ボランテ活動

LC国際協会332D地区の第63回・年次大会開催

          世界的なボランテア団体 LCの年次大会参加

  LC国際協会・332D地区 第63回年次大会が郡山市のホステングにより
ホテル・ハ末マツで盛大に開催されました。我々の郡山中央LCクラブの会長
・幹事・会計の三役は基より会員一同参加してきました。福島県のLC会員が
一堂に会してより良い歓談の一夜でした。下記に写真はその時のものです。

DSC_0019DSC_0018DSC_0012





右から大会始まりG挨拶、大会副委員長の挨拶、芸子さんの祝舞と進展した。
.....................................................................................................................
     ■序なので 「LC国際協会の目的」について記入■

       ★:相互理解の精神培い、その精神を発展させる。
       ★:よい施政とよい公民の原則を高揚する。
       ★:地域社会の生活・文化・福祉の公徳心の向上を図る。
       ★:友情・親善・相互理解等の絆をもとに融和を図る。
       ★:政党&宗派を別にして自由討議できる場の構築。
       ★:社会奉仕することを第一に道徳的水準を高める。

      註:この目的について、間違いがあったらごめんなさいネ。


                      2017.05.20・記  総括会長 幕田 勇



郡山中央LC・施設への移動例会に参加して

2013.03.16/LCボランテア活動実施への移動例会
L1010035L1010036L1010042







 当事務所(所長)が加入し奉仕活動してる「郡山中央LC・移動例会の開催」が、社会福祉法人・郡山清和救護園で開催されました。過っての昭和後半の8:3の郡山市大水害時に奉仕の縁があり施設への奉仕活動をした期に始まり、既に三十数年くらいの年限が経過し、何かと郡山中央LCの単発的ナ継続奉仕活動等の場となっておる社会福祉関係の施設であります。移動例会時は、会長をはじめ各メンバー9名程、AM11:30分集合、昼食会と談義で45分位の時間を取り、例会を通じて園側との歓談と相成りました。何回か我々のメンバーは施設を訪れては、食してる経緯のあるこの蕎麦は難波園長の施設での運営活動と指導的カリキュラムのもので、既に我がクラブの会員達は美味しい蕎麦のことは承知(有名)の事柄でありましたが、移動例会時にも、当然のこと、「蕎麦会席」にして美味しい蕎麦談義(口上)を頂い参りました。その時の先付と後付の関係写真です。
L1010037L1010031L1010039






 何と昼食から「蕎麦会席膳」となり、難波園長の蕎麦との出会い&蕎麦口上等があり、蕎麦の原点「挽たて、打たて、茹たて」のお話、併せて、蕎麦の実の保存と食べごろ加減等の説明の後に蕎麦が次々と出て、LCの皆さん「驚き(木)、桃の木、山椒の木」でした。蕎麦は3回に分けて出てまいりましたが、何れも10割蕎麦で О貳姪な蕎麦、◆難波氏が曰く、殿様食の蕎麦、:究極の蕎麦とコース的に流れ、蕎麦の最終的には創作的な「蕎麦がき・蕎麦巻き」が出て参りました。後付の「蕎麦饅頭」は絶品。美味しく食してきました。  感激。
 例会時には、ゲストスピーカーとして郡山清和救護園・難波朝重園長より清和園の沿革と現在の郡山清和園の紹介をして頂きました。併せて、今回受賞された「瓜生岩子賞」の話をして頂き有意義な意見交換もできました。その時のスナップ写真は、下記の通りでした。今後のご検討とご発展を祈念しながら一同散会となりました。
●:スナップ写真から3枚程投稿しておきますのでご覧ください。
L1010026L1010041L1010027






 移動例会時には、我々の会員の郡山商工会議所・会頭の丹治一郎Lも、多忙の折り出席をしており園の方々と記念写真となりました。丹治一郎Lは、何処に行っても「もてもての存在、時の人なんですね」。よく撮れてますよ。会員のみなさんも種々写真を撮られてますので、運営&事業委員長は、郡山清和園のホームページ上に載せるようですので写真を郡山清和救護園にもご送付願います。

       2013.03.17  蟠ξ設計 総括 幕田 勇 (郡山中央LC/副幹事職)



QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ