マッサージはこまめに行うことで、指先の運動に繋がり硬くなった爪周辺の血管をほぐす事になり指先の冷感を改善する事も出来る。加えてストレスの解消やリラックス効果があるともされる。また日々の生活で爪が歪んでしまう事があるが、爪と指自身を揉み解す事で少しずつ修正することができる。

この時、ハンドクリームを使う事で爪の保湿保成分をはかり、マッサージ効果を高める事ができる。ハンドクリームは市販のもののほか、アロマセラピー効果を得るためにアロマオイルや器質を自分で用意し、自分の好みの物をつくる事もできる。

  • もむのは、手の指の爪の生えぎわの両方の角。両手の親指、人さし指、中指、小指の4本の指をもむ。薬指は交感神経を刺激してしまう(交感神経に血管収縮作用があるからか)のでやらない。
  • 刺激するときは、反対側の手の親指と人さし指で爪の生えぎわを両側からつまんで、そのまま押しもみする。1本の指を、10秒ずつ揉むことを、1日に2 - 3度行う。
  • 刺激するときは、指の先端で痛いくらいに押しもみする。軽い刺激では効果がない。あまり強すぎてもいけないが、少し痛いというくらいにもむのが効果的。

wikipediaより