先に行動する人と考えずには行動できない人

頭脳型と呼吸器型の違い

久しぶりに体癖について。
考えるより先に動いちゃう人っていますよね。私は考えてからしか動かないタイプですが。
両者は何が違うのでしょうか?

色々と違うはあるのですが、簡単に観察できるポイントは「肩」です。
肩幅の広い人、この人は考える前に動いてる。冒険心の強い人ですね。
逆に肩幅の狭い人で、なで肩の人はまず考えてからじゃないと行動にならない。まあ、考えた結果として行動できなくなる場合も多い。
肩幅の広いタイプを呼吸器型、なで肩タイプを頭脳型と呼びます。


さらに面白いのは、呼吸器型は同時に複数の事ができる。マルチタスク性が高いのです。
一方、頭脳型は1つ1つしか出来ない。同時に色々と言われると混乱してしまう。
そういう違いがあるのですが、体癖を知らないと理解できない部分かもしれません。それで会社や家庭でトラブルになる事がある様です。
呼吸器型からすれば、同時に複数こなせるのは当たり前ですから、「なぜ出来ないんだ!」とイライラしてしまうのですね。だけど頭脳型は1つ1つしか出来ない代わりに、1つの事を慎重にやるのです。

まあ、現代社会は呼吸器型が生きやすいと言われています。私もそう思っています。
頭脳型は速度が遅い。だから、せかせかした時代には合わない様です。
とは言え、頭脳型も良い所がいっぱいある。ゆったりとしていて、寿命も長い。落ち着いた印象を周囲に与えます。
ここは大事なポイントですが、体癖というのはどの型が良い、という事はないのです。優劣はありません。それぞれに良い点と悪い点がある。だって、それが人間ですからね。
 

重心と便秘の関係性

大事なのは観察

整体で言う観察。これは西洋医学で言えば診察にあたる。誤った診察だと、その後に行われる治療も間違ったものになるのは必然ですね。
だから整体でもそこを重要視しているのです。が、整体と言いながら観察を疎かにされる所も多いそうで、じゃあ一体何をしているのだろうか?と不思議に思います。

さて、今日は重心の観察と便秘について書きたいと思います。
私はスポーツ整体を考案したくらいですから、動きを観るのが得意です。便秘であれば歩き方の観察が分かりやすい。
なので私は最近街へ出かける機会が急に増えましたけど、歩いている人も観ていて、「あ~あの人は便秘だな」とか思ってしまう。他の症状が気になる場合もあります。

便秘の人の歩き方は、右踵に重心があるのです。
だから初めて来院される方には、どんな事で困っているのか?という事を紙に書いてもらうのですけど、歩き方からして便秘なのに、その事を書かれない人が結構います。何で書かないのだろう?と、気になってしまうのです。大抵が他の症状が気になっているから、便秘は別に書きませんでしたと。
「だけど、なぜ分かったのですか?」
よく聞かれます。便秘の歩き方をされていたからですね。


重心を観る方法は色々とありますが、重心の調整という意味まで含めて言えば、頭を使います。頭部第二調律点という処です。頭頂部の辺りですが、左右1点ずつありまして、叩きますと右と左で音が違う。ちょっと試してみて下さい。
硬い感じの音がする方と、鈍い感じの音の方がありますね?慣れないとちょっと難しいかもしれませんが。
その鈍いズブズブとした感じの方が重心側です。そのズブズブ感がなくなってきて、非重心側と揃ってくるまでコンコンコンと叩いていくのです。
「なんて簡単な・・・」
と思われるかもしれませんが、伝統的な技術です。

これで便秘の人の右踵に乗っていた重心も調整されてしまう。軽度のものであれば、それだけ十分な場合もあります。すぐさま便が出る様にはなりませんけど、便秘体質が改善されるのだから、あとは待っていればいい。

とは言え、当院へ便秘の相談で来られる方には、そんな軽度の方は少ない。1~2週間便が出ないのは当たり前。もう身体が便を排泄する事を忘れている様な状態なのです。
ですから別の技術も必要になってくるのですが、とにかく今回は重心がどこにあるかを観察するだけで観えてくる事もありますよ、という事を知っていただければと思います。 
記事検索
クリックお願いします↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 四日市情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
三重県四日市市にある当院
人間の動きを研究し、より良い動きにするためのスポーツ整体と骨盤矯正が売り。

マッサージもどきではない整体が学べる整体スクールも併設
詳しくはHPをご覧下さい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アプローチ整体院
  • ライブドアブログ
何か不安がある方、悩みが有る方は気軽にご相談ください。
ご相談・お問い合わせフォーム

名称:アプローチ整体院&アプローチ整体学院
住所:三重県四日市市笹川3丁目69-1