March 2017

平成28年度終了し新しい年度が開始します。

  年度開始の使命ー「小さくともダイナミックな行動」ーです。

  大震災後の復興から「福島、頑張れ」の懸け音もあり、手探りの日々が続き、
遅れてはいるものの、それなりの復興への進展があり、逐次帰郷できる解除の
知らせが出ている。「長かったな〜」等と思っているが、ロシアのチリノブイリは、
未だ、書物・文献などを読んでいるとまだまだ戻れない地域が多くあるとか?。
あってはならない事故すでが、日本国のこの事故等に対処する賢明な努力は、
「世界に勝る」思いがする。年度末になり多忙な日送りでしたが、一区切りする
に当たり今後もより良き整理整頓をして新しい年度を迎えたい気分であります。
これからは、「復興:残されたあと少しの頑張り」が私たちの使命と思われます。
今後ともよろしくお願いいたします。


                      2017.03.31   蟠ξ設計 総括 幕田 勇

この4月より「工房・トマトハウスの施設」が着工です

      今噂の「工房 トマトハウス」は鮮やかに蘇ります

  今i否応なしに都市化・少子高齢化・複合社会が進み、地域には色々な生活破壊があります。
勿論、地球規模で環境破壊もあります。そんな地域社会に寄与すべく、懸命に社会貢献してる
「非営利活動法人・トマトハウス」があります。そんな処から今回、設計監理が舞い込みました。
非営利活動法人ー「トマトハウスでHP検索」ーをご覧ください。その確たる信念は、中々ですヨ。
..............................................................................................................................................
        基本計画・基本設計・実施設計業務完了・工事者の選定中

  非営利活動法人・トマトハウス(理事長 安東敏子氏)の新築工事の実施設計等を実施中
でしたが、変更事項の整理整頓が済み、3月中旬から業者選定などを実施しておりましたが
4社元請け方式で内定し、この3月20日以降着工の運びとなりました。営業業務スペースの
リースのプレファブ建立し〜4月8日地鎮祭執行となりました。その後、旧施設などの撤去〜
敷地整地を整わせ、4月20日頃より始動をして参ります。施設概要その他等は、下記の通り
であります。一構(同一敷地内)には、別棟他に陶芸室+展示室+グルーブケアホームなどが
展開しております。今回の「工房 トマトハウスは、通所型の生活介護施設などでありますが、
ここで作られる生活の通所者の面白い陶器演出小物等は、「今噂の小物」として重宝がられ
ております。特に「お地蔵様の祈りのマスコット人型」は、巷の噂の作品ですヨ。  ほしい方
がおりましたら蟠ξ設計総括会長・幕田宛申し出てくださいネ。  数限定で差し上げますヨ。
年度別制作しており、毎年違った表情があります。既にもらった方、自室に飾ると、幸運当が
必ず訪れるといわれます。(作者伝承)。今、「噂のお話」から〜。
........................................................................................................................................
私たちは、「小さくともダイナミックな工房・トマトハウス」を誠心誠意懸命に作って参りま〜す。
ー「可愛い、可愛いい瀟洒なトマトの様なトマトハウス」ーが完成します。   ご期待ください。

                        記

トマト・パース 
     01:名称  非営利活動法人 トマトハウス増改築工事
     02;場所  郡山市大瀬町多田野字竹芳地内
     03:概要  木造平屋建1棟
    04:規模  延面積 158.995屐48・097坪)
     05:其他  通所の「生活介護施設}

  「完成予想パース」が出来ますのでその絵を載せました。

      

     2017.03.11  蟠ξ設計 総括会長:幕田勇/木造家屋担当 建築士・松本雄一郎



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ