2018.05.04・テオ・ヤンセン展
      風とチューリップで有名なオランダの風の芸術家
         「ヤンセンの夢の芸術作品:人工生物」

  オランダには、古くから風力等を利用する風習があります。例えれば、風車だネ。
オランダ国を旅行をしてみると目につく、花に囲まれた風車の建物は、絵になるし、
見てみたいと云う素敵オランダの花と施設風情でもあるネ。しかし、今日は、違うョ。
風力のエネルギーを利用して、地域現世の生活に役建てる人工生物の話である。
そうね?建築設計関係に携わってる私から見れば、奇妙な且つ不思議な芸術作品
と見えますネ。孫のために出掛けたこと(見学)が、私達大人達が「虜」になりました。
建築関係の技術的創造者達の必見の人工生物だ。ヤンセン展は6日で終了したが
、インターネット上でも詳しく検索できますので試みてみてはどうか?。.......必見だ。

0201作品実演・03   









作品前・開大君作品実演・0201

  






        見てみないと解らない世界
テオ・ヤンセンは、オランダのスヘーベニンゲンと云う、海辺のビーチ近くで生まれ
、育った芸術家である。大学では物理学専攻の様だ。彼の生まれ故郷のこの地は
、浜風が心地よく有名なビーチでもあることから、作品には少なからず影響がある
と云われており、「物理学と芸術との融合は彼の考えの中の一つ世界」でもある。
世に出す人工系の技術品は「生きてるように見える人工生物」とも言われ、後は、
人間社会の移動手段及び建築の分野まで応用の次元が伸びでるとぴ割れており
ます。真に今噂の不思議な、不思議な「人工生物」でもある。この不思議作品は
一般的な塩ビの管で組み立てられた人工生物等と云われる。風のエネルギーで
動き出す(駆動)のですョ。驚きましたし、不思議さを感じましたネ。...........???。
福島の伊達地方の言葉で表現すると「驚木(気)、桃の木(気)、山椒の木(気)」.
................です。


    「テオ・ヤンセン」を詳しく調べるにはインターネット検索してくださいネ。
         2018.05.06・記 蟠ξ設計 総括会長 幕田 勇