建築探訪

極東ロシア5日間の旅

極東ロシアの旅      極東ロシアの首都・ハバロスク及びウラジオストックの旅
         完了資料報告/やはりロシアは偉大な国だ

平成28年09月17日〜21日迄、日本(アジア)からヨーロッパの一番近い玄関口、「ロシアの極東部の首都」である、ハバロスク及び港街の「ウラジオストック」の建築物の探訪及び観光にに出かけました。私としては勿論待望のハバロスクからウラジオストック迄の「シベリア鉄道」の特別列車にも乗りました。以前にモスクワからサンぺテクトブルグ迄を乗車してますので、シベリア鉄道の最後(モスクワ)と最初(ウラジオストック)間を乗ってたことになりますので感激でした。以下整理した「旅の終わりの資料」をご覧ください。勿論、虫眼鏡等が必要ですネ。極東ロシアの必見のとは、ハバロスクのロシア第二の「レーニン広場」界隈の街並み群ですな〜。以前旅したモスクワの「赤の広場」に必敵する広大な広さだヨ。ウラジヲストックは、世界のへ出向の港町だ。ロシアの軍港とも言われた経緯もあり、厳しかったが最近は至って自由な街並みを呈しておりました。ロシア教育のメッカだ。学校が多く若者多い街だ。合わせてアムール川の流域の少数民族は必見だネ。今回も少数民族の「シカチ・アリャン族」と交流してきました。自然豊かな文明の源を感じてきました。

2016.09.30 ・記   旅人 幕田 勇



会社の旅行は「極東ロシア」の建築探訪

   ハバロスク・ウラジオストック・ナホトカ・シべリア鉄路
      の極東ロシア界隈の遺産建築の探訪

 今回の会社の旅行は、社長及び専務達は、加入団体クラブの旅行等があるので、
今年は、別々な方法での社内旅行となりました。会長を含む所員たちのグループは、
福島空港からのチャーター機で「極東ロシアの建築物の見学の旅」となりました。
2時間で行ける極東ロシアは、いま異国の「噂の旅スポット」と言われ、種々話題の
地と言われます。日本との関係があるウラジオストック&ハバロスクは、ヨーロッパの
匂いと情景がするが、なんとなく日本との名残もある建物が介在します。併せて、昔人
なら記憶あると思われる「シベリア鉄路」だ。世界最大の「大陸横断の鉄道」である。

       旅期間   平成28年09月16日〜20日迄の5日間の旅
...........................................................................................................................................
所用のために参加できない職員がおりますが、報告やお話を待っててネ。.....じぁネ。
極東ロシアの旅の写真など一杯撮影します。ブログにも載せますネ。視てくださいネ。
旅人は、04名編成で、下記のとおりです。友人の猪狩君がゲスト旅人になりました。

                                    会社総括会長  建築士・幕田      勇
                                    友人会社社長  ゲ ス ト・猪狩  節男
                                    会社技術係長  建築士・高木  高司
                                    会社技術主任  建築士・松本雄一郎

極東ロシア風建物は、のヨーロッパとアジアとの融合した建築文化がありますが、其処
に住まいするロシア人間の機微を確りと味わってまいります。またブログで報告します。
最近ナホトカなど軍港があり、今までは解放されてない部位もあり、行き交う人が少なか
った経緯もありますが、それも自由になり今や「噂のスポット」となりつつあります。


                          2016.07.31   蟠ξ設計 総括 幕田 勇





我社の「社内旅行」が実施決定。

    平成26年度の社内旅行は、「天空の城・竹田城跡」に決定

 3年前の東日本大震災のあおりで、日帰り等の探索旅行は実施してたが、
旅本来の宿泊しての社内旅行がされてない。一段落した今年、種々考慮して
「城の探訪」と2泊3日の実施が決定された。予定は下記のとおりとしました。

          実施日:平成26年05月31日〜3日間
          旅行地:天空の城・竹田城跡の探訪

 福島空港利用して伊丹空港へ飛び、竹田城跡地を探索して、奥城崎温泉
に1泊、天橋立てなどを探訪、琵琶湖をクルーズして美味しいものを食して、
福島空港に戻るコースを選びました。雲の上に棚引く竹田城跡地を眺めたい
が、天候次第であります。 「雲海に浮かぶお城」何てすばらしいな〜。

                 2014.05.06.記  蟠ξ設計 総括 幕田 勇

追 伸:業務遂行のために留守番は、居りますのでご安心ください。総括者 幕田 勇



二本松市の原瀬上原遺跡探訪

2014.02.27 二本松市の 原瀬遺跡

 安達太良の山懐のこの地に大昔の「農耕民族のこんな遺跡」がありましたとは、驚きました。
現在二本松市の工事監理してる現場の検査の終了後、近くの「原瀬上原遺跡」を探索しました。
冬場でしたので詳しくは見れませんでしたが、縄文時代の集落の跡地とのこと、びっくりしました。
立札には、「福島県の重要文化財・史跡」のようです。...........   ..後日詳しく探索の予定で〜す。

IMG_0720IMG_0719IMG_0722






 安達太良山麓の南東の丘陵地帯は、緩やかな丘陵になっており、アサヒが拝め、日当たりも良く
この地の先祖なのか?、原瀬縄文人の生活の場であることは確かである。「複式炉文化」を担った
人々である。複式炉を持つ住居が17棟、全国にはない3本柱住居跡である。当時の建屋を復元し
今は、二本松市の原瀬地区の地元の住民により、保存会を立ち上げ保護されているようです。


2014.03.03  蟠ξ設計  幕田 勇






北欧の旅・福祉国家4か国9日間の旅

 期間:2012.06.24~06.01迄の9日間の旅

 来る5月24日、毎年恒例の「つばさの会」主催のー「北欧4か国の旅」ーと洒落込み家内一緒に出掛けてきました。中国+カナダ+スペイン+今回の北欧の旅と回を重ねるたびに「旅の友」が増えバス2台での行動となりました。1班は新人組(21名)。2班はが仲間(20名)として、スタートしました。例により今回の旅の結団式を行い、以外にも小生「団長」を命じられ(これで2回目の団長)、何時もの通り「愉快な珍道中」となりました。以下、北欧4か国(スエーデン+ノルウェー+フィンランド+デンマーク)の9日間の「ジャンル別の見聞記」であります。下記の写真は同行したメンバーの世界遺産の前で全員で写した「証拠写真?」であります。

業務多忙のため文章途中中止、構築中。資料収集中。


L1050101L1050105L1050164L1050337




L1050426L1050412L1050165L1050292     
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ