満開の桜とともに平成30年度が始まり、当法人に52名の新入職員が加わりました。

図1


4月2日には入職式が行われ、新入職員の緊張した面持ちに
先輩職員も自然と背すじが伸び、初心に戻ってのスタートを切っています。

入職式では、浜村会長・梅津院長からの新入職員へのお願いとして

・社会人として常識ある行動をとれるようになってほしい

・専門職としてのスピリット(いわゆる魂)を大事にしてほしい

・常に主体的で自立心をもって取り組む事を忘れず頑張って頂きたい

・スキルをアップしていくこと、専門職として常に研鑽して頂きたい

とのメッセージを頂きました。


医療人として障害や病気をもつ患者様に寄り添うことの大切さを感じて欲しい。
そして社会人としてスタートした職員たちに

「しっかりとした挨拶をする」

「約束を守る」

「くじけない、まけない、あきらめない」  

といった頑張れのメッセージを頂きました。


新年度も共和会一丸となって盛り上げていきます♪

記事:伸寿苑通信(職員への連絡紙)より一部抜粋