キルギス ニュース

キルギス共和国の最新ニュース:経済、社会、国家、文化、日常生活などなど。

大統領オティンバエヴァとアジアゲーム参加者のミーティング。

アキプレッススポーツー大統領オティンバエヴァさんはアジアゲームに参加する選手の送別会で発表しました。アジアゲームは11月12日から27日まで行います。
ot

大統領によってレスラーとボクサーと陸上競技者は金メダルを得るのは良き伝統になって来ました。オティンバエヴァさんは“選手は別のスポーツでも金メダルを得て夢見ています”とコメントしました。
ot3

 また、金メダルを獲得した者のうち、大統領は、空手や柔道に追加しました。
オティンバエヴァ大統領は「政府はスポーツに大きな注意を払うようにしようとする」とお知らせました。
ot2

 演説では国家元首によると2010年にはキルギスの人々は15の国際大会、17のワールドカップ、17の世界選手権と9のアジア選手権に参加して37金メダル、銀メダル、75ブロンズメダルを得ました。
ot1

レスリング連盟会長アビルダエフベイシェンによって今後の大会で、レスラーは以前の結果を繰り返すようにしようとします。前のアジア大会で、彼らはグレコローマンレスリングで3のメダル、女子レスリングで1のメダル、レスリング2のメダルを獲得しました。
oot5


キルギス対日本 【キルギスニュース】

 futsal2010

 本日5月27日、タシケント市でアジアフットサル選手権(ASIA FUTSAL CHAMPIONSHIP)の準決勝に進むためのキルギスフットサル混成チーム対日本チーム試合が行われる。優勝チームは、イラン対レバノン試合の優勝チームと対決する。


27日に行われる準々決勝の試合:
タイVS中国
日本VSキルギス
ウズベキスタンVSオーストラリア
イランVSレバノン

  準々決勝の試合が始まる前にAFC公式サイトで日本チームとキルギスのチームについて次のような分析が載せられた。「アジアフットサルでは日本チームはイランチームにしか負けない。日本チームがこそイランチームに勝ち、選手権で優勝したことがある。その試合もタシケント市で行われた」。
 試合については、日本チームの監督であるミゲル・ロドリゴが「私はキルギスチームには敬服します。相手の監督の頭にはタクチックな計画が多いと思います。キルギスチームは毎回新しいタクチックを応用し、相手にたくさんの困難を与えます。ですから、非常に難しい試合を予想できます」とコメントした。
 それに対しキルギスチームの監督アミルジャン・ムカノフは「日本チームとの試合は私たちにとって重要な試合だとわかっています。現実的に考えると、相手の方が優秀であることも認めます。しかしそれは準決勝に進むことをあきらめるわけでもありません」とコメントした。


詳細ページ

国連の援助

5月24日キルギスの首都ビシケク市における国連とキルギス臨時政府の会談時、国連がキルギスに12百万ドルを援助するということが協議された。
臨時政府の報道部によると、国連の援助は次の分野に支出される。
― 40万5千ドルは食料・農業組織方針で、8千以上のキルギス農家にに肥料を購入する。
― 25万ドルは世界健康組織方針で、クーデターの500人の被害者の治療にあげられる。
― 16万1千ドルは世界食料方針で、子供施設に緊急救済を行う。
― 9万3千ドルは900人の避難者に食料や衛生材料を購入するために使われる。

詳細ページ

「最後のベル」 【キルギスニュース】

 今日キルギスでは学校の卒業日。キルギスの学年は9月1日から5月25日までとなっている。このひは学校生活では一番大事な日である。9月1日には新学期が始まり、「知識の日」とも呼ばれる。それに対し5月25日は、学校生活の終わりを示す。この日に、生徒たちが学校を卒業し、新たな世界の入り口に立つ。11年も一緒に楽しく学校生活を送ってきたクラスメートやいろんなことを優しく教えてくれた先生たちとの別れの涙、将来への不安と同時に強い希望・・・これから歩んでいく人生の初歩となるこの日は一生忘れないだろう。5月25日の思い出はキルギス人誰でも大切に心の奥でしまいこまれている。
 5月25日は普通「最後のべる」と呼ばれており、卒業式では卒業生の男子生徒が一年生の小さい女の子を肩に乗せて、女の子はベルを鳴らす。この「最後のベル」は学年の終わり、卒業生には学校時代の終わりを示す。
 今年も、4月の悲しい事件にもかかわらず、「最後のベル」は生徒たちを喜ばせてキルギスの各学校で響き渡る。今年はキルギスの2188学校で7万6千人の生徒が卒業する。そのうち、大学に入学するに特権を与える3千人が、大学に入学するに特権を与える特別な卒業証をもらえる。

詳細ページ

キルギスの臨時大統領 【キルギスニュース】

臨時政府長であったロザ・オトゥンバエワ様が1年半間臨時大統領として勤めることになった。これは臨時政府で決められ、南キルギスで起こった紛争を防ぐために必要な手段であった。それにロザ・オトゥンバエワ様が次の選挙に立候補できないという条件がある。合法的な臨時大統領になることは6月27日に行われる全キルギス国民投票で決められる。

詳細ページ

キルギス臨時政府の活動 「キルギスニュース」

キルギス臨時政府が管理人材育成を始める。今日、臨時政府が新しい公務員や管理人を招集するプログラムを可決した。
このプログラムの範囲内で何千人の教育が行われる。多くは下級管理人と中級管理人、残りは上級管理人の育成が行われる。
「新鮮な」人材の教育を今夏の7月10日から始める予定。その日まではプログラムの参加者の募集を行う。

キルギス臨時政府の法令により2010年4月6−7日に死亡者の家族や傷害を負った人々のに補償金を支払われる。
今まで死亡した85人のうち78人の家族が同時にそれぞれ100万ソムずつ補償金をもらった。傷害を受けた人たちには、傷害の程度によって5万ソムから10万ソムまでの補償金が支払われる。


詳細ページ

詳細ページ

キルギスのサイクリングスポーツシーズンを開催する「ビシケク −アラ・アルチャ」自転車レース【キルギスニュース】

4月25日「ビシケク市−アラ•アルチャ公園」コースで自転車レースが行われ、サイクリングスポーツの新しいシーズンが開催されました。
レース参加者が50人以上で、その中でプロの競輪選手だけではなく、普通の自転車愛好者もいました。
ビシケク市からアラ•アルチャの登山キャンプまでの42キロの距離をやってのけるのに5時間ぐらいかかりました。途中で休憩もしました。
海抜2100メートルにある登山キャンプまで自分で登れなかった人は自動車に引っ張ってもらいました。自転車愛好者のサディバカソフは「上り抜が大変きつくて、初心者の多くは登れなくなりました。」と言っています。自転車で転倒した人がいましたが、無事でした。
キルギスマウンティーンバイク連盟長のウラジミル•モズグノフによると、イベントの目的を達成することが出来たそうです。「みんなチャレンジをして、レースを楽しんだと思います。ゴールまで自分で行けなかったひともあれば、ゴールに入った人もいたが、みんな自分の実力を知りました。参加者のみなさん、お疲れ様でした!」と連盟長が言いました。

1272266071_vell-86


















1272266022_vell-58

























1272266176_vell-105



キルギスにおけるクーデター 【キルギスニュース】

2010年4月7日に政府に不満を持ったキルギス国民がキルギスの各州に大衆集会を催した。大衆集会は主にキルギスの首都ビシケクで行われた。
国民が大統領の辞職を求めた結果、キルギス大統領バキエフは4月15日に辞表を出した。政権はキルギスの野党の移り、6ヶ月有効の臨時政府が形成された。
元外務大臣、1993-94年に駐アメリカ合衆国・カナダキルギス大使、1997年にイギリス駐キルギス大使であったロザ・オテゥンバエワが現在臨時政府長として活動している。
臨時政府の仕事により、国の状況が安定されており、議会制の導入が予定とされている。



キルギス競輪選手がアジア選手権で銅メダル獲得

 キルギスのワッケル競輪選手がアラブ主調国連那のシャルジャー市で行われているアジア選手権大会で銅メダリストになったことを、4月12日キルギスのサイクルスポーツ連盟が報告した。エフゲニ・ワッケルは個別スタート個人競走で43キロメートルを54:26:07で乗り抜け、銅メダルを獲得した。金メダルはカザフのアンドレイ・ミズロフが獲得、銀メダルはイランのフセイン・アスカリが獲得。
 トレーナーのエルケン・アクラモフによれば、個人競争にはアジアの24カ国から最多数の競輪選手が参加したという。参加者が多かったのは、アジア選手権はアジア競技の前のゲネプロであるからだ、とアクラモフ監督がいった。


詳細ページ

キルギスで国際文化プロジェクがトスタート

 キルギスで「女の政治家」という国際文化プロジェクトがスタートする。プロジェクトの作成者はキルギスの有名なテレビ司会者・デザイナーのアッソル・モルダクマートワである。
プロジェクトの内容はキルギス、ロシア、カザフスタンの女の政治家のためにブランド服のコレクションを作成することである、とモルダクマートワが4月5日AKIプレスの記者会見で発表した。コレクションはロシアの国会、さらにキルギス、カザフスタン、モスクワ、サンクト・ペテルブルグで紹介される、という。
このイベントは上述の諸国を合同する要素となる、と作成者に期待されている。プロジェクトの参加者である女の政治家のために作られるビジネス・スーツやワンピースはキルギス伝統的なスタイルで作られるという。
プロジェクトにはキルギス、ロシア、カザフの女の政治化が15人参加する。

В Кыргызстане стартует международный культурный проект Ассоль Молдокматовой "Женщины в политике"




ニュース詳細ページ
livedoor プロフィール
楽天市場
TagCloud
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ