小学校-中学校の「アクティブ・ラーニング」/【主対深】(主体的・対話的で深い学び)の授業づくり

小中が校で研修講師をしている梶浦真です。日々の授業研究から感じたことを綴ります。

主に公立の小中学校で校内研修講師 https://researchmap.jp/read0141080/ として、先生方と勉強をさせていただいています。アクティブ・ラーニングのブログは2014年4月より開始。日々授業や教室で起きている様々な課題、喜びや成果を共有しつつ、教師と子ども双方にとって充実感ある授業づくりを目指します。先生方の問題意識と、子どもの姿に学ぶ毎日です。先生と子どもの双方が元気になる授業、響室づくりを考えます。

あとがきー主体的・対話的な深い学びを実現する【振り返り指導】の基礎知識

主体的・対話的な深い学びを実現する【振り返り指導】の基礎知識(あとがき)紹介

あとがき
(解説) 

本書は、主体的・対話的で深い学びには、振り返り指導が不可欠であるとする筆者、梶浦氏との対話を通して生まれた。振り返り指導に特化した文献を探しているときに、梶浦氏の書籍に出会った。

 梶浦氏は、教師を目指す学生や、振り返り指導の具体を知りたい教師向けに、読みやすいが、さらに深く学びたいときに学際的な理論や情報にアクセスできるような本を書きたいと願っていた。そして、私と梶浦氏には、多くの学校現場の教師の研修に関わり、具体的な実践事例の蓄積と、その省察を繰り返してきたという共通点があった。


 翻って、教育関係の新聞社の仕事をしてきた梶浦氏と、小中学校で実際に自分の授業改革に悪戦苦闘する教師の仕事をしてきた私という大きな違いが二人にはあった。当然、二人の考えに違いもあったが、対話を繰り返すことによって、二人の考えは、ほぼ一致するようになり、本書が生まれたのである。従って、監修にあたっては、本文の内容や表現はできるだけ筆者のものを尊重した。細部の違いはあっても、振り返り指導の重要性の認識は、完全に一致しているからである。読者も本書の主張を、安易に鵜呑みにせず、振り返り指導の理論書の一つとして読み進めてほしい。


 我々も、読者のみなさまの声や、主体的・対話的で深い学びの具現化に挑戦する多くの教師との対話と、それらの協働的な省察、すなわち「深い振り返り」によって、本書をさらに実践に役立つ理論書に洗練していこうと思っています。学生からのご質問やご意見も大歓迎です。遠慮なく訊いてください。それが本書の質を高めるために不可欠なものであると、我々二人は確信しています。

           小林 和雄
表紙





主体的・対話的な深い学びを実現する【振り返り指導】の基礎知識


振り返り本の第二弾!今回は実践例を数多く収録。
全44編+小林和雄先生(福井大大学院教育研究科)の解説を間に挟む構成。
現在7版製本中の「振り返り指導入門」を補い、かつ、実践事例と新指導要領により焦点を当てた内容になりました。
目次を簡単に紹介。


もくじ

ばじめに      梶浦 真
◆第一章◆なぜ、今、振り返り学習なのか?
1.社会の変化と仕事の変化
2.教育の進化と社会の変化
3.世界的な規模で進む教育の変化と授業
4.これからの学びで重視される「主体的・対話的で深い学び」
  とは何か
5.「主体的・対話的な深い学び」を実現する【振り返り学習】という
視点
6.省察的な思考過程が持つ学習の効果
7.「振り返り学習」が持つ学習促進効果
8.「振り返り学習」は「自己有能感」と「学習内容への理解」を高める効果が期待できる
9.振り返り能力とは何か
10.学びの質を高める「振り返り」学習
11.実社会でより重視される「振り返り」のスキルと態度

◆第二章◆「振り返り学習」とは何か-その理論と実践-
1.【振り返り学習】とは何か
2.日本の教育で重視され始めた【振り返り】学習
3.【振り返り答申】から考える、振り返り学習の価値
4.振り返り学習への注目と学力向上
5.時間不足に対抗する「振り返り」学習
6.学習成果の定着と「振り返り」学習
7.「見通し」とは異なる価値を持つ「振り返り」
8.授業デザインと「振り返り学習/指導
9.授業終盤で深い学びに導く「深い振り返り」
10.学びが深まる過程と「振り返り」指導
11.振り返りの深さと主体的な学び
12.振り返り学習の種類
13.振り返り学習の「5W1H」
14.教科の特徴に応じた振り返り学習のデザイン
15.(事例紹介)理科におけるタブレットを使用した
振り返り -リカスタグラム-
16.実習的要素が多い活動的な学習に有効なICTを用いた振り返り
17.(実践紹介)国語における学期末の【深い】振り返り
18.(実践紹介)次の見通しを出す「振り返り学習」(技術科)
19.対話的・協働的な「振り返り」も実践してみよう(国語)
20.一斉指導における「振り返り」の効果(中学・理科)
21.質の高い情報のアウトプット(表現・言語化・図表化)が、深い学
びを生み出す
22.ネガティブな「振り返り」だけでなくポジティブな「振り返り」内
容に焦点を当てる
23.子どもの「振り返り」を分析して、子どもの学びの深まりを洞察
する
❖第三章 教師による授業実践の省察・振り返り
1.授業実践能力向上を支える教師の振り返り
2.教師の授業力を支える「省察的実践」
3.綾小路公磨のプロ根性と「省察方法」
4.省察的実践・授業検討の手法
5.個人的な省察的実践と協働的な省察
6.教師の振り返りによるセンス・メーキング(気づき)
7.徒弟的な学びで上下左右から学び合う「振り返り」
8.子どもの実態観察に根差した実践省察
9.教師と子どもを共に伸ばす「振り返り」「省察的実践」
10.「主体的・対話的な深い学び」の充実と「カリキュラム・マネジメント」

あとがき (解説)   小林 和雄
30515634_1834080876884425_5126998367854919680_n

289.対話的な深い授業分析―授業改善研究会ー

1.新たな出会いと子どもの変容
 新学期、新たな子どもとの出会い。一学期が終わった時にはどんなクラスになっているだろうか。そして、一年後には子ども達はどの様に育ち、教師は何を感じることになるのだろう。子どもは教室での学びを通して、どの様に変容していくのだろう。一年を通しての子どもの変化は事後になればある程度捉えることができる。だが、日々の子どもの変化は、変化の量や質、幅や速度などが異なる。その為、今、より重要度の高い子どもの困難に力を入れた指導になりがちだ。だが、子どもによって指導の量や質が変わるのは当然である。そして、「どの子か」という狭い視野だけでなく、どの子とも真剣に向き合って行くと、それは全ての子どもを大切にしていることになる。

2.目の前の一人を大切にする
 一人の子どもを大事にするということは、全ての子どもを大事にするということ。子どもの周りには、その子と関わっている子どももいる。教室は子どもと子どもの関係性を通して育ち合う場だと言えるだろう。一人の子どもの成長や前向きの変化が、その周囲の子どもにも影響を与えて行く。正に、教室は「響室」なのだ。
 子どもの変化は短期間で見えてくる場合もあるが、なかなか変化の兆しが見えてこない時もある。だが、「こうすればこの子は伸びるに違いない」という、教師の読みと願いに満ちた学習環境を用意して行けば、必ず進歩のその時は来る。そう信じて子どもと向き合い続けた結果は、悪かろうはずがない。なぜ、その様なことが言えるのか。それは、一年間を通した先生方の実践記録、実践の振り返り記録を多数読んで行くと「継続して工夫しつつ子どもと向き合ったのに悪い方向で終わった」という事例がほとんど無いからだ。途中では、教師も子どもも頭を抱えるような事態になることがある。だが、教師の真摯な取り組みは、必ず子どもの姿として実を結ぶ時が来る。

3.「ことば」「こころ」「こだわり」の変化
 「ことば」「こころ」「こだわり」の変化は、子どもの成長の兆しだ。「ごめん」が言えなかった子どもがごめんなさいを言えるようになる。自分の思いだけを優先していた子どもが、友だちの思いを汲める様になる。その子の持つ「こだわり」がより、次元の高い価値ある「こだわり」に変化していく。あるいは、「こだわり」から解放されて、より柔軟な生き方を見つけて行く。こうした子どもの小さな変化に気づき、捉え、次の指導に生かしていく教師こそ「子どもと共に伸びる教師」だと言えるだろう。

4.子どもという教材から学ぶ
 「子どもと教師が共に伸びる」というが、その伸びが向かう方向には共通点もあれば違いもある。子どもは社会参加と自己実現の基礎になる資質・能力を伸ばし、一人の人として生きて行く基礎を学ぶ。教師は、教師という職業において専門的な熟達を果たし、より質の高い自己実現を目指して学ぶ。そして、子どもの学びが仲間や教師と共にあった様に、教師も子どもや同僚から学びつつ、専門的技量を高めて行くのである。
 今年も「授業改善研究会(静岡県)」から昨年度の実践記録「子どもらしさに学ぶ 26」が届いた。子どもの姿と学びの事実に基づく授業改善の研究的実践を25年以上に亘って継続している研究会だ。この研究会のユニークな点は、徹底して一人の子どもに着目して通年を通して、深くその子の学びを読み解き、次の実践の在り方を見出して行くということ。そして、小学校、中学校、特別支援、初任者、若手、行政関係、研究者、校長、校長OBという多様な立場の教師が、一つの授業について次の改善策を検討し合うという点にある。正に「授業と子ども前に平等」とはこのことだ。
 教師の協働的な省察実践がここ数年注目を集めている。この会の様に「昔からやっていた」というサークル活動はあるだろう。そして、今でも活動を継続しているサークルの存在は、「質の高い協働的実践省察」の有効性を実感している教師の存在を意味する。教師にとって実利的かつ学び甲斐を持つ学び合いは、参加した個々の教師にとっても自分の授業を拓く糧になる。教師の工夫、苦闘と気づき、そして育ての喜び。教師の奮闘と子どもの様子が活写された研究のまとめを読んでふと浮かんだ言葉。

『わたしの学びの原体験はどこにあるのだろう。

友達と過ごしたあの教室。先生に叱られたあの教室。みんなで笑ったあの教室。

わたしたちはそこで何を感じ、何を学んだのであろうか。

その答えは、教室と子どもの記憶の中にある。』


プロフィール

smile-no1

Amazonライブリンク
記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ