医療法人共和会 公式ブログ

2018年08月

8月も残すことろあと10日。
朝晩は涼しさを感じれる日も出てくるなど、徐々に季節が移り変わっていきますね。

さて、夏真っ盛りの時期の発行を目指していた、ケアライン夏号!!
若干の遅れとはなりましたが、無事に発行することができました。
IMG_8004

表紙の砂浜は若松のビーチです。下のスイカと相まって夏らしい表紙となりました。

メインテーマは当院のリハビリテーション科専門医の特徴を河津副院長にレポートしていただきました。

ホームページのiマガジンからも見れますので是非ご覧ください。

http://www.kyouwakai.net/imagazine/careline/pdf/careline_40.pdf

記事:連携室B


平成30712日、北九州市八幡東区にある槻田中学校2年生93名を対象に、認知症サポーター研修が行われ、ボランティアとして当法人から17名参加をしました。
当日のタイムスケジュールを簡単にご紹介します。

内容

①認知症を理解するビデオ上映

②医師による認知症についての講話

・認知症の基礎知識

③共和会の劇団員による 寸劇 

「認知症のおばあちゃんに対する関わり方を考える劇」

④グループワーク

テーマ:「家族が認知症になったらどうする?」

発表と総括

⑤認知症サポーター オレンジリング授与

 

 

 

 

 

 

 

 

 





当法人のスタッフが、中学校へ研修のお手伝いに行くことは今回が初めての試みです。

「認知症になってもその人らしい暮らしを。」

そんな想いを、私たちが年齢を問わず、たくさんの年代の方に表現できる段階まで成熟しているか、若干の不安がありましたが、学生のみなさんは真剣に取り組んでくれました。一生懸命やってよかった!

後日、お礼のお手紙が届き、一人一人の感想を拝見しました。

「認知症について学ぶことができてよかった」、 「自分の親が認知症になっても優しく寄り添いたい」

など、心が温かくなる感想をいただきました。

図1

14歳の皆さんに、「認知症」を考える機会を提供するお手伝いができたことは、
私達が暮らす地域にとって、たいへん有意義なものとなったのでないかと感じています。

 

記事:作業療法士 O

8月3日(金)一日看護体験を行いました。
参加してくれたのは小倉南高等学校の3年生2名、2年生2名、1年生3名の7名。
10時に病院に来た高校生7名はがちがちに緊張していました。

最初に軽くオリエンテーションして、病院内の見学案内後に、各病棟での体験を始めました。
病棟では、血圧測定や模擬採血、車椅子体験 ストレッチャー移動 とろみつき水分体験 
配膳や食事介助など様々な体験をしました。

朝の緊張も徐々にほぐれて笑顔も見られるようになり、バイタル測定の難しさや
車椅子やストレッチャーに乗る立場になると、思ったより怖いなど看護者や・患者さんの気持ちがわかったようでした。

Cafeで昼食後、午後からは意見交換会を行いました。
高校生から『看護は患者さんの身体だけでなく心のケアが大切なんだ』
『患者さんの思いに添ったケアがすごかった』など短時間でそんなすごいことを感じてくれたのかと思うような意見がたくさんありました。

高校生は、病院という慣れない環境で、きっととても疲れたと思います。
みんな来てくれてありがとう!!
そして、すてきな看護師さんを目指してくださいね。

看護体験

8月になり、毎日毎日暑い日が続いていますが、皆様体調など崩されていないでしょうか。
私たち新入職員も熱中症や脱水に気を付けながら頑張っています。

リハビリテーションで患者さまに入院前の生活に戻るお手伝いをさせていただく以上、
職員である私たちが元気であることが第一条件だな・・・と感じる今日この頃です。

そんな中、地域のイベントを盛り上げるお手伝いをさせて頂くため、スタッフはある活動に取り組んでいます。

それは、8月5日に開かれる「わっしょい百万夏まつり」の準備です。
業務終了後スタッフが集まって踊りの練習をしています。
IMG_9658

実際に踊ってみて思った以上に踊りが難しく、なかなか覚えられず苦労しています。

新人職員にとっては全員参加で盛り上がれる数少ないイベントの1つです。

楽しみの反面、不安もありますが、小倉リハビリテーション病院の法被を着て参加するからには、
自分たちらしい元気な踊りでしっかり共和会のPRもできればと思います。

たくさんの仲間たちと共にわっしょい百万夏まつりを盛り上げます!

出番は8月5日の19時ごろ!!
KRの法被をきた私たちをお見かけの際はぜひお声かけください♪

記事:グループワーク7班 作業療法士U

テクノ①毎日暑い日が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか?
今日ご紹介する商品は、『ファミカ・シューヘルパー』です。
なんと、立ったまま靴の「脱ぎ」・「履き」をサポートしてくれる、今まで有りそうでなかった靴べらのような道具です☆
カラーの種類も豊富で「ブラックグリーン」「ブラックレッド」「シルバーブラック」「シルバーブルー」が有ります。
自立式の道具のため、玄関の隅に置いておくと便利です。

   


クツベラ

【使い方】
靴のフチやかかとにU字部分を引っ掛けたりはめ込んだりして押さえます。持ち手が長いため、立ったまま脱ぎ履きできます。

股関節の人工関節置換術を受けてすぐの方や、大腿部頚部骨折により屈んだり立ち上がる動作が難しくなった方やご高齢の方、他にも妊娠中の女性にも良いかも☆


ひっくり返すと、靴べらになります。

ファミカ・シューヘルパー(株)竹虎 税抜¥3,000-





立ったまま脱ぎ履きできるロングタイプのほか、腰掛けた時に使いやすいショートタイプも有ります!
テクノエイドセンターには立ったまま脱ぎ履きできるファミカ・シューヘルパー(シルバーブラック)を展示しており、実際に使っていただくこともできます♪

テクノ3

どうぞ、お気軽にお問い合わせくださいね☆

南小倉テクノエイドセンターTEL:093-581-0735 
営業時間:月~土(祝日除く) 9:00~17:30

このページのトップヘ