医療法人共和会 公式ブログ

2013年08月

 先日リハビリの一環として患者さんと料理練習を行いました。開始当初は「元気なころのようにはできない」と不安を話されていました。何度か練習を重ねて、それでも上手くいかない部分は自助具で工夫をしました。「何とかなりそう、あきらめないでよかった!根性だね!」と話され達成感に満ちた笑顔が強く印象に残っています。患者さんが挑戦をしていく姿勢や目標を達成した時の表情がとても好きです。

作業療法士のつぶやき


 できなくなったことや、やりづらくなったことはついつい目立ちますが、“こうすればできる”“この範囲ならできる”という視点から、もう一度できるようにあの手この手で応援していく姿勢は作業療法だなぁと感じます。
                                     (記事:臨床サービス部 作業療法士 O)

嚥下障害勉強会
 先日、「嚥下障害」について利用者勉強会を実施しました。
 勉強会はクイズ形式と楽しい雰囲気の中ではじまりました。私どものような高齢者施設では嚥下障害が誤嚥性肺炎、最悪の事態においては窒息に至ることもあり、日常ケアにおいて非常にリスクが高いものとなってきます。そこで今回はこうした発生の仕組みを考え、食事方法や口腔ケアで予防できることを学びました。
 介護現場ではこのように利用者自身が学習をし、ケアの意味をご理解いただくことが大切になってきます。これからも皆さんと楽しい勉強会を行い、日常のリハビリテーションやケアのことを一緒に考え取り組んでいきたいと思います。
 尚、今回は私にとって初めての発表、緊張をしましたが皆さん暖かく見守っていただき無事終えることが出来ました。ありがとうございました。     
                                          (記事:伸寿苑 言語聴覚士 H)

鶴舎さん個展

                 【鶴舎氏ご夫妻とセレモニー参加者のみなさん】

 現在、当院フィットネスデイケアご利用中の鶴舎氏の個展が本日より開催されました。
 開催と喜寿のお祝を兼ねた記念のセレモニーを行ない、当院浜村会長他、多くのスタッフも参加しました。また、鶴舎氏はデイケアで絵画グループの講師としても活躍されており、今回生徒さんの作品も同時に展示して頂きました。セレモニーには、その生徒さんも参加し暖かい雰囲気となりました。
 鶴舎氏のスピーチの中で、「この個展が最後ではなく一通過点としてこれからも作品作りと、作品が作れる体力を維持し続けたい」との言葉に、私も頑張らなければと感じました。また、作品が展示された生徒さん達の笑顔と涙を見て、何かを成し遂げる事の素晴らしさを感じました。
 障がいをおってもなお、何かをやり通す姿とチャレンジしていく姿に触れられた事は私にとって貴重な経験となりました。
 個展は、8月26日(月曜日)まで開催しています。皆さん、是非足を運んでみて下さい。

鶴舎さん個展1

               【入院中からの主治医である浜村会長と鶴舎様ご夫婦】

                                                                                                                                  
鶴舎さん個展2
    第16回 鶴舎 龍太郎・都子 染色展
と き:平成25年8月21日(水)〜 8月26日(月)
 AM10:00 - PM7:00(最終日PM5:00まで)
ところ:ギャラリー蒼(ボイスアート)
 〒803-0811北九州市小倉北区大門2丁目1-8
  TEL.093-647-0111



                               (記事:南小倉地域リハセンター 理学療法士 A)

 猛暑が続いていますが、4階病棟のこの日ばかりは、ちょっと違っていました。
夏の風物詩・・・納涼会として素麺流しを行ないました。
 竹で行う大々的なものではありませんでしたが、風鈴の音を聴きながら、ガラスの器で、自分の好みに合った薬味を取る・・・。
 いつもは食欲も落ちる夏の午後ですが、皆さんの箸はとまらない! (^^)!
「こんな事、入院中にするとは思わなかった」「夏は素麺がおいしいね」などの声が聞かれました。
ちなみにそうめんは病院厨房でたっぷりゆでて頂き、薬味は患者さんたちがディルームで刻んで準備してくれました。素麺を流すスタッフだけは動きまわって汗をかいていましたが、患者さんに少しばかり夏の味を感じて頂けましたそうめん流し2そうめん流し
  私たちは定期的にホール活動や季節の行事に合わせた催しを行っています。
 また、次の企画を考えていますので、機会があれば是非覗いてみてください。

                        (記事:小倉リハビリテーション病院4階病棟 介護福祉士 O)

 8月某日、連携室2人で当院Café取材を含めたランチを楽しんできました。
 当法人敷地内の中央に位置するCaféは、白をベースに全面ガラズ張りづくりの日差し一杯が自慢の建物…。
 Cafe1ここでのランチは久し振り、メニュー価格の見直しもありリーズナブルで内容も充実、どれも美味しそうでした。
 迷った結果、選んだメニューは海老フライ定食とグリルチキンカレーでした。海老フライ定食には海老フライ3尾と魚のフライが1つ付いてボリュームも満点。グリルチキンカレーは、通常のチキンカレーと違いグリルしたチキンからも香辛料を感じ食欲を誘いました。どちらのメニューにも野菜サラダ付、バランスも良くヘルシーな内容でした。Cafe2

 ふとお隣のテーブルに目をやると、デイケア利用者さんがパフェをおいしそうに食べておられました。皆さんでおしゃべりも弾み楽しい時間を過ごされていました。
 午後のひと時はケーキやパフェのミニサイズはいかがでしょうか。今のシーズンは冷たくて甘~いかき氷も魅力、飲み物ではカプチーノ・カフェラテなど種類豊富な飲み物も取り揃えています。皆さんも一度足を運んでいただき、ちょっとリッチな気分をCafeで過ごしてみませんか。
                                                 (記事:連携広報室)

このページのトップヘ