小学校-中学校の「アクティブ・ラーニング」/学びと実践の充実を目指す【振り返りの指導】と【授業実践】

小中学校で校内研修講師をしている梶浦真です。日々の授業研究から感じたことを綴ります。

主に公立の小中学校で校内研修講師 https://researchmap.jp/read0141080/ として、先生方と勉強をさせていただいています。アクティブ・ラーニングのブログは2014年4月より開始。日々授業や教室で起きている様々な課題、喜びや成果を共有しつつ、教師と子ども双方にとって充実感ある授業づくりを目指します。昨今は【振り返り指導】の在り方を中心に授業のリデザインを研究。先生方の問題意識と、子どもの姿に学ぶ毎日です。先生と子どもの双方が元気になる授業、響室づくりを考えます。

振り返り指導QA(2) 

 

Q1「振り返り」に何を書せるべきなのか、その判断はどうするのか

先ずは、知識・理解から思考~表現をつなげてみよう


 「振り返り」に何を書かせるべきか。その判断は教科の特質や子どもの実態によって異なります。例えば、今日のその授業において、目玉にしたい部分はどこにあったのでしょうか。授業をデザインする時は、その授業の中心となる問いや課題があり、「こんなことを理解して欲しい(知識・理解)」「こんなことについて考えて欲しい(思考・判断)」という教師の側のねらいや願いがある筈です。先ずは、授業における教師の中心的な「ねらい」から「振り返り」を書かせる視点を考えてみてはどうでしょうか。

 一般的には授業を通した知識や理解や技能について、再度子ども自身に確認させるという振り返りを書かせることが多いですね。こうした「知識・理解レベル」の振り返りも、習得のレベルを維持する上では必要でしょう。しかし、「どの様な問題について考え、どの様な活動を通して学び、どの様な結果に至ったのか」という、授業中の思考の動きや焦点の変化にも目を向けさせて行く「振り返り」も大事にしたいものです。

 

子どもの思考過程に着目するー

 単に「水と金属の温まり方がちがうことがわかった」という結果だけでなく、「どの様な実験をして、何をどの様に調べ、どんなことがわかったか(わからなかったか)」という、思考のプロセスに焦点を当てた「振り返り」も大事にしたいものです。数学や理科などの自然科学系の学びでも、国語や社会科の様な人文/社会科学系の学びでも、答えの記憶だけに止まらない「思考過程」を意識化していくことが重要です。なぜならば、学びを深めて行くためには、問題解決の結果だけでなく、結果を導き出した思考の過程を含めて自分なりの納得解(自分解)を得て行く体験が必要になるからです。

 やがて、「実験をしたので水と金ぞくの温まり方が違うということがわかりました。

今度は冷えて行くときはどう冷えて行くのか考えてみたいです」「大造じいさんの気持ちと、文の関係がなんとなくつかめてきました。次は文章と大造じいさんの気持ちのつながりにもっと注意して沢山見つけてみたいです」という様に疑問や次にしてみたい事が生まれてくるといいですね。やがて教師の予測を超えるレベルの「未来に挑戦する振り返り」を書ける子どもも出て来ます。「振り返り」から子どもの「ねがい」が生まれてくれば、学びに対する積極度も上がって行くことでしょう。

※何を書かせるか、どう書かせるかについてはAL時代の振り返り指導入門 Ⅰ、Ⅱで細かく紹介しています。

 

Q2.「次につなげる振り返り」を書かせることが難しいが・・・・

次に繋げる振り返り指導


 「次の学びに繋げる振り返りを書かせることが難しい」という声もよく聞きます。授業スタンダード等では「わかったこと、できたこと」「疑問に思ったこと」「参考になった友達の考え」「次につなげる振り返り」を「振り返り」に書かせるとよいと示されていることが多いですね。しかし、「次に取りくみたい事」を積極的に出せる子どもは限られているかもしれません。また、「次に取り組みたいことはなんですか?」という振り返りの視点を聞いても、次の授業内容を知らない子どもにとっては何を問われているか想像ができないという場合もあります。教師の「つなげたい」という意図と、子どもが「つなげたい」と感じる場面には認識のズレがある場合もあります。

 次の学びに向けた「前向きの振り返り」は子どもの向上心や学びの切実度が上がると、自然と出やすくなります。しかし、最初のうちは子ども自身の力だけでは「次につなげる振り返り」が書けない場合もあります。ここで、教師の「内省支援」「振り返り指導」が必要になって来ます。

①次につなげる(つながる)ポイントを子どもの学びの様子からつかみ、迷っている点や次の学びの進め方について振り返らせる。

②「今日の授業で学んだことを次の時間に生かせそうか、生かしたいか」という前向きの振り返り視点を与える。

③授業や単元のねらいやめあての実現を超えて行く「前に開く授業」も視野に入れる。

④わかっていること、できたこと、既に知っていることに再注目させる

⑤工夫した点や難しかったことを振り返らせて、プラスの評価を与える

なども、次につなげていく「振り返り」を促す視点となります。

 「次につなげる振り返り」は「単元の流れが変わる場面」「問いの難度が上がる前」「次の課題に展開して行く場面」など適したタイミングもある様です。こうした「つなげどころ」は子どもの迷いや成功から突如生まれることもあります。

 また、ある子どもの「つなげる振り返り」を取り上げ紹介して、全体化することも有効でしょう。複数の子どもの「振り返り」を取り上げて、「同じ授業の中でも、挑戦してみたいことは一つではない」ということを知ることも学びになります。「つなげる振り返りとはどういうものか」子ども自身が理解すると同時に、「子ども自身がつなげていきたいと願う様な」期待感ある学び心を刺激する授業づくりも重要です。子ども自身の「つなげたさ」が生まれる授業があってこその、「次につなげる振り返り」です。
 東井義雄は「よい導入、よい展開がないのに、終末や振り返りだけ立派なものにするということはできない」と指摘しています。子どもがつなげたくなる授業は、授業全体の質と関連していると言えそうです。

 

 


Amazonにて販売中

 2021-07-14 (5)
6月1日 Amazonより発売中。

R2 (2)

振り返り指導Q&A 
 「振り返り」をテーマにした校内研修会でよく聞かれる質問をまとめてみた。 「振り返り指導」に唯一絶対の方法は存在しない。子どもの実態や教科の特質、学びの進捗状況等によって指導の工夫が必要であり、そこに教師の専門性が問われると言えるだろう。

Q.教えるべき内容が多すぎて「振り返り」を入れる時間が取れない  
 日常的に時間不足に陥ってしまい、「振り返りの時間」が確保できないという話はよく聞きます。 しかし、
①振り返って深く考える態度/能力を育てる 
②内容を一度だけ通り過ぎる学習だけでは、学びの積み重ねが生まれにくい
③学習や体験の意味を考えさせ、学びの過程をより個性化する
という様な視点から考えると、「振り返り」を定期的に入れた方がよいでしょう。
 「時間不足」は今急に始まったことではなく、どの授業・学校でも慢性的な時間不足に陥っているのでしょう。学習した内容や経験を着実に定着させていく上でも「振り返り」は効果的です。ヘンリー・ローディガー(ワシントン大学心理学部教授)は「記憶を引き出して使用すると、その記憶は別の知識と関係づけられて、新しく意味づけられた記憶となる」と指摘しています。「振り返り」は知識の質を変えて行く効果を持つ可能性を示唆する指摘です。 子ども自身が自分の学習を再度掘り起こし、思考のテーブルに引き出して捉え直すことによって、学習体験の年輪の様な積み重ねが形成されて行きます。
 「最初から時間不足を予測して、振り返りの時間をとる」ということを、授業づくりの原則に据えることをおススメします。最終的には教師の指導があって「振り返る」のではなく、子どもが必要に応じて自分の振り返りを工夫して行ける様になるといいですね。

Q2.振り返りを書ける子とそうでない子の差が大きくて指導に困る  
 一般的には「振り返り」を書ける子どもは、その教科における学力が高く、そうではない子は学力が低いという傾向があります。学力の高い子はその教科における知識の整理ができていて、知の優先順位をつけることができる子どもだと言えるでしょう。
 授業の場で問題になるのは、「書ける子」の方ではなく「書けない子」ですね。そう考えると、学力の差があるから指導しにくいのではなく、比較的低位層にある子どもをどう指導して伸ばすかということが本質的な問題なのでしょう。  
 「書けない子」の振り返りは、極度に言葉数が少なかったり、「良かったです、頑張りました」という紋切型であったり、時には場違いなことを書いてしまったりすることが多い様です。書けない子どもの場合は、一足飛びで急に書ける様になることは稀です。日常から自分の考えや思いを書き出す場として「振り返り」を活用すると良いでしょう。そうした「積み重ね」がやがて子どもの姿として表れて来る様になります。
 今日の授業という材料はある訳ですので、「今日の授業で大事だと思ったことは何ですか?」という程度の軽い振り返り視点から書くことに慣れさせて行くと良いでしょう。尚、振り返りの視点は全員共通でなくても良いのではないでしょうか。子どもの「振り返り習熟度」に応じた視点を与えても問題は無いと思います。  
 大事な点は、「子どもから出て来た振り返り」を肯定的に捉えて、書けていないことではなく「書けている点」を認めつつ、更に上のレベルの振り返りが書けるように促していくことでしょう。「振り返らせ上手」な教師は、子どもの成長点を見極めて、そこに働きかけることに長けています。「振り返り指導」も同じだと思います。特にその子の良さを「振り返り」から見とって、明るい情報を子どもと共有して行く「ポジティブ・リフレクション」を大事にしたいものだと思います。


Amazonにて販売中

 2021-07-14 (5)
6月1日 Amazonより発売中。

R2 (2)

1.「振り返り」は成人学習だけの重要事項か?

 「社会人の振り返りスキルが低いということは、企業にとっても大きな問題なんだ。知的生産性の向上や具体的な問題解決をして行くには、振り返りが不可欠。振り返りの重要性に関する認知度はどの企業でも高まっている。僕は大学や企業へも振り返りの研修指導に行くけれど、学生の頃から振り返りを学ぶことが必要な時代になっているんだ。梶さんは教育関係の仕事をしているんだったら、学校で振り返りを具体的に教える様に訴えて行った方がいい。それが、結局は子どものためにも教師のためにもなると思う。」

 今から8年ほど前に「振り返り」に関する学術論文を漁っていた時に、「KPTなぜなぜ分析」に関する論文(Research of "KWS Retrospectives" by which improved “KPT" and “Whys analysis" were applied)を発見。その論文を書いていたのは、大手企業で働いている中学生時代の同級生だった。その彼から聞いたのが冒頭の話である。昨今でも「振り返り」「リフレクション」をキーワードに検索をかけると、ピックアップされるのは殆どが「企業研修」における振り返りのノウハウや効果だ。

「振り返り」「授業」をキーワードにして検索をかけると、少し前までは「教師が自分の授業を振り返る」授業研究のための「振り返り」が数多くピックアップされた。大人に向けた「振り返り」の情報ばかりが目立ち、子どもの「振り返り」に関する理論や実践例は僅かしか見つけることができない状況であった。「大人の世界」ではこれほど着目されている「振り返り」が、なぜ子どもの学習指導では具体的に取り上げらないのであろうか。


2.
子どもの「振り返り」と「教師の指導」への着目

 「振り返り」に関する指導の理論や実践の解説をまとめて一冊の本にすれば、振り返り指導が一般化し、結果的に「子どもに振り返りのスキルや態度」が育つのではないか。そうなれば、未来を生きる子ども達にとってもメリットが大きい筈。そう考えて書き下ろしたのが「AL時代の振り返り指導入門」であった、その後「振り返り指導の基礎知識」「AL時代の振り返り指導入門Ⅱ」、小林和雄先生との共著で「【振り返り指導】」を発行することになった。【振り返り指導】は短期間ではあったものの、Amazon部門1位を記録した。それだけ、授業における「振り返り」に対しての関心が高まっているということなのであろう。

 指導要領等での「振り返り」の重視、授業スタンダードの広がりに伴う「振り返り」の励行、学習科学や世界の教育動向における「振り返り」への着目等、「振り返り」を学びの重要な過程として位置付ける必要性が広く知られる様になって来たということだろう。

 

 一方で、これまでの「振り返り本」の出版によって、「振り返り」について疑問や否定的な意見も多く聞かれる様になった。

・振り返りはどうしても指導しなければならないものなのか

・幼児や低学年では無理なのではないか

・質の高い授業をすれば別に振り返りをしなくてもいいのではないか

・振り返り指導に原則はあるか

・言語で振り返るだけでいいのか

・振り返りは子どもが主体的、自発的に行うものであり教師が指導すべきではない

AIコーチが進歩すればAIが適切な振り返りを促してくれるので、振り返り能力そのものが不要になるのではないか

・振り返りよりも「めあて」や「実践的活動」の方が大事なのではないか

等がそれだ。

 

「学習指導要領の趣旨の実現に向けた 個別最適な学びと協働的な学びの一体的な充実に関する 参考資料 (令和3年3月版)」には  『児童(生徒)が学習の見通しを立てたり学習したことを振り返ったりする活動を、計画的に取り入れるように工夫すること。』と囲み付きで指摘されている。しかし、国が言うからということではなく、教育のプロとして適宜「振り返り指導」を入れて行った方が、子どもの学力や学習意欲を伸ばしやすいということは確かだろう。近年、教育センター等で「振り返りの効果」に関する研究が増えている。そうした研究では、適宜「振り返り」を入れた方が点数の伸びや意欲の向上に繋がるという結果が多く出ている。

 

3.よりよく生きるための「振り返り」

 小説家の五木寛之氏は「なぜ振り返りが大事かというと、その時にはわからないことがあるから。コロナ禍で時間ができたことによって、いっそう振り返ることの大事さを感じています」とNHKのラジオ深夜便で語っていた。「振り返る」という行為は、学問的・教科的な点数や学力を押し上げること以上の価値を持っている。日々の体験を振り返って想起、再解釈していくことによって新たな考えや自分らしい考えが生まれることもある。人の成長に年輪はないが、適宜振り返って自分の生き方や学び方を振り返ることが、人生に年輪を刻んで行くことにつながる気もする。

 問題の答えを見出したり、知識を新たに得たりするための「振り返り」もあれば、自分自身を深く見つめ直して自らの育ちの質を高めて行く「価値創造」のための「振り返り」もある。学習だけではなく、「自分自身を深く生きるための振り返り」も無いよりはあった方がいいのではないだろうか。

 

4・DX社会によってマルチモード化する「振り返り

 社会のDX化が進めば、そうした環境の中で生活し学び続ける能力が必要となる。教育のICT化は従来的な「指導の効果を上げる」目的から、子ども自身がICTを活用して問題解決を行なったり、自分の能力を伸ばしたりするスキルセット×能力の育成に向かって目的がシフトし始めている。学びや問題解決がアナログとデジタルを多様に組み合わせた活動となり、それに伴い「振り返り方法」も多様化する。

 例えば、直接対面での学習に適した「振り返り」とオンライン学習に適した「振り返り」では方法が異なる。予め学習用の資料に目を通したりダウンロードしたりしながら、今日の学びの核になりそうな部分や流れを掴む。クラウド上のノートアプリを使って学習を進め、振り返りには記録した動画を活用する。ノートアプリを分析して、振り返りの問いを出してくれる対話型AIと対話をしながら振り返る。そうした学習も急速に広がって行く。

幸

 しかし、子どもの学習においては、ICTの助けを借りてよい場合とそうではない場合を見分けることも大事だ。なんでもかんでもクラウド上に記録したりストックしたりしてしまい、自分で思い出せない時にはすぐに検索をかけてしまうと、脳を甘やかしてしまう。知識や情報の検索-想起能力が伸びにくくなってしまう。「検索をかけたり調べたりすればすぐわかるけれど、ここは自分の頭を使って考えた方が自分の能力を伸ばすにはよい。「今は、自分の頭の中を検索しよう」「この情報は動画で確認するだけでなく、実際に活動をして学ぼう」と言う様な、学びの判断能力を持つことが教師にも子どもにも求められてくる。
 学びのデジタル化は避けることができないが、それ故「目的に併せて自律的に活用する態度や能力」が必要だ。特に成長期の脳の発達を考慮した活用は極めて重要な視点であろう。視力の低下や前頭前野の成長にとっても「適度で自律的な活用」という視点は大事にしたい。

 日々、今日のICT活用は適切であったかどうか振り返ってみる。適切に使えたか、もっと効果的な使い方があったのかどうか、自分に問う「振り返り」がデジタル化する学びの中では必要になるだろう。

 
Amazonにて販売中

 2021-07-14 (5)
6月1日 Amazonより発売中。

R2 (2)

このページのトップヘ