医療法人共和会 公式ブログ

2014年03月

 3月13日に地域の65歳以上の方を対象にした介護支援ボランティア養成講座を行いました。今回は、北九州市社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センターの方のご協力を得て、『北九州市介護支援ボランティア事業の活動者研修会』の受講と登録ができる内容としました。この事業は、65歳以上の北九州市民の方が、介護保険施設などでボランティア活動を行うことにより、活動実績に応じてポイントが付与され、そのポイントを換金または寄付することができる仕組みとなっています。

ボランティア講座

ボランティア講座2


 今回は60代から80代の方、15名の参加がありました。「これからボランティア活動をして社会貢献したい」「自分の健康を保ちたい」「いろいろ勉強したい」など皆さんとても意欲的でいきいきとされていることに驚きました。今後もこうしたボランティア育成に積極的に取り組みながら、一方でボランティアの皆様のお力を借りながら、地域に根ざした活動を続けていきたいと思います。

                                   (記事:在宅介護支援センター 看護師 A)

今週に入り、北九州地方はぐっと暖かくなり、共和会の庭の花木も一斉に芽吹き始めました。
今回はその中でも一番早く花を咲かせるものをピックアップしてみました。

DSC_0103梅です。
共和会には小梅や南高梅等を数本植えています。
いずれは梅干しを作れるようにと考えてますが、まだまだ先のようです。
写真は花梅です。





DSC_0105寒緋桜です。
桜の一種ですが、色が緋色、下向きの八重咲きとかなり変わった趣です。
もう少し暖かくなると、ソメイヨシノやカワヅザクラ等が共和会でも咲き出します。





DSC_0107パールアカシアです。
アカシアも数種類植えています。黄色の小さなボンボン様の花が長期間咲きますので、とてもきれいです。
駐車場のの横にまとめて植えていますので、華やかな雰囲気になります。
まだ6分咲きくらいです。




(記事:小倉リハビリテーション病院 事務 N)

3月6日 伸寿苑4階ではひな祭りのイベントを行いました。
職員を中心にひな祭りの由来や節句についてのお話をさせていただきました。
その後、療養者さまは桜餅と甘酒のおやつを楽しまれていました。
ひなまつり

雛あられが4色なのは四季をあらわしているそうですよ。
三人官女のうち1人だけ眉毛が無い方がいるのを皆さんご存知でしょうか?
1か月程、ひな人形を飾っていましたが、皆さん以外と気付かれておらず、確認しに見に行かれる方もいらっしゃいました。
(記事:伸寿苑 介護福祉士 S)

唐戸市場に行こうと思われている方必見です。
当法人にも「ハートフリーマップ唐戸」を設置しました。
ハートフリーマップとは、障がい者の目線から作られたバリアフリー情報地図で、「ハートフリー下関」と「唐戸市場」とのコラボレーションで完成したものです。
ハートフリー下関は、下関市の市民団体で、優しい町づくりを目指し熱誠なる活動をされております。
輝く太陽に火を放つが如く、私達の手伝いは微力ですが… 御厚意によりマップは大量で、ダンボール一箱の800枚も譲って頂きました。
マップ1
小倉リハビリテーション病院、伸寿苑、
南小倉地域リハビリテーションセンター内に設置していますので、是非ご活用ください。








マップ2〈マップの概要〉
・A3サイズ(中折り)で両面印刷
・唐戸市場とその周辺の商業施設等の情報が満載
・バリアフリー情報(エレベーター、スロープ、障がい者専用駐車場、多目的トイレの設置場所等)が掲載



(記事:臨床サービス部 T)
 

当法人で本年度から始まったゼミ活動、その中の一つ藤田ゼミは「歩くこと」をテーマにこの一年間、様々な勉強してきました。メンバーは8人、医師・看護・リハと様々な職種からなりたっていますが、月一回の勉強会と広島県福山市にある「はきもの博物館」見学、平尾台の散策等 病院の外にも出かけていきました。
そこで年度末の3月、いよいよゼミナールのまとめに入ってきましたが、その締めくくりとして「ウオーキング」を行いました。目指すは門司港レトロ(病院から18㎞)、そして下関市の唐戸市場…さらにビールと寿司…。藤田①
8人は春の気配を感じる3月1日(土)午前8時45分に病院のある篠崎を出発、片野~富野~赤坂を経由、国道3号線~国道199線と約2時間で向こう岸(下関市)が見えるところまで到着しました。普段は車で通ることもありますが、歩くと色々な景色や穴場らしきお店も発見…歩くというのはホントに素晴らしいと感じました。
藤田②
12時15分には門司港到着(所要時間3時間30分、歩数約23,000歩)、その後は渡船を使って下関市にある唐戸市場に到着、脱落者を出さず無事全員到着は素晴らしかった。
1年間共に勉強した仲間と飲むビールは格別であり、4時間近く共に歩いた仲間に労いの声を掛け合いました。季節は春…曇り空の中を我が仲間達に乾杯でした。
(記事:診療部 F)


このページのトップヘ