医療法人共和会 公式ブログ

2015年05月

伸

伸寿苑事務室では毎月の保険請求、介護保険代行申請、各資料作り、アンケート調査や電話・窓口対応等を行っています。
私は入職して14年目に入りましたが、いまだ電話対応の難しさを感じています。相手の伝えたいことや問い合わせの内容を的確に理解し、適切な説明・対応を素早く行わなければなりません。“明るく丁寧でわかり易い”を心がけてはいますが私の伝えたいことがうまく伝わらない事もあり「日々勉強だなぁ~」と思います。
上司・同僚だけでなくご利用者様・ご家族様から学ぶことも多くあり、それを見逃さず成長していきたいと思います。これからも笑顔で明るい窓口を目指して頑張ります。

                                 (記事:介護老人保健施設 伸寿苑 事務 O)

新緑の5月、新しい仲間を迎え訪問看護ステーションの新体制が整いました。平均年齢は若干(?)上がりましたが、大人の雰囲気と若い力を融合させながら,今まで通りパワー全開で進んで行きたいと思っています。
とはいえ,若干の年齢の高い新メンバーの最初の難題は、訪問先に時間通りに無事に着くかどうかということです。一度は見習いとして助手席に乗り訪問の同行をさせて頂くのですが、いざ、一人で車を運転していくと、つたない記憶をたぐり寄せながらなんとか目的地に着くという状況です。道路工事による通行止めに遭遇すると目と鼻の先に訪問宅が見えながら迂回をしいられるという悲しい事態に・・・。もう頭の中はパニックです。地図と番地を見比べながら右往左往、やっとの思いで到着しホット胸をなで下ろしたことも二度や三度ではありません。

訪問看護

そんなこんなで1ヶ月が過ぎ、新メンバーも少しずつ患者様へのケアにも慣れ、スタッフ間で患者様に最適な看護を提供するためにはどのような支援が良いだろうかと語り合えるようになってきました。5人体制の小さなチームではありますが、全員の協力により大きなパワーとなれるように、そして患者様、ご家族が地域の中で健康で,心地よくイキイキと過ごされることを目指して日々努力して行きたいと思います。

                               (記事:南小倉訪問看護ステーション 看護師 M)

私ども法人では季節ごとの機関紙(年4回)を発行しています。
この度、春号がようやく出来上がりました。訪問リハビリテーションの紹介や昨年から実施している“オレンジカフェ”活動等を掲載しています。各関係機関に間もなくお届けできますが、当ホームページ“iマガジン”にも掲載しますのでご覧ください。
ケアライン
季節はずれの台風6号が日本列島近くを縦断していきました。今年も異常気象の気配を感じますが、皆様季節の変わり目…ご自愛ください。
                                    (記事:医療法人共和会 連携広報部 I)

母の日会

母の日である5月10日 伸寿苑ではささやかですが、母の日会を行いました。
ご家族からのメッセージと一緒に女性療養者の方へ感謝の気持ちを込めてカーネーションを贈らせていただきました。
メッセージに涙を浮かべられる方も多く、ご家族との絆とそれぞれの想いを感じることができ、とてもやさしい穏やかな空間になりました。
おやつには、ロールケーキやババロアを準備、皆さん笑顔でした。
来月は父の日会を予定しています。

                            (記事:介護老人保健施設伸寿苑 介護福祉士 S)

先日フィットネスデイケアにて、イベント食がありました。
メニューは『串揚げバイキング』。
エビ・ヒレカツ・なす・タラの大葉巻きなど計8品から、みなさま好きな物を選び、
特製ソース、味噌だれなど、お好みの味で召し上がっていただきました。
卵アレルギーの方にも対応した物を出して頂き、みなさんとても喜んでおられました。
終わってみれば、串入れは入りきれないほど・・・
午後からの活動もいつも以上に熱心に取り組まれる方、満腹になって眠気におそわれる方・・・それぞれ満足した様子で過ごされていました。
3ヶ月に一度イベント食がありますが、曜日は順番に回っています。次回はどのようなメニューで開催されるのか、利用者様、スタッフ一同楽しみに待っていたいと思います。

串揚げ

                              (記事:南小倉デイケアセンター 介護福祉士 K)

このページのトップヘ