医療法人共和会 公式ブログ

2015年04月

春が訪れ暖かさを感じるこの頃に咲き始めるのが“りんごの花…”。
昨年も紹介しましたが、当院敷地中央にある池の横に咲いている白い花…このりんごの花が咲く頃には皆さんが活動的になります。外での歩行練習も皆さん心なしか表情が和んでいるようです。
今年は雨続きの4月ですが、本日は久しぶりにお天気となりました。白く咲いた花も秋には甘酸っぱい実となることでしょう…楽しみにしています。

リンゴ


                                         (記事:連携広報部 Ⅰ)

通所リハビリテーションでは、心身機能へのかかわりに加えて、今まで以上に社会参加への取り組みが重要視されるようになりました。そのため、今後通所リハビリテーションでは、「興味・関心シート」を活用し、ご利用者様のニーズ調査(46項目)を行う事となりました。
3月末から4月上旬にご利用者様に調査を行いました。
ちなみに、調査は「できる、できない」ではなく、「している、してみたい、興味がある」という答えとなっています。  
 アンケート

◇してみたい項目は?(男女共通)
1位:旅行・温泉
2位:買い物
3位:一人でお風呂に入る でした。 



絵◇興味がある?
男性1位:居酒屋に行く、女性1位:映画、観劇、演奏会に行く でした

伸寿苑デイケアでは、今回の結果も含めて、集団での取り組み又は、個別でのかかわりを提供していきたいと思っています。また、第1位の旅行・温泉に関しては、5月16~17日のデイケア旅行を予定しています。今年は熊本でーす!!

             

               (記事:伸寿苑デイケア 理学療法士 O)

4月1日より連携室に異動してまいりました。入職して7年、これまでは病棟での後方連携として患者さんと対話したり、自宅訪問にてケアマネジャーと在宅復帰の準備をしたり…そんな日常が当たり前の中で思い描いていたソーシャルワーカーの仕事に専念させて頂きました。
今回の異動でこれからは前方連携を担当します。患者さんとの関わり方や立ち位置も変わってくるように思います。

連携

連携室業務では少ない情報から患者さんの状態を把握し、医師やスタッフへ適切に伝える能力が求められます。これまで得てきた医学的な知識や制度情報など総動員して対応せねばなりません。まだまだこれからが勉強…精進していきたいと思います。

                    (記事:小倉リハビリテーション病院 連携広報室 社会福祉士 K)


4月1日の入職式を経て、共和会の職員として1週間が経ちました。不安と希望・緊張が入り混じる中、新人研修を受けています。研修では臨床での見学やさまざまな先輩方から講義をいただき、私たち新人職員に共和会がどのような病院を目指し、医療人としてどのように成長して欲しいかということなど熱意を込めて教えて頂きました。
新人研修
私自身が研修の中で強く印象的だったことは、ポータブルトイレを使用しない、日中と夜間に服を着替えるなど「人としての生活する」ということに共和会全体が全力で取り組まれていることでした。この取り組みについて聞き、共和会の患者様に対する熱意を身に染みて感じることができ、これから私もその一員として患者様と向き合っていきたいと思いました。
まだまだ勉強しなければならないことが多くあるので、1日1日を大切に頑張っていきたいと思います。                
                             (記事:小倉リハビリテーション病院 理学療法士 O)

待ちかねた春がやってきました。桜、桃、菜の花等、色々な花が咲き誇り、見どころいっぱいの季節となりました。
早速、伸寿苑4階では小倉城にて花見を行いました。今年は4月に入り少し天気が心配されましたが、日頃の行いが良いのか…当日は快晴となってくれました!
空と桜の色のコントラストが最高、療養者・スタッフ共に春の空気を一杯に吸い込み気持ちのいい1日を過ごす事が出来ました。
桜の種類は様々ですが、個人的にはやはりソメイヨシノが1番ですね! 新年度、咲き誇る桜の開花の様に療養者にとっても素敵な1年となりますように…!

花見

                          (記事:介護老人保健施設伸寿苑  介護福祉士 H&N)


このページのトップヘ