アプローチ整体院ブログ

三重県四日市市で一流プロスポーツ選手のケア&トレーニング指導を行っている整体院&整体スクールのブログ! 妊娠・出産・育児に関連する事を特に得意としています。 三重県で本格的な整体を受けたい、学びたいならアプローチ整体院へ!

妊娠・出産・育児

好き嫌いをする事は大事 その4

好き嫌いをする事は大事 その3 の続きです。

その3までは食べ物について書きましたので、今回は対人関係を中心に書いていきたいと思います。

許容範囲の広い人でも嫌いな人っていると思います。嫌いとまでいかなくとも苦手だと感じる場合はあるでしょう。
そういう人と無理して付き合う必要は果たしてあるのでしょうか?
私は無いと思っておりますが。

私の経験を例にしますと、小学4年生の時に担任の先生が私と友人達8人を昼休みに呼び出しました。
理由は「なぜ〇〇君をグループに入れてあげないんだ!」というお叱りでした。
これにはビックリしましたね。友達って気の合う者同士でつるむものだと思っていましたから。〇〇君とは8人の誰も交流が基本的になく、話も合うとは思えなかった。
結局先生が強制し、〇〇君も交えて遊ぶ事になったのですが、やはり上手くいかない。すぐに〇〇君は輪から離れていきました。もちろんそこにイジメなどがあったわけではありません。単純に合わなかったのです。

これってやっぱり可笑しな話ですよね。
じゃあ先生達は全員とプライベートでも付き合いがあるのかと。あるはずがない。
自分ができてもいない事を、その権力を用いて子供には強制させるという愚行であり、教師の風上にもおけない奴だと当時思ったものです。今でもそう思いますけども。
まあ、この先生は他にも可笑しな事が山ほどあったので、単に変な人だったのかな?とも思います。


気の合わない人と居るのが多大なストレスである事は周知の事実です。
それは大人でも子供でも、国籍も問わず同じ。
ストレスが万病の元である事も周知の事実であり、では無理して付き合う必要はどこにあるのでしょうか?
社会を円滑に回すためでしょうか?しかしそれなら当たり障りない挨拶程度で十分なはず。謎です。

ただ、上述した教師と同じ様な事を親が子供に強いる所を結構見かけますよね。
それは子供が幼い頃に多く、理由は親同士が気まずくなるのを避けるため、というのが本当の所だと思うのです。
そうだとしたら変ですよね。どの親も、いつも「子供のため」と言いますから。子供を優先的に考えるのであれば、身体を毀す恐れのある事を強いるのは変でしょう?

日本の変な文化に「飲み会」があります。
これは国際的に観ますと本当に謎の文化なのです。
コミュニケーションのためだと言いますが、それなら会社ですればいいし、飲み会も仕事のうちだと言うのなら給料を出さなければなりません。時間外労働分として計上しなければなりませんよ。
大体、飲まないと本音でぶつかれないなんてというのは弱い。上司の無能さを露呈しているだけです。
しかも現代は若者世代が堂々と「飲み会は嫌だ」と言っているのです。それを無理矢理に付き合わせるなんて、全く建設的とは言えません。
特に女性社員は強制的に参加させられる会社も少なくない様です。アレ?雇用機会均等法はどこに行ったのでしょう?おかしいですね。


シリーズ化して書いてきましたが、長くなってしまいました。本当はまだまだ色々言いたい事はありますが、とりあえずこの辺で。
好き嫌いをするという事は、自分の身を守る事です。悪い事じゃありません。好き嫌いをさせない事は、何から身を守ったら良いか分からなくする愚行だと思います。私ならそんな指導は絶対やりません。
好き嫌いをしてはいけない!と指導する人は、一体何を根拠にそう言うのでしょう?自分が子供の頃にそう教えられてきたから、というのが多い様な気もします。
嫌いな物事を全て避ける事は困難ですが、避けられるものまで無理に突っ込んでいく必要はないでしょう。私はそう思います。 

好き嫌いをする事は大切 その3

前回の「好き嫌いをする事は大切 その2」の続きです。

バランスよく食べなさい!
とはよく聞きます。
私も「好き嫌いを大切にしてください」と言うと、よく「バランスよく食べなくていいんですか?」と聞かれます。
これ、皆さん何を持ってバランスが良いと考えていますか?どうも私の考えているバランスの良さとズレていると感じます。

恐らく多くの方が言っている「バランスの良い食事」というのは、栄養学的に推奨されている食生活の事だと思います。
1日3食食べて、主食と副菜と汁物でしたかね?ちょっと曖昧です、すいません。馬鹿馬鹿しいので覚えておりません。

前回の記事に書きましたが、食事というのは、その時その身体が要求している物を食べれば良いのです。人それぞれ身体が違いますし、生活の仕方も違います。それでどうして一律に良い食事なんて提示できますか?そんな研究ありましたか?栄養学が正しいとしている食生活を生まれてから死ぬまで続けた場合、そうでなかった人と比べて健康に生きた、という論文は見たことがありません。
それもそのはずで、栄養学はまだ学問としては赤ちゃんなのです。出てきたばかりのものですから、まだ分からない事だらけなのです。 当然ながら、生まれてから死ぬまでを追跡調査する事などできているはずもありません。しかもこうした研究のためには大規模な調査が必要となりますが、毎日の食事を何十年も付け続けるのは不可能に近いですね。ですからかなりいい加減な話なわけです。

最近はアメリカから「朝食を食べると不健康になり寿命が縮む」なんて話が出て来ていますね。今までの話と真逆ですよ。
まあどちらにしても整体の食事の仕方とは異なるわけですが。


昔は妊娠すると酸っぱい物が食べたくなる、と言いましたね。この理由は何でしょう?
簡単です。昔の人はカルシウムが不足していたから、それを欲しているのです。ですから、それでも不足しているとミネラル補給のために土壁まで食べる異食症の方までおりましたね。
それが今はジャンクな物が食べたくなる、という妊婦さんが増えています。これは日頃から野菜はたくさん食べているけど、脂肪やタンパク質が不足しているケースが多いからでしょう。

妊娠中はセンサーの狂ってしまっている人でも、非常に野性的になる時です。ですから一時的にではありますが、センサーが正常化します。完璧にとはいきませんが。
しかしそんな時にでも情報の方を優先してしまい、身体の要求と異なる物を食べている妊婦さんも多いのが気がかりです。母体や赤ちゃんに異常が出ているのは、その影響も大きいのではないかと疑っております。


次は食べ物とは違う観点で、好き嫌いの大切さについて書いていきたいと思います。次回へ続く!!

好き嫌いする事は大切 その2

前回の記事である「好き嫌いする事は大切」の続きです。

小さい子供はピーマンが嫌いな場合が多いですね。たまたま家の子だけ、というのではなくて、一般常識とも言えるほど多くの子供がピーマンを嫌う。これは理由があるはずですよね?

整体的に考えるならば、小さい子は苦い物や酸っぱい物を毒物として感じる様になっているため、という答えになります。
生まれつき備わっている毒物センサーなのです。
それが嫌いな物でも無理矢理に食べさせていると、そのセンサーが働かなくなります。当然ですね。「お前のセンサーは狂っている!」と親から否定されているわけですから。

そうして育てられた子供は食べて良い物と悪い物の区別ができません。
だから賞味期限などを見て、食べられるか頭で判断するしかないのです。では、仮にその表記が間違っていたらどうしましょう?売主を訴えますか?しかし受けた被害はなくなりません。未然に回避できた可能性があるのに、それを摘んでしまっているのです。

もうちょっと野性的に考えてみましょう。
野性動物は嫌いな物を食べますか?牛に肉を与えて食べますか?ちょっと極端かもしれませんが。
人間が雑食だからといって、何でも食べなければいけないわけではありません。 何でも食べられる様に進化したおかげで人間は世界中に分布できていますが、それは1人の人間が世界中の物を何でも食べなければ生きていけないという事ではありませんね?
食べれるには食べれるのだけれども、その中にも合う物と合わない物がある。そしてそれはその時々で異なる。頭脳労働をたくさんした時は糖質が自然と欲しくなるでしょう?肉体労働者は脂っこい物を好む傾向がありますね?身体の使い方によって異なるのです。その差は労働だけではありませんよ。


まあとにかく人間は生まれながらに持っているセンサーを活かすべきです。現代教育は、わざわざ最初から持っているセンサーを毀す事から始めるのです。毀しておいて情報に頼る様にするのですが、その情報が間違いだらけですから、現代人に弱い人が多いのは当然と言えるでしょう。

人生いつ何があるか分からないのです。親は子供を大事に育てていくつもり満々だと思いますけど、いつ不幸が訪れるか分からないわけです。残念な事に。
その時、センサーを毀された子供は何を判断基準に生きれば良いのでしょう? 今は食べ物だけを例に取っていますが、このセンサーというのは危険察知能力の事ですから、当然ながら対人関係にも当てはまります。
私も父も幼い頃に片親となっておりますから、そういう事は身近に感じるのかもしれません。しかし、そういった不幸は誰にだって起こる可能性はありますから、自分だけは大丈夫だなんて思わない方が良いでしょう。
大事大事に育てているつもりが、実は子供の能力は奪っている。そういう事は山ほどあります。ちょっと見直してみると、案外いくつも思い当たるかと思いますよ。


次回へ続く!! 

好き嫌いする事は大切!

今日は台風直撃でしたね。明日の朝までだそうですけど、皆さんの街は大丈夫でしたでしょうか?

さて、今日は子供が2人、姉妹ですけど整体に来ておりました。私の担当ではありませんでしたが、状態が非常によろしくないという事で担当スタッフに呼ばれ行きましたところ、確かに大変な状態。姉妹どちらもです。
アチコチに異常が見つかるのです。
しかし、恐らく別に整体師でなくともパっと見れば大変な状態だという事は分かると思います。そのくらいの状態でした。

私は講座の最中だったものですから、あまりお話する事ができなかったのですが、お母さんに「どうしても伝えておかないといけないな」という内容だけをお伝えしました。
それが「嫌いな物を食べさせない様に」という事です。


一般的な教育では、今でも「好き嫌いをするな!」と教えている様です。
私も学校ではそんな事を言われた気がします。家では言われなかった気がしますが、そもそも私は超小食でしたから、食べるなら何でもいいか・・・という感じだったのかもしれません。

何度も書いておりますが、嫌いな食べ物というのは身体に合わないから嫌うのです。つまり、栄養学で何と言うかは関係なく、その子にとっては毒になるという事です。
分かりやすいのがアレルギーです。その時は血液検査の数値をみても異常はない。けれど食べると体調が悪くなる。何年かした後にアレルギーが発覚する。そういう事は珍しくないのです。
そもそもアレルギーというのは現代医学では、未だによく分からないものなのです。分からないのに分かったフリするものだから余計な被害を被る事が増える。全く迷惑な話ですね。

私は子供頃に母の作る料理が嫌いでした。何か変な味がするのです。料理が下手だと思っていましたが、父はいつも完食している。父の事を味覚音痴だと思っていました。(今でも若干それは疑っていますけども)
結果としては、母が好きで入れる食材は、私がアレルギーを引き起こす物だったのです。
その最たる物がサクラエビでした。甲殻類アレルギーが数値として引っかかったのは20歳の時ですが、幼い頃から嫌いだったのです。カニも滅多に食べる機会はありませんでしたが嫌いでした。
母は私が何度サクラエビを入れないでくれ!と言っても入れるのです。色々な物に入っている。サクラエビは小さいから入っていないと思って油断していると入っている。たぶん母はアレルギーがどういうものか分からなかったのでしょう。

同じ様な話で、私は父方の祖母がリフォームした家に行くと、必ず風邪になりました。母は「お前はホントに身体が弱いな」と言いました。
昔はいつも1泊していたのですが、私は症状が酷くて寝られません。1人こっそり起きておりましたが、それでもいつも1泊するのです。翌日も当然ながら症状は治まらず、呼吸も苦しいままで、自分でも親が風邪だというからそうだと思って耐えておりました。
結局はシックハウス症候群だったのです。
それからは私1人だけ、近所にあった母方の祖母の家に泊まる事にしたのですが、そこは幼い頃に住んでいた家ですから全く症状は出ませんでした。
私の母以外でも、こうしてアレルギーなど、子供の体調不良への理解ができていない親は少なくはないのではないでしょうか。


長いのでシリーズにします。次回へ続く!! 

10月22日(日)の骨盤矯正講座に空きが出ました

明日、10月22日(日)13時~14時半の骨盤矯正講座に空きが出ました。
あと1名ご参加いただけます。
御希望の方は御連絡下さい。

講座の内容は骨盤矯正の実技ですので、動きやすい服装でお願い致します。
更衣室もありますので、到着してから着替えていただいても構いません。


台風が近づいているという、あいにくの天候ですが、楽しく講座ができればと思っております。
録音・録画は不可ですが、メモを取って頂く事は可能です。
少人数制ですので、聞きたい事があれば何でも聞いて下さい。すぐにお答え致します。
人見知りの方でも安心な環境だと思いますので、気軽にご参加下さいね。


※ 10月25日(水)の講座は満員です。もし空きが出ましたらお知らせ致します。
 
記事検索
クリックお願いします↓
にほんブログ村 健康ブログ 整体へ
にほんブログ村


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 四日市情報へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
三重県四日市市にある当院
人間の動きを研究し、より良い動きにするためのスポーツ整体と骨盤矯正が売り。

マッサージもどきではない整体が学べる整体スクールも併設
詳しくはHPをご覧下さい。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アプローチ整体院
骨盤矯正の実技講座
参加者募集中
日程:10月22日(日)13時~、 10月25日(水)13時~
料金:4500円
場所:アプローチ整体院内

詳しくはブログ記事を御覧下さい。
  • ライブドアブログ
何か不安がある方、悩みが有る方は気軽にご相談ください。
ご相談・お問い合わせフォーム

名称:アプローチ整体院&アプローチ整体学院
住所:三重県四日市市笹川3丁目69-1