01・設計監理

郡山市の企業は元気一杯だ



 工業団地内の・「鉄工界のパイオニア」・蟾川鉄工

  今年の夏は、ちょっと変だ。世界が地球規模で異変
が起きている。暴風・熱中症・等々。併せて、台風被害
からの脱着・コロナ感染防御・遂に働き方と健康管理
迄進行している。されど果敢に企業努力も見えてくる。
.........................................................................................
  令和元年の台風19号は、雨風を交えた暴風雨等で、
郡山市内、所々が被害を受け、特に、阿武隈川沿線の
郡山中央工業団地は大被害となりました。あれから1年、
一時仮設修復させて営業を続けておりましたが...、漸く、
行政等の「台風19号被害企業支援事業」が整ってきて、
最近、加速して団地内が活気を帯び修復されつつある。
..........................................................................................
  当事務所でも団地内の施設3〜5件引き合い計画を
して進めてまいりましたが、蟾川鉄工の大掛かりな
大規模改修計画資料がまとまり、下記のような施設の
完成予想図が出来ました。            
20200809081306_00001











      大規模リ二アル後の完成予想図
   
     名称:社屋及び工場大規模改修工事
     構造:鉄骨造/一部2階建・2棟
     規模:社屋延面積:   296.46
           工場延面積:  1,063.37屐
                     合      計: 1,359.83屐 


    2020.08.05.記 蟠ξ設計・総括営業部
       (1級建築士・取締役会長・幕田)

               
  


続きを読む

湯野上ホテル・「心の癒」 リニアルオープン


             瀟洒な「滞在型温泉治療」の施設
                「湯野上ホテル:心の癒」

  当事務所で改修&修繕の依頼を受けて改修の基本計画の設計監理を行いました。
湯野上温泉郷にある「湯野上ホテル」は、経営権を郡山市内の不動産経営者に譲り、
今月(09月08日)・リニアルオープンをした。S造3階建・延面積200坪程度の面積で
瀟洒な、部屋数9部屋+定員18名と云うー「滞在型温泉治療」ーの場として、スタート
しました。少子高齢化が進む中、高齢者対象に昔懐かしい「湯治場」としての、感覚を
取り入れた。しかも温熱治療場も兼ねた施設にしてあります。過日、広域消防署下郷
出張所に「使用開始届」を出し検査等が終了しました。以下オープン時のパンフレット・
建物の写真を掲示しておきます。自然界の治癒(温泉)の力及び自然に地域に自生す
る産物の取込みをして回復力を補う場としての施設(NHEの会)である。


DSC_0001[1]

    山間の静かな処に「心の癒」
    があります。湯野上温泉郷
    の新しい名所「湯治宿」として
    生まれ変わりました。



改修完了した施設

湯野上ホテル・オープン資料

    施設の運営には、NHEの会
    「ナチユナㇼ‐・フィーリング・エナジー」
    「自然治癒力」の病気にならな
      い生き方を推進する会が担当
     いたします。
          .............................................
          この施設、少人数(定員18名)
    完全予約制をとっております。
    自然の季節のものの食文化も
    考慮しており、楽しみです。





施設オープン「ちらし」

..................................................................................................................................

追  伸:ご高齢者の個人・団体様の予約の紹介は、可能でありますでご一報ください。


2018.09.08  蟠ξ設計(電話直通:090-3126-7413番/直通FAX-0249-42-0888番) 
      取締役・総括会長 インテリァ プランナー・1級建築士 幕田  勇













日本建築学会 第37回・東北建築賞 作品展イン郡山」

今、郡山市駅前のビックアイの会場
「第37回・東北建築賞の作品展」
が郡山で開催されている。

DSC_0011[1]




DSC_0010[1]DSC_0008[1]


DSC_0009[1]DSC_0006[1]


DSC_0005[1]DSC_0004[1]



作品を眺めていると、構成させる建築
への感覚の鋭さ、それでいて楽しさ等
の発想の豊かさ等が見えてきました。
「楽・豊・夢」が一杯詰まっていました。

併せて、作者との年齢的に違いがあり
ますが、同じ建築士でありながら、発想
と企 画に対する作製者 の鋭さを感じ、
感覚の違いに落ち込みを感じました。

然し、巷の建築事情は、昭和の戦後の
復興から過度期の建築群と平成期の
30年の建築群とで建築の世界は埋め
尽くして居ります。これらの建物を保守
(維持)の整理整頓もあろうかと思えば
、未だ々出番があるやに思ってる今日
今頃でもあります。

  「80にして惑わず」の想いです。



2018.02.22 蟠ξ設計 幕田 勇







社会福祉法人 郡山清和救護園 幼保施設が完成

             事業名    きらきらげんき幼稚園    完成

 昨年の09月より当社の設計監理の基に市川建設株式会社が工事施工を
担当していた、社会福祉法人   郡山清和救護園ー理事長・難波朝重氏ーが
運営する幼保施設の「きらきらげんき幼稚園」が、平成30年01月24日・確認
機構の完了検査も受けて期間内完成をしました。出来上がった完成写真は、
下記のとおりであります。今後、01月31日の「引き渡しのセレモ二ー」 を経て
花の咲乱れる良き日の04月01日開園を目指し準備される予定と聞きました。
幼保施設の「きらきらげんき幼稚園」のご隆盛をお祈りいたします。

 併せて、工事会を設定して工事監理の基に工事施工の運営をしてまいりま
したが、この5ヶ月間担当の皆様、お疲れさまでした。今計画中でありますが、
工事会の解散式(反省会)を経て全行程の関係は工事終了となります。
清和園・幼稚園・パース南麺清和園・02/幼保施設






          
           完成予想図 (南側パース/北側パース










            工事施工の完成写真(メーン入口)

引渡し時参加者映像・02  採用写真

・建      主
・設  計  者
・監  理  者
・工  事  者
・設備業者




    建物引き渡し時の集合写真で〜す。
  私達が皆で仕上げました。


2018.01.24・記  
設計:1級建築士 幕田宙晃/監理 幕田 勇/担当:高木晃司




平成30年度 会社の業務開始

   謹賀新年

  あと少しで業務再開します

01













今年は、暦の関係から11日間の冬季休暇と
なりました。少し長いのかな〜等思いますが
.......?、然し、頭脳プレーの多い職務なので
我々には、至って都合のいい充電期間となっ
た様です。今年のテーマに沿って頑張ります。


  2018.01.06 総括会長 社員一同より。



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ