当年84才、まだまだ生きられるぞ。
     「でも、現役は譲ったので経験指導ですね」

 我々建築界の労働環境は何処の現場も高齢者であふれている。
現世に否応なしに訪れてしまった「少子高齢化社会」は、地域
社会に難題が山積し、労働条件を考慮しつつ実施してるものの
今どの様に対応すればいいのか?、地域社会はな我高齢者対応
に追われており、中々良い結論が出てこない。
 厚生労働省は、 Ю源裟革命/◆Э佑困り革命等を提案
し、具体化してこの,鉢△鮗屬領称悗箸靴鴇子高齢化の壁に
「政策パッケージ」を発表し働き方改革にメスを入れた様です。

 一般的に、人口の高齢化率が7%を超えt場合「高齢化社会」
と言い14%を超えれば「超高齢化社会」というそうです。詰り
々駝韻社会参加出来る機会が保たれる社会⊆匆颪旅柔員の
一員として尊重される社会社会の一員として健やかな生活が
できる社会の三つがが確保されてることが大事であるような気
がします。我々此れからどの様に酒井の一員として暮らすか?
が一番のテーマになりそうだな〜。「難しい、難しい」。だが、
長生きしてる現実等がありますので、努力して健やかな生活に
挑戦します。高齢化してるが「まだまだ生きたられる}と信念
を以て社会参加してまいります。
 



2022.07.19・記 手直し済。 会長デスク。