医療法人共和会 公式ブログ

2016年09月

9月17日~9月18日でデイケア旅行に行ってきました。利用者さんの思いが届いたように、出発時は晴天に恵まれました。

1日目は、唐津ロイヤルホテルに宿泊。大浴場での入浴で温まった後は、宴会にて美味しい料理とともに、久しぶりにお酒を楽しまれた方もいらっしゃいました。

各デイケア利用者による余興は、皆さん緊張しながらも練習の成果を発揮され、大いに盛り上がりました。

カラオケ大会では、会長、院長はじめ当院幹部職員の歌声の披露となり、最後は“上を向いて歩こう”を参加者みんなで大合唱しました。
image2

2日目は、雨のため太宰府観光には行けませんでしたが、
九州国立博物館・はねや総本家での昼食という工程は敢行することができました。

皆さん、おなか一杯に食事を満喫し、お土産をたくさん抱えて帰路につきました。

今回の旅行を目標にリハビリを頑張られていた利用者さん、
病後初めてご家族と離れて過ごす利用者さん、
昨年旅行に参加できなかった利用者さんなど、
皆さん様々な思いでこの旅行に参加していらっしゃいます。

今回のことが、少しでも自信に繋がり、明日からの活力になれば嬉しく思います。
スタッフとしては、皆さんの笑顔に元気をもらった二日間でした。楽しい時間をありがとうございました!

(記事:社会福祉士K)

毎月第一土曜日に開催されている『オレンジカフェ』に初めて参加させて頂きました♫

初めての参加で緊張していましたが参加者の皆様とクイズや昔の写真(小倉の街並みなど)を見て楽しく談話させて頂きました。
こくらの町

知らない事ばかりで様々な事を学びました。昼ごはんも一緒にお弁当を食べながら、
熱中症や脱水など体調の変化がないかなど雑談から健康についてのお話をたくさん聞く事ができました。
定期的に集まる事で地域の方と関わる事ができ充実した日々が送れると思いました。

※写真は1階外来前に掲示している写真です♪

(記事:臨床サービス部 看護師S)

当苑では、年に4回イベント食(バイキング)を行います。
各病棟・療養棟・デイケアですべて実施できるよう3か月かけて行っています。

今年は1~3月におでん、4~6月は握り寿司を行い、現在は麺バイキングを実施中です。
こちらは先日伸寿苑デイケアで行ったイベントの風景です。
イベント食 ブログ用
そうめん、冷やし中華、海老天ぶっかけうどんの三種類を選んでいただき、おかわり自由としました。たれも、中華だれ、ごまだれ、めんつゆの三種類から選んでいただきます。
さらに具を追加してトッピングすることもできます。
イベント食 ブログ用2
今回のイベントでは事前に何度も栄養科内で試作・試食を重ねました。
トマトは湯むきしたり、海老天のしっぽを外すなどして軟菜食(硬いものを外した食事)の方でも食べれるよう検討を重ねました。


その甲斐あって、みなさん、たくさんおかわりされとても喜んでいただくことができました。

(記事:伸寿苑 管理栄養士Y)

9月12日(月)に藤田ゼミⅣ期生メンバー7名で、リハビリロボットの見学を目的に、小倉北区にある安川電機・開発研究部を訪問しました。


藤田ゼミ集合写真

昨年の訪問時からリニューアルされており、今回は高度な世界最先端の機器が展示され、産業自動化を主目的とした内容でした。

内容が高度過ぎて驚きが先に立ち、理解困難なものも多くありました。


一通りの見学と、短い講義の後、「足首アシスト装置」「上肢訓練装置」について実際にデモを体験させて頂きました。

すでに市販されているもので現在は厚生労働省からの補助金制度があり、安く購入できるとのことでした。

その他にも下肢運動療法装置、ReWalk、移乗アシスト装置などが市販されているとのことでした。

まだ研究段階ですが屋内移動アシスト装置についても紹介を受け、活発な討議がなされました。


藤田ゼミ 安川電機

あっという間の2時間で、有意義な内容であり、身近な場所に世界最先端の技術現場があることに感銘を受け、今後も勉強・交流の場を持つことを期して帰途につきました。


(記事:小倉リハビリテーション病院 顧問医師F)

台風の状況によっては中止の検討も行われていたデイケア旅行。
出発前は汗ばむほどの晴天に恵まれました!!
今回は、唐津旅行 ~自然豊かな潮騒の街唐津と歴史かおる大宰府を巡る旅~
となっております。

出発前の健康チェックも終了し、皆様笑顔でバスに乗り込まれました。

デイケア旅行出発前

唐津ロイヤルホテルでの入浴に宴会、明日は九州国立博物館見学にはねや総本家でのショッピング♪
雨が懸念されますが、皆様の笑顔で雨雲も台風も吹きとばしてきて下さい!!
留守番の私はてるてる坊主をつくりますね!!

それではいってらっしゃーーーい!

記事:連携広報部B

このページのトップヘ