医療法人共和会 公式ブログ

2015年01月

今年でPT10年目。昨年末から自称新米ママ&マタニティPTとして復帰しました!覚悟はしていましたが、仕事と育児の両立って大変ですね。こんなことを言っていたら先輩ママスタッフに気合が足りないと言われそうですが…。
 最近は妊娠9ヵ月ということもあり、お腹が目立ってきたため、患者様からも体の心配をして頂いたり、激励の言葉をかけられます。セラピストである私の方が患者様から毎日元気をもらって、本当にありがたく思います。
結婚して第1子の出産を経験してから、相手に対する思いやりの大切さを強く感じるようになった気がします。PTとして技術を提供することはもちろんですが、人とひととの関わりの大切さを忘れずに、これからもセラピストとして成長していきたいと思います!そしてまた産・育休に入りますが、無事に第2子を出産して強い母になって、再復帰したいと思います!

まま

                                                       (記事:小倉リハビリテーション病院 理学療法士 K)

ブログ管理人より…頑張れママさん達!!


職員の手作りの獅子舞が音楽に合わせて登場。職員の手を叩いて喜ばれる療養者。
手を挙げて獅子舞を呼び寄せすすんで頭を差し出して笑顔でとても喜ばれてました。
職員も療養者の笑顔と手作りの獅子舞の出来上がりに満足。

新年会

2人羽織の化粧にも挑戦しました。療養者からは「化粧は、こうやってするの。勉強しないとだめよ」と、前に出てきてレクチャー。完成した顔を見て手を叩いて笑っていたり、顔を手で塞ぎ「もう見てられない」と見ない療養者も・・・。おやつは、甘酒と紅白饅頭を食べながら「とても楽しかったよ」と笑顔をうかべ満足されていました。
今年も一年間療養者様の笑顔を一つでも多くみれますように…スタッフ一丸となり頑張っていきますのでどうぞよろしくお願いします。
                                    (記事:介護老人保健施設 伸寿苑 介護福祉士 K)

ブログ管理人の不手際にて掲載が遅くなりました。お詫び申し上げます。

昨年の1月にも「あい愛ネット小倉北」について紹介させて頂きましたが、先日1月15日小倉北区のムーブにて研修会がありましたので紹介させて頂きます。
テーマは「認知症と軽度認知障害、その予防について」 参加者は100名以上となり会場は一杯でした。病院・施設・介護事業所の他、地域の民生委員や自治会、そして役所の皆さんなど様々な人たちが参加されていました。
講師は小倉北区にある南ヶ丘病院院長の小原尚利先生、なかなかのイケメン先生…参加していた女性達の目が何となく生きいきしていた様に感じたのは私だけでしょうか。(笑)
お話しは認知症の特徴から様々な調査による学術的なお話しまで1時間でした。
あいあい今年、厚生労働省の発表では2025年に認知症者は700万人になると言われていますが、現在、軽度の認知症者を含めると800万に達しているとのこと、私達の身近な問題となっていると感じました。
先生のお話しでは「加齢によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の比較、さらには中核症状としての「中核障害」について説明がありました。この中で認知症では「近時記憶」(数分前の記憶)が低下するということが特徴であるということでした。
予防として生活習慣病「高血圧」「糖尿病」への対応にあると、具体的には運動習慣(有酸素運動)と食習慣(粗食と和食)そして頭を使う脳トレ…が大切ということでした。
これから高齢化が益々進む中…予防の重要性、そのためには“日々のくらしの仕方”の振り返りが大切と痛感したお話しでした。小原先生…貴重なご講演有難うございました。
                                     (記事:介護老人保健施設 伸寿苑 I)


皆さんは、オレンジカフェをご存じでしょうか?全国のいろいろな地域で行われていますが、今回初めて参加してきました。
参加者は南小倉地域の方が7名で当法人のスタッフが7名でした。初回という事もあり、内容も盛りだくさんでした。共和会のみなさんならご存知のF医師の一芸から始まり施設見学や、認知症のミニレクチャーなどもあり、私も脳トレをする一コマをもらって参加者のみなさんと行ないました。準備不足と盛り上げる技術不足を感じてしまいました。話術に長けた上司からアドバイスも頂いたので、次回があればリベンジしたいと思います。

オレンジカフェ

今回、自分が興味のある活動に仕事とは違う感覚で参加し、地域の方との接点をもち今後やってみたいなという活動を考えたりし楽しい時間を過ごせました。

※オレンジカフェとは認知症の人や家族、支援する人達が参加して話し合い、情報交換等を行う事を目的にしたカフェです。

                               (記事:南小倉デイケアセンター 作業療法士 M)

第1回デイケア新春将棋大会を託寿館デイケアで開催しました。
木曜日の利用者様に将棋好きが多い事もあり、法人内の3つのデイケア利用者様を対象に開催しました。
将棋1

日頃趣味が少なく、デイケアでも会話が少ない男性陣が、いきいきとした表情で会場に現れ、勝負が始まりました。
開始とともに試合会場には、将棋を指す音のみが響き、将棋大会を軽く考えていたスタッフ達は、出場者のあまりの真剣さに.....。 
将棋2
将棋大会を通して、新たな交友関係を築くことや、対局を楽しみに出かけるという今回のちょっとした事をきっかけとして、利用者様が、今後サービス以外での地域活動に繋げられればいいなぁとスタッフ間で話しました。         
                               (記事:南小倉デイケアセンター 作業療法士 M)

このページのトップヘ