Chromeエクステンション ナビ

Google Chromeのエクステンション(拡張機能)について書いているブログ。テーマやアプリについても記事を書いています。(※更新終了)

ドメイン情報

Whois+

試用バージョン:1.0.6
公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/hgianobnhihheemabgnceacchchomijo

Chromeエクステンション:Whois+(拡大)
現在表示しているWEBページのドメイン情報やDNSサーバーの情報などを確認できるエクステンション。メールアドレスやを Ping URLを入力してチェックする(?)機能もあるようです。またチェックに利用するサービスは複数用意されており、オプション設定画面で変更する事もできます。

この種の事についてあまり詳しくないので、曖昧な表現になってしまいましたが・・・・・以前紹介した同様の機能を実現するエクステンション「META SEO inspector」よりも機能が少なくシンプルなので、ドメイン情報等だけをチェックしたい場合は、こちらの方が使いやすいかも。

META SEO inspector

試用バージョン:1.7
公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/ibkclpciafdglkjkcibmohobjkcfkaef

現在表示してるWEBページのメタ情報を表示する他、「nofollow」属性(※検索結果に反映させないようにする設定)が付与されているリンクや"訪問済み"のリンクを視覚的に強調したり、そのページのドメイン(URL)の様々な情報を、色々なWEBサービスで確認できるエクステンション。


1.メタ情報:

まずはメタ情報について。 ポップアップ内の「toggle info-box」にチェックを入れると、WEb表示領域の右下に、メタ情報を表示したポップアップが表示されます(※デフォルトでは表示する設定になっています)。
以下の画像は、このブログ(Chrome エクステンションナビ)のトップページでメタ情報を表示させたところです。

Chromeエクステンション:META SEO inspector

Chromeエクステンション:META SEO inspector(拡大)2

なおこのポップアップは、常にWEB表示領域右下に最前面で表示されます。またツールバーのボタンクリックで表示されるポップアップ内のチェックボックスのチェックを外さないと、消す事ができません。あとこのポップアップの背景色や文字色などは、オプション設定画面で変更できます。

ちなみにGoogle Chromeの公式サイトでは、以下のように表示されます。
Chromeエクステンション:META SEO inspector(拡大)3

もしポップアップを表示させるのが嫌なら、ツールバーのボタン・クリックで表示されるポップアップの「Page details (Printable)」(「Printable」は「印刷用」と言う意味)をクリックすると、同じ情報が新規タブで表示されます。


2.リンクの視覚的強調

Chromeエクステンション:META SEO inspector

ポップアップ内の「Show nofollow links」か「Show visited links」にチェックを入れると、このようにリンクが設置されているテキストや画像に枠を付けて、強調する事ができます。
(※画像をクリックすると、大きなスクリーンショット画像を見る事ができます。)

ちなみにこのスクリーンショットを撮影する時、「1」のメタ情報を表示しない設定にしたのですが、そうした場合ツールバーのアイコンが、電球の光が消えた状態のようなアイコンに、変化します。


3.ドメイン(URL)によるサイト・チェック

Chromeエクステンション:META SEO inspector(拡大)4

ポップアップの下の方にある「SEO tools」・「Site safty」・「Other」をクリックすると、それぞれ複数のWEBサービス名が表示されます。いずれもドメイン(URL)を用いて、WEBサイトの様々な情報を得る事ができます。

各メニューに表示されるWEBサービスは、以下の通りです。

SEO tools:
  • Alexa
  • Compete
  • Google Ad Planner
  • Google Trends
  • MajesticSEO
  • Quantacast
  • SEMRush
  • SERPAnalytics
  • Seversiders
  • WMTIPS
Site safty:
  • Google Safe Browsing
  • McAfee SiteAdvisor
  • WOT
Other:
  • BackTweets
  • DomainTools
  • Google Images
  • intoDNS
  • WaybackMachine

まとめ

今回記事を書くために色々調べてみて、とにかく多機能なので、少し驚きました。(苦笑)(^^;
たぶん個々の機能を実現するエクステンションは、他にもあると思います。そちらの方が使いやすければ、わざわざこのエクステンションをインストールする必要はないと思います。

しかし上記の中に欲しい機能が複数あるならば、このエクステンションをインストールするのも、1つの手だと思います。

FlagChrome

試用バージョン:1.1
公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/jlfpkedlbbdkmmhehackbhdgcdpflmdo

Chromeエクステンション:FlagChrome(拡大)

現在表示しているWEBページのサーバーがどの国にあるのかを、国旗で教えてくれるエクステンション。アドレスバー右端の国旗をクリックすると、数値に戻されたIPアドレスや、そのページのGoogle PageRankが表示されます。
また「Alexa」「Whois」「Geotool」のメニューをクリックすると、それぞれのWEBサービスでこのページのドメインに関する様々な情報を、調べる事ができます。

ちなみに上記のスクリーンショットを撮影したのは、Google Chromeの公式サイトなのですが、「Alexa」「Whois」で調べた結果のページは、下記のページです。(※なお「Geotool」は、ウイルスバスター2010で表示しようとすると、ブロックされてしまいました。)
本来この種のツールは、主に「セキュリティー(安全確保)」が目的のツールですが、それだけでなく、自分が普段見ているWEBページがどの国のサーバーから送られてきたのかを知ると、インターネットが世界規模のものである事が分かるので、そう言う意味でも私はとても気に入っています。(^^)
記事検索
ギャラリー
  • NYTimes
  • NYTimes
  • NYTimes
  • NYTimes
  • NYTimes
  • HuffingtonPost NewsGlide
  • HuffingtonPost NewsGlide
  • HuffingtonPost NewsGlide
  • シンプル翻訳
  • シンプル翻訳
月別アーカイブ
フィード配信用Twitter
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

初めまして。ハンドルネーム「Kyu3」(キューさん)と言います。

・・・続き
クリック募金
クリックで救える命がある。
更新終了
このブログは、2011年1月27日に更新を終了しました。
Chrome関連リンク
  • ライブドアブログ