医療法人共和会 公式ブログ

2014年09月

9月24日、伸寿苑「敬老祭」を開催しました。本年は最高齢104歳の方を含め38名の皆様が長寿のお祝いを迎えられました。中でも喜寿、傘寿、米寿の方が多くおられ、皆様の元気な様子を拝見することが出来ました。
けいろう
今回は、ヴァイオリンとマリンバを始めとする数々の打楽器を使われる演奏家のお二人がお祝いに駆けつけて頂き会場は大いに盛り上がっていました。童謡や歌謡曲を一緒に歌う方、手拍子をされている様子も見られ、皆様楽しんでいただけたようでした。
これからも皆様に元気でお過ごし頂けるよう、精一杯お力添えをさせて頂きたいと思います。皆様おめでとうございました。
                                          (記事:伸寿苑 介護福祉士 K)

当院で言語聴覚士として働き始めて、半年が経とうとしています。現在、記憶することや自分から行動する事に難しさがある患者様を担当させて頂いています。入院当初は、笑顔も少なく、忘れてしまっている事を聞いた際にはストレスを感じて怒らせてしまうこともありました。毎日のリハビリの中で、「もっと上手くコミュニケーションがとれるようになりたい」と思うようになり、先輩方にもアドバイスを頂き、ご本人の好きな歌を一緒に歌ったり、昔の話を聞いたりと、その時その時に合わせたリハビリをするよう心掛けました。
ST次第に笑顔も増え、名前も覚えて頂き、思い出せることも増え、改めて患者様の生活背景に目をむけることの大切さに気付かされました。また、感謝の言葉をかけて下さることもあり、責任を感じると共に、私自身の活力源となり、とてもやりがいを感じています。これからも患者様との時間を大切にし、心に寄り添える言語聴覚士を目指して、日々精進していきたいです。
(記事:小倉リハビリテーション病院 言語聴覚士 M)

今年は長雨で冷夏でしたので、草木の調子もいまいち…。
去年は猛暑でやられ、今年は生育不足と庭の管理も大変です。

そのような状況ですが、共和会の敷地の中の「秋のみのり」を少しご紹介。
下の写真は今回、共和会の畑や花壇になっている果物類です。
クダモノ

収穫できたもの、これから収穫するものもありますが、いろいろ実りました。
ちょっとだけスタッフで食べてみましたが、なかなかおいしかったです。

「桃栗3年柿8年…」というように果物類は収穫までに時間がかかります。
写真に写っているものも5年くらい前に植えたものがやっと実を付け出しました。
私も共和会にお世話になって13年…、うちの木々達のように素晴らしい実を自分はどれくらいつけられるようになったのかと猛省しております。

無農薬であまり手間もかけていませんので、ちょっとしかなりませんが、散歩の途中で見つけてみてください。

最近、ちょっぴり涼しくなってきました。季節の変わり目ですので、体調には十分気をつけられてください。
                                (記事:小倉リハビリテーション病院 事務部 N)

例年実施されている介護老人保健施設(以下 老健施設)の実地研修が昨日から始まっています。これは老健施設で勤務する職員が、全国老人保健施設協会が指定した施設に入りその運営を学ぶものです。伸寿苑はリハビリテーション部門実地施設として今年は10名の皆さんが参加されています。
研修は3日間、本日午前中は施設長(リハ専門医)によるリハ回診が行われました。午後からはリハビリテーションの現場体験・訪問・カンファレンスと様々に研修が進められます。
平成24年度の改定にてどうしても在宅復帰が課題となる中で「チームで取組む」ということがテーマとなっているようです。
実地
今夜は懇親会も予定されています。19時~(当苑から)足立山方面にスーパームーンが見られるとのこと、きっと月見の楽しい宴席となることでしょう。
3日間の短い研修ですが、あと一日…皆さん頑張ってください!!
                                                                                           (記事:伸寿苑 Ⅰ)

伸寿苑の1階には水槽が置いてあることをご存知でしょうか?
十数年前より世話係として管理してきましたが、ここ数か月、諸事情により、あまり手をかけていませんでした。
そこで一念発起し、この度、水槽をきれいにしてみました。
今回は小さいほうの水槽の紹介です。

「可愛い魚がいい」との要望が多かったので、今回は金魚!しかもランチュウを育ててみます。
金魚といえば祭りの金魚すくいの和金のイメージですが、ランチュウやオランダシシガシラ、コメット等、さまざまな形や色の種類があり、また値段もさまざま。思っている以上に華やかな魚達です。
歴史もかなり古く、日本にやってきたのは室町時代。何百年の歳月をかけ、今日に至ります。奥深い世界です…。
金魚

本日、伸寿苑にやってきたランチュウは背びれがない種類ですので、早く泳ぐのがあまり得意でないです。
顔のこぶも特徴の一つですが、大きくなるに従い、もっと迫力がでてきます。
皆さんも伸寿苑に来所された際はプニプニ泳ぐ姿に癒されてください。
次回は大きい水槽をご紹介します。お楽しみに!
                                                            (記事:小倉リハビリテーション病院 事務部 N)

このページのトップヘ