Web Store:https://chrome.google.com/webstore/detail/hbdpomandigafcibbmofojjchbcdagbl

Chromeアプリ:TweetDeck

タイムラインや返信(リプライ)、ダイレクトメッセージなどを一度に表示できる(マルチカラム)が人気のTwitterクライアント「TweetDeck」のChrome専用WEBアプリケーション。利用にはTweetDeckのアカウントを作成する必要がありますが、試しにアカウント無しでも使う事ができます。

アカウント無しで利用するには、起動直後に表示される画面で『Get strated without signing in』を選択します。すると実際のTweetDeckの画面が表示されるので、左下の『Add Acount』をクリックし、Twitterのアカウントを追加(利用できるように)する事ができます。
ちなみにTweetDeckはTwitter以外にも、FacebookやGoogle Buzz、Foursquareも利用できます。

起動画面↓
Chromeアプリ:TweetDeck(起動画面)

起動画面(拡大)↓
Chromeアプリ:TweetDeck(起動画面、拡大)

アカウントを追加↓
Chromeアプリ:TweetDeck(アカウントを追加、拡大)

日本語化されておらず、基本的に英語なので少し抵抗があるかもしれませんが、人気のTwitterクライアントだけあって、使い勝手は結構良いです。特にTwitterやFacebookなど。「対応している複数のサービスを同時に使いたい」と言う人には、選択肢の一つになるかもしれません。

なおこのアプリを追加すると、拡張(エクステンション)管理画面に、このアプリがエクステンションと同じように追加されます。それを無効にすると、エクステンションと同じく使えなく(起動できなく)なります。またアンインストールすると、アンインストールされてしまいます。

PS:
実際使っているところを見たい方は、Web Storeのページにも貼られている以下の動画をご覧ください。 



あとTweetDeckは、Chrome WEBアプリの他に、Adobe AirやiPhone・iPad、Androidアプリ版などもあります。

mixiチェック