短かった「令和元年・さようなら」の気分だ。

 2019年も早いもの、今年もあと一ヶ月弱。色々話題で一杯でした。
東日本の大震災から、打撃を受けて、その復興最終段階で今度は、
台風第19号の豪雨の河川氾濫被害、併せて平成から令和になり、
せわしく令和元年も過ぎようとしてます。復興一色で何となく気分に
合わない人生経験をしておりますが、この経験から「皆で助け合う」
というジャンルでは地域皆さんと一杯お話ができたことが取得かな。

  然し、我々建築設計業界のアクションは、「みんな音なしの構え」
だネ。本業から離れ会長となり数年、業界の方と逢う機会がなくなっ
た男の邪念かな〜。2020はオリンピック、中央の建設業界も慌しく
ほぼ、終了した様だが、オリンピックが終了後の業界は今後がどう
なるのか?見透しは?というと、超疑問視だな〜?。地方の業界は
関係ないようだが、少し心配している今日この頃です。

          2019.12.04・蟠ξ設計・会長