医療法人共和会 公式ブログ

2016年05月

桜島の壮大な姿が目の前にある城山観光ホテルで第17回介護老人保健施設九州ブロック大会が開催されました。総参加人数1100人余り。研究発表は2日にわたりケアや管理運営に関する内容が多く、我が伸寿苑も介護副主任の3人が看取りケアに関する発表をしました。

老健ブログ1老健は在宅復帰を目指す傍ら施設での看取りを推奨されています。看取りに関する研究発表も多く、最期の時をどのように過ごしてもらえば良いか療養者および家族をもケアするあり方を考えさせられました。
さて、今回は女ばかりの学会参加。色気より食い気が勝り、黒豚しゃぶしゃぶに始まりさつま揚げ、白くまくんアイスとハードスケジュールの中、名物と言われる食べるものだけは制覇してきました。今回の発表にこぎつけるまで時間と労力を要し、発表ともなるとドキドキで眠れず緊張しましたが、ケアの質を向上とともに学会参加等を通し改めて自らのケアのあり方を振り返る良い機会でした。そしてほんの少し土地の名物を堪能。楽しく学びの多い二日間でした。
老健ブログ2








(記事:介護老人保健施設伸寿苑(Z))

5月25日、伸寿苑ナイトセミナーが行われました。今月は、5月25日~5月31日が「脳卒中週間」という事で「脳卒中を知ろう!くらしにつなげよう!」というテーマで、利用者様と勉強会を行いました。
まず、「脳卒中とは?」という病気について説明し、その後「脳卒中の予防」についてくらしの中で、気をつけねばならない事や、日常生活で出来る事などについて記された10か条を紹介しました。(10か条は日本脳卒中協会参照)
ナイトセミナー
内容は「手始めに 高血圧から 治しましょう」、「高すぎる コレステロールも 見逃すな」などの、わかりやすいキーワードとなっており、参加利用者の方々も日々のくらしを思い返されたようで、うんうんとうなずかれていました。
「不整脈」のキーワードの際は、参加者全員で自身の脈拍を探し測ってみました。「84あったよ!」とすぐに返答をくれた利用者さんもいました!アルコールの内容の時は、特にみなさんの興味が湧いたように思いました(笑)。
今回のナイトセミナーも、参加者のみなさんの熱心さと、和気あいあいとした雰囲気の中、終了しました。今後伸寿苑のくらしの中でも、また在宅に帰られた後のくらしでも、もっと元気にイキイキと笑顔ですごしてもらえる様、日々の会話から健康に関するくらしの情報・出来る事など、自分達介護からもっと発信していこうと思います。
(記事:伸寿苑 介護福祉士 K)

風薫る5月になりホントに過しやすくなりました。そんな雰囲気の中、先日より伸寿苑では寿司バイキングが行われました。本日のネタはエビ、タマゴ、マグロ、サーモン、穴子…調理職員がその場で握った寿司は格別の様でした。皆さん楽しいひと時を過されておりました。

お寿司バイキング


(記事:連携広報室I)

先日、「筍の会」が開催されました。新年度になって第1回目の集まりでしたので、会長および副会長選挙を実施しました。残念ながら立候補者は出ませんでしたが、前副会長の鶴の一声で若手会員のお二人に白羽の矢が立ちました!今年度の会の活動をグイグイ引っ張って頂けそうです^^)/ 後半は、お皿への絵付けを行いました。ご家族の方も参加され、ご家族同士のコミュニケーションも増えたようでした。筍の会では、来る5月28日に行われる「小倉リハビリテーション病院 第1回地域交流会」での、失語症についての啓蒙活動を企画しています。失語症についての説明やリーフレットの配布、患者会の紹介などを行います。皆さんが絵付けしたお皿はこのとき展示させて頂く予定です。ぶろぐ
                              今年度は活動の充実を目標に本格的にプロボノ活動として始動することとなりました。活動を支援して下さるプロボノスタッフ「筍の会サポートメンバー」も順調に集まっています。会の名前に負けないよう、一節一節力強く発展できるよう、メンバー一同支援していきます。   

                    (記事:小倉リハビリテーション病院 臨床サービス部 言語聴覚士K)

このページのトップヘ