平成27年06月度は当会社の決算日

 今年(27年)は、昨年からの会社組織変更に伴う、人事移動等が重なり、
併せて、震災の復興等の設計監理業務が多忙化し、何かとブログの発信の
機会が記入が少なくなりました。愉悦、当所の内部事情の分かる情報開示を
おろそかにしてしまいました。..が然し、お陰様で、例年になく、程よい第43期
の決算が出来るようで社員一同安堵しております。併せて、平成27年度は、
建築士法の改正もあり、それに対応するためにも、人事構成面に居ても少し
変動があり、建築士対応の建築事務に専門の職員等を確保して、万全とは
行きませんが、設計監理業務対処することもできました。
 殊に、昨今の東北(福島県)の建築の設計界は基より、建設業の行く末は、
決して順風な世の中ではなく不安材料もあり陰りもないわけではありません。
現時点では、まだ続いている災害復興契機に押されてる一面もあり、この事
(時期)が過ぎ行くころ、何か波乱がある様な気運もあるのも事実であります。
裏腹に5年後の東京オリンピックの開催は、確かに景気を持上げる材料には
なっているが、地方の建設業界は資材高等と職人不足の状況下にあります。
業界は打ち勝つ手段を求め懸命に模索してるのも事実であります。 
 当事務所もこの事態に事を構え、第44期は、会長・社長・常務・非常勤構造
部員、所員5名、計9名編成で事に当たる事になっており、次期も社員一同皆
で頑張る所存であります。今後ともご鞭撻のほどを節にお願いをいたします。

12015.06.28  総括会長 幕田 勇