July 2019

中華民国(台南〜台中)建築施設見学

        6月:中華民国(台湾:台南&台中)の旅
             建物は凄かったネ。(遅れ記事)


来る06月13日から16日迄会長が出資している会社(郡山市内の構造事務所)
の海外経営戦略会議に出席してきました。設計事務所3社+その他1社、総勢5
明編成の旅でした。小さな国家のダイナミックな環境表現は世界一だネ。世界
の建築家達の集合体の様相でした。もちろん、統治されてた時代の建物などの
保存は、素晴らしく「行ってみる価値」を感じましたネ。中華民国(台南&台中 )
の首都の台北とは異なったロケーションを感じましたし、安価で近くて簡単に行
け日本語が通じる現在の中華人民共和国(台湾)を感じました。

交通事情と都市計画(新幹線等)
古民家と新いい施設の融合
芸術品展示館
台中国家劇院
打狗英国領事館
武営・国家芸術中心美麓島駅:高雄の世界で最も美しい駅 必見
芸術特区(公園もあるよ)
日本人の建築家の作品もありましたヨ。 

併せて、台湾料理の食文化は、日本人に合う食事で飽きない絶品を感じました。
現地には、郷土料理+薬膳料理+お粥料理等があり、今は治安が抜群で、女性の
旅が多いようです。健康促進+美容整形+足裏按摩なども含め身体健康のメッカ
となっておりました。特にお粥料理は健康文化を物語っておりましたネ。

郡山の出資者の設計事務所も5社程ご一緒しておりますし、写真を一杯あるので
この件でお話ししたい方は連絡ください。資料が出来てるので対話ができます。

2019.07.07・記 遅れ記事 参加者:幕田 勇/記事編集




当社の第48期開始しました。

   この7月は「第48期の新年度」元気に開始

  小さな地域事務所の地未知な活動がテーマです。
  ここ何十年も同じアフアメーションで進めています。

       「小さくともダイナミックな行動」

  当社も令和元年には、1名の新卒者の仲間が増えて
技術系6名+事務系1名∔非常勤1名の合計8名編成で
切っ先の良いスタートとなりました。今期も建築の設計
&監理等を通じて、否応なしにきてしまった地域社会
「少子化、超高齢化、高度化、都市化、空洞化等」
いう複合社会に個性とバランスを考慮して地域社会に
働きかけてまいりますので宜しくお願いをいたします。

        2019.07.06・代表取締役












6月・決算期

      この6月期は「第47期」の決算期

  5月の新年号(令和)が始まった翌月が決算期となった。
一般の月と異なり期内の資料作成に追われる月でもある。
期内決算整理及び来る第48期の業務計画等もあり忙しい
月内でありました。来る第48期も設計監理等を通じて地域
社会の環境創りに貢献して参りたいと思いますので、宜しく
お願いいたします。   第47期最終期より。 代表取締役










QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ