設計完了物件の地鎮祭

サクタ工業蠎匆亜工場改築工事の地鎮祭

福島県の郡山を令和元年に襲った台風は、阿武隈川に沿った一部は、大変な
被害(冠水)となりました、我が事務所も1階は 床上450mmとなり冠水したが、
建築設計事務所機能が、2階及び3階にありました関係から、難を逃れました。
特に郡山東側の工業団地(郡山鉄工団地・共)は、被害甚大でした。いち早く
郡山商工会議所は、支援事業に乗り出し支援施策・補助金説明会を開催して
応援に乗り出し説明会を開催して被害地域の事業所の支援を実行されました。
 其の企業者被害者支援の「台風19号被災企業支援事業」の補助金活用した
施設創りに参加をして、施設設計を進めておりましたが、作図脱稿してが本日、
好天の基に、地鎮祭が行われました。スタート時は、コロナウィールスなどの
派生がなかったので淡々と事を進めていたが、設計の終盤には「コロナ」一色
になり、一変しました。然し、お陰様をもちまして、企業様のご理解と、建設的な
ご考慮の基に地鎮祭が予定通り終了を視ました。この上ない喜びであります。


2020.07.03・記 蟠ξ設計 取締役会長 幕田勇







6月度は当事務所の決算期(第48期)

第48期の決算月(6月度)

 今期は、台風及びコロナなどの地球規模の事件が重なり
地域社会は足踏み状況が続き混乱の一途を辿りましたが、
それらの社会変動(変化)に当事務所も翻弄されました。
4〜5〜6月度は、社員一同夢中で業務対応に当り、特に
6月度は、ページの記事等を書く時間が取れませんでした。
然し、お陰様で難なく商売の設計監理業務遂行できました。
今盛んに決算資料作成に臨んでおります。まだまだコロナ
に翻弄されそうですが、社員一同頑張りますので、御贔屓
の程宜しくお願いいたします。

2020.06.29・記 総括会長 1級建築士 幕田 勇

    世情変化に伴う会社情報発信の件

    自然環境と創造環境の出来事から学ぶこと

3月のブログを最後に種々なことが起きてしまい忘れておりました。
「何故か?。」は御存じの「地震・台風・コロナ」が立て続きに派生して
気が動転したのも確かです。商売は進行しているものの、動けない
情けなさです。在居時間は多くあったはずだが、「人間の心と気」は、
多忙してたのですかネ?。近くの情報発信等の「PC」は毎日動かして
いたはずだが、会社の情報発信の「ブログ」は、とんと忘れてました。
ここにきて「梅雨」などの話題もなく、コロナ一色で言葉も聞くことなく
今更「自然界の恐怖の仕掛け」には、人間を狂わせる何かを感じて
おります。気丈夫に発信続けますのでご覧くださいネ。 幕田会長。
......................................................................................................

     3月度:会社職員等の健康管理実施/人間ドック。
          都合により5月度に変更させ実施予定です
     4月度:業界団体及び個人趣味の集会全面中止。
            現在は、いうまでもなく続行中としてます。
     5月度:コロナウイルスの脅威が進行し移動厳守。
          現在は「文明の利器」で補っております。

            注視点:「今迄と違った業務体制」が始まる年だ。

コロナウイルスは少し収まったよう見えてるが、さてどうなる事かや?。
見えない細菌との戦いは続きそうだ。昔、「地震・雷・火事・親父」等と
云われたころが懐かしいし、日本でも150年前ごろに起きた「疫病」
これに勝るとも劣らぬ事件だったようだな〜??。寺田虎彦が言った
言葉、少し違うかな?「災害は忘れたころにくる」が思い出されます。
テーマは、在宅勤務・社内独立・重複職業などの業務対応のだネ。


現世の環境に社員一同(8名)元気で乗り切ろうと頑張っております。


     2020.05.15・記 蟠ξ設計 幕田 勇/幕田宙晃





QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ