川口邸工事会B川口邸工事会A
2011.10.07  第1回工事会開催
(終了後御夕食会スナップ写真)

 


    今回のこの工事は、地震被害と云う工事の施工技術&工法の関係から「D(デザイン)&B(ビルド)形式」の請負体制で請負契約締結された。工事スタッフは、企画設計監理・工事施工・メーカー協力社等の面々の集合体でのスタートとなった。工事会には、企画設計&工事施工者の各面々と建主の川口登二店主もオブザバー参加されて開催された。工事回終了後郡山ビューホテル・アネックス・船津で「御夕食会」がありスタートを切りました。
 今回のこの工事は、2011.03.11に起こった東日本大地震の被害調査の結果から、クラッシュしている部位の補修&改修工事である。最近このような工事が大変多く、殊に郡山市内の3階建(S造)以下の低層建物は、意外と目視では大きな欠陥がない様に見えるが、詳細調査を実施すると思ったより被害が多く、内容としては外部壁(特にALC版)を含む開口部&陸屋根部位からの雨水の漏水等が多くの原因となっている。今回のこの対象建物の工事も震災後の雨による漏水が多く、足場を掛けて視ないと解らないという現実があり、そこから調査してのスタートとした。工期は年度内完成として順次進められるようになり、工事スタッフは下記のとおりで実施とした。

    企画設計監理 :蟠ξ建築設計事務所 幕田勇・高木晃司
    工事施工業者 :蝪硲短害         山岡省三
    メーカー  協力:パナソニック電工・郡山 
    施工工期期間:平成23年12月末日(契約上平成24年01月)

                 2011.010.09   蟠ξ設計 総括 幕田 勇