共和会では、全職員を対象とした研修が行われています。

現在は実技を中心としたBLS講習が実施されています。
人数も全員が実技をするために20人以下の少人数単位の他職種合同で行っています。

BLSとは呼吸が止まり、心臓も動いてないとみられる人の救命へのチャンスを維持するために
特殊な器具や医薬品を用いずに行う救命処置の事であり、運転免許を取得の際には
自動車学校でも講習があるなど、比較的身近な処置法ですね。

今回の参加者も一度は講習を受けたことがある人ばかりではありましたが、
胸骨圧迫とアンビューを使った心肺蘇生法(CPR)とAEDの使用に関して一人ずつ実技にて再確認しました。

IMG_9415
IMG_9410

備えあれば憂いなし

今回の講習内容を実用する際はその処置が命に係わる緊急事態です。
職種の枠にとらわれず、真剣に取り組むべき有意義な研修でした。

記事:事務B