医療法人共和会 公式ブログ

2016年07月

みなさん、夏バテはしてないですか?

梅雨が明けこれから本格的な夏がやってきました。

共和会では毎年この時期に職員の健康増進計画の一環として病院の畑で収穫したトマトが職員食堂にて提供されます。

赤・オレンジ・黄色と新鮮で甘いトマトが勢ぞろい☆
自然と、育てていただいた職員の方に感謝しながら美味しく頂きました。
とまとの日

暑い日が続きますが、体調管理に気を付けてこの夏を乗り切りましょう。

記事:連携広報部 S

皆さん、かかりつけの歯科医院がありますか?

お口の中にトラブルを抱えていると、お食事や冷たいビールが楽しめないだけでなく、気分も沈んでしまうと思います。

入院時にお口の中を見せて頂くのですが、お口の中の環境が整っている方の多くは、かかりつけの歯科があり定期的にメインテナンスに通われていることが多い印象です。

そんな、日頃から皆さんに定期的な歯科受診をお勧めしている私ですが、小さいころから通い続けていた歯科医院が閉院してしまい、新しいかかりつけの歯科を見つけられないままでいます。

さらに、じつは私自身小さいころから歯科が苦手でした…。
見ず知らずの人に、大きな口を開けて何をされるか分からないという恐怖…。

歯科衛生士のつぶやき写真


なので、患者さんの「歯医者、苦手なんよね。」とおっしゃる気持ちがよ~く分かります!!
勉強して、経験を重ね治療の流れや内容はわかっていても、やはり治療となるとかなり緊張します。

だからこそ、いかに不安や緊張を軽くして歯科受診をしていただくか。永遠のテーマです。

食事や歯磨きの際、ちょっと気になるから相談してみよう。そんなふうに気軽に声をかけて頂き、歯科へのはじめの一歩を踏み出すきっかけにして頂けるような、信頼される歯科衛生士でありたいなと思うのです。

記事:歯科衛生士H

7月2日(土)に南小倉市民センターにて『オレンジカフェ』が開催され、約15名の地域の方々が参加してくださいました。
顔なじみの方々と定期的に集まり、カフェの様に談話することを目的に月に一度行っています。

今回は、「回想法」を行い、昔話に花を咲かせました。

「回想法」とは、過去の懐かしい思い出を語り合ったり誰かに話したりすることで脳を活性化させる心理療法の一つです。また、長く続けることで認知機能が改善するという効果も期待できると言われています。

昔の女優や建物等の写真で行いましたが、参加者様同士やスタッフとの会話も弾み、懐かしむ様子も見られました。
オレンジカフェ

昼食時も、参加者様とスタッフとは仲良く談笑され、また普段の生活の様子についてもお聞きしながらさらに会話は弾み、楽しい時間を過ごしました。

ご参加くださいました地域の方々は皆様笑顔で帰られ、とても充実した会となりました。

(記事:3階病棟 作業療法士Y、K)

先日、今年度2回目の「筍の会」が開催されました。まずは、2ヶ月ぶりの集まりでしたので、お互いの近況を報告。会員の方のサポートで、初参加の方も打ち解けるのに時間はかかりませんでしたね。

今回は、出前講座として、理学療法士による【転倒予防】と作業療法士による【脳トレ】について、実技を交えた講義を受けました。
筍の会1

転倒が多いのは意外と自宅であることに驚き、脳トレ体操では皆さん元気な歌声とともに体を動かされ、充実した時間を過ごされたようでした。

後半は、会員の方々、ご家族、スタッフ一同で、うちわ作りを行いました。シンプル系、芸術系、お笑い系(?)などの個性あふれるオリジナルうちわが出来上がりました。
2筍の会

次回は、来月行われる当院の夏祭りへの出店です。
例年、会員の皆様は売り子として大活躍されます。本日作成したうちわを持参し、商売繁盛といきましょう!!

記事:小倉リハビリテーション病院 臨床サービス部 言語聴覚士K

入職して早くも3ヶ月が経ち、まだまだ不慣れな点が多々ありますが、先輩方に頼りながら日々の業務に取り組んでいます。

3ヶ月の中で印象に残っているのは、新人研修の一環で行った車いす体験です。

実際に乗ったのは始めてで、動かなかったり、思っている方向に進まないなど驚きの連続でした!患者様の目線にたち、患者様の気持ちを少しでも理解できるようにと、車いすの実体験が出来たことは本当に有意義であったと思います。
事務職員のつぶやき

今回の研修では患者さまと直接お話しできる機会は多くはありませんでしたが、事務職員の立場として、患者様とどのように接していくのか、どのような支えになることができるのか・・・

時間はかかるかもしれませんがこれから少しずつ自分なりの方法を見つけていきたいと思っています。

日差しの強い汗ばむ季節となりましたが、体調にも気を付けて頑張ります!!

(記事:事務部 会計課O)

このページのトップヘ