December 2016

平成28年度・建築設計監理業務が終了しました。

             年度業務完了のご挨拶

 本年は、建築の企画立案等の建築設計監理を通じで何かとお世話になりました。

 平成28年度が明けたと思っていたら、あっという間に終了した感があり、多忙な1年でありました。殊に、東日本大震災からの復興等の業務が多く、建築設計監理等を通じて、昨年と同様多忙な1年間でありました。基本的には、健康的な頭脳プレーの商売(業務)ゆえに、社員には、充分な体力(身体)保持をして、無理ず、焦らず、間違いのないように余裕をもってことに当たりたいと指導督励をしております。本年度も、会社の冬季休暇は12月29日(木曜日)から翌年の1月4日(水曜日)迄の7日間としました。5日からは、業務再開しますので、よろしくお願いいたします。休暇中の急な業務の要件は、幕田勇総括会長の携帯電話(090-3126-7413番)で対応しますので何なりとお申し付けください。

             来る年も良い年でありますようにお祈り申し上げます。


             冬期休暇 平成28年12月29日〜翌年の04日迄
             業務対応 総括会長携帯電話:090-3126-7413
                               ...........................................................................

                2016.12.28   蟠ξ建築設計事務所 
                 代表取締役:幕田宙晃/会長:幕田勇


社会福祉法人:郡山清和救護園のXmasは盛大だった

親交のある社会福祉法人・郡山清和救護園のXmasパーティに出席

  種々、建築設計・企画立案当関係でお世話になっている「清和園のXmasパーティ」とあって、当事務所から社長が諸事都合があり、私(会長職)及び大竹幹夫専務が出席しました。11時30分開会し、昼食をとりながらの団欒・ミーティング・会話をはさみながらの楽しいパーテイでした。清和園の特設パーテイ会場は、昼から夜の環境空間を作り出し、Xmzsムード最高潮な雰囲気に、大勢70〜80人からなる「郡山清和救護園・難波理事長」のXmasのパーティでした、手作りの園の方々の演出パホーマンスで開かれた。社会福祉法人格なので、清和救護園関係の入所者を含め、理事会や評議員・同事業関係ホームの方々、併せて、近隣の東部地区町内会連合会・会長や町内会・公民館・婦人会等を交えての恒例の大パーテイでした。施設の方(入居者)とのふれあい・同一空間での一緒のミートは、大変楽しい一時でした。園内での「大人のXmasパーティ」と言ったほうが良いのかな〜?。兎に角驚いたね。勿論、多忙な処、郡山市の品川万里市長も出席され、軽やかな会話をしていただき皆さんが湧きました。余興としては、JA郡山市秀峰会・陣場教室の「大正琴の演奏」や何時ものボランレア音楽歌謡学園は、「近森歌謡学園の方々の歌」等が披露され、特設会場は、まるでデナーショの様でしたネ。約2時間の時間を楽しく過ごさせて頂きました。写真等挿入しておきますね。

DSC_0008DSC_0011DSC_0007DSC_0004




DSC_0012





右から町内会長・郡山市長・折笠園長です/サンタのプレゼント・町内有志の大正琴の演奏でした。
..........................................................................................................................................................
                  昼食を食べながら余興が始まりました。

余興の始まりは、大正琴の演奏から始まり、懐かしいメロディには哀愁を感じた。引き続き、何時ものボランテアの近森歌謡学園の方々のメドレーが始まり、総勢7〜8名の方々のプロ顔負けのドレスやスーツ姿のスタンスで歌謡ヒットパレードのステージとなり、とても楽しいデナーショウと化しました。

DSC_0014DSC_0025DSC_0037DSC_0023DSC_0033DSC_0028DSC_0031





最後は、折笠園長から歌謡のプレゼントを頂き、園を代表して園の方の「閉会の言葉」となりました。
DSC_0040DSC_0047
「折笠園長が歌う」

驚きましたネ。折笠園長が・・?、歌ったよ。
永いビジネスでお付き合いで初めてでした。
初めてやさしい「心のお歌」を聞きましたネ。
「驚き・桃の木・山椒の木」の気分で〜す。




      最後に事務所からは、「良いお年をお迎えください」で〜す。


                                                                                                            2016.12.22   蟠ξ設計  幕田 勇



工房・トマトハウス新築工事・設計図脱稿

                                                        2016.12.18・記      
                                          郡山市で活躍する「トマトハウス」の生活介護支援施設

カーム 老健施設 パース

名  称:工房・トマトハウス 収容人数15名
敷  地:福島県郡山市逢瀬町  地内
事業者:非営利NPO法人・理事長・安藤和子
施  設:木造平屋建亜鉛鋼板葺1棟
面  積:延面積・150
その他:一構にはその他に付属施設が3棟



                       この絵は完成予想図であります。

  否応無しに進化してしまった未知の世界の少子高齢化時代が進む中、殊に高齢化の取り巻く生活環境が急速に変化し、高齢者や障害者を抱える家庭(住宅単位)では、生活介護というジャンルが最重要な政策となってきた。今回当事務所で設計完了(脱稿)して、今工事施工に向けた工事準備と施工関係の選定企画をしている。構造は、木造平屋建1棟/施設管理部位は、別にして内部をワンルーム体制にして、リハビリ等の行動が視線の届くようして安全を図り、個々のサービスの為に3ブロックに仕切り可能な条件を整わせている。工事は、12月に準備期間として許認可を申請を行い、工事施工は、3月頃よりスタート予定であります。この夏には、オープンを予定をしている。上記に完成予定パースを絵にしましたが、瀟洒な可愛いいデイサービス介護施設です。

 今回紹介事業所は、非営利法人・トマトハウス・(理事長・安藤和子氏/事務長・安藤一夫氏)の施設紹介である。規模は、あまり大きくないが同一敷地内に、今回の生活介護ホーム棟・高齢者ホーム棟・作品展示室・ゲストハウス・陶芸作業室などがあり、既に10年の歴史を持つ「工房・トマトハウス施設群内施設」である。高齢者や障害を持つ方々のデイサービスから生活介護の補助などを支援し、実施してる企業さんです。


                    2016.12.18  蟠ξ設計 総括:幕田 勇





10月度・実施設計脱稿物件の安全祈願祭開催される

郡山信用金庫・八山田支店新築工事
地鎮祭開催

   郡山信用金庫(理事長・有馬賢一氏)は、本工事の実施設計の脱稿と共に、11月28迄に建設関係業者から見積書を求め、審査終了と同時に、11月30日の理事会の承認を得て、分注方式にて6社を決定した。その承認のもとに、12月05日には、工事請負契約締結式を終え、来る12月08日・関係者集合の基に盛大に現地において地鎮祭を挙行した。今回のこの八山田支店は、郡山市内の北部地域をカバーする営業の店舗として、北部の核的支店としてその役割を基に管轄エリヤに建設される施設でもある。敷地が広く小高い丘素晴らしい環境のところに建設されるRC造2階建の建物とS造2階の車庫・倉庫棟は、郡信支店の業務施設として、今迄の支店施設より、高齢者を意識した親しみやすい優雅な建物(施設)となる予定であります。来年の07月頃迄には完成し、10月初旬のオープンとなる模様であります。

DSC_0006DSC_0001DSC_0009


準備万端整えられた現場の祭事風景(01)
DSC_0005DSC_0008DSC_0003









準備万端整えられた現場の祭事風景(02)

2016.12.09 蟠ξ設計 総括会長 幕田 勇       


QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ