此の12月は「いつもと違ったあわただしさ」が来そうだ。

 童謡唱歌に「何時か来た道」などとありますが、詩を視ると良い言葉(字句)が、
思い浮かぶ事が一杯ですな〜。反省ではないが顧みながら令和6年の準備入りました。
当所も、何時もの通り商売(設計監理等)の業務対応と年末&年始の準備など含め、
併せて、個人的な対応を含め諸団体の会合等に、あわただしく対応しておりますが、
皆様方には、如何な対応でお過ごしでしょうか?。

 当事務所は、ここ数年は、自発的に事務所の在り方を考慮し時代の流れに沿った
「働き方の改革」等を設定して、事務所本来の経営対応をしておりますが、、、?。
所内管理の事務関係の業務が増えており「あっぱ、とっぱ:方言」、解るかな〜?、
しておる現状であり、ブログ担当の会長デスク職の今日この頃の毎日でありま〜す。
 殊に、最近「設計監理業務の変化」により、街の書店の店頭には、業界の営業と
設計図とは?等が記載(ツール化とソフト化等)された書物も多く出回っており、
御年86才の手書き時代を長く続けた、我々古参兵には、理解するも昨今の変化の
現状には、中々就いていけない状況などもありますが、、経営的社長補佐として
役割を頂き頑張っております。書物の中の構文には、設計図書とはの記事があり、
「無言の説明書」の一説が記載されておりました。この年で今、懸命にスタディ
ー中(会長の補佐的使命を勉強)です。長続きする事務所の経営は、如何にある
べきか?、課題となっております。小規模事務所の「宿命・主命」なのか?な〜。
次回は「昨今の小規模事務所の環境」を題目としてブログする予定です。

 今回は、私的な小言になってしまいましたが、、、、メールを見て頂いてる方の
ご意見を頂けたらと考えており、此れからも無言の説明書を書き続けて参りますと
共に、老いて設計監理業界の「異なる業界変化の過程」に身を置きながら業務対応
に挑戦して参ります。来年も変化の多い年となる様ですが、皆様の良き設計監理等
「案内役」でありますように頑張りますので御贔屓の程宜しくお願い致します。 



2023.11.25・記 会長デスク

  註:年内に事務所の近況報告として、あと2〜3本のブログを予定してます。