Chromeエクステンション ナビ

Google Chromeのエクステンション(拡張機能)について書いているブログ。テーマやアプリについても記事を書いています。(※更新終了)

Facebook

TweetDeck

Web Store:https://chrome.google.com/webstore/detail/hbdpomandigafcibbmofojjchbcdagbl

Chromeアプリ:TweetDeck

タイムラインや返信(リプライ)、ダイレクトメッセージなどを一度に表示できる(マルチカラム)が人気のTwitterクライアント「TweetDeck」のChrome専用WEBアプリケーション。利用にはTweetDeckのアカウントを作成する必要がありますが、試しにアカウント無しでも使う事ができます。

アカウント無しで利用するには、起動直後に表示される画面で『Get strated without signing in』を選択します。すると実際のTweetDeckの画面が表示されるので、左下の『Add Acount』をクリックし、Twitterのアカウントを追加(利用できるように)する事ができます。
ちなみにTweetDeckはTwitter以外にも、FacebookやGoogle Buzz、Foursquareも利用できます。

起動画面↓
Chromeアプリ:TweetDeck(起動画面)

起動画面(拡大)↓
Chromeアプリ:TweetDeck(起動画面、拡大)

アカウントを追加↓
Chromeアプリ:TweetDeck(アカウントを追加、拡大)

日本語化されておらず、基本的に英語なので少し抵抗があるかもしれませんが、人気のTwitterクライアントだけあって、使い勝手は結構良いです。特にTwitterやFacebookなど。「対応している複数のサービスを同時に使いたい」と言う人には、選択肢の一つになるかもしれません。

なおこのアプリを追加すると、拡張(エクステンション)管理画面に、このアプリがエクステンションと同じように追加されます。それを無効にすると、エクステンションと同じく使えなく(起動できなく)なります。またアンインストールすると、アンインストールされてしまいます。

PS:
実際使っているところを見たい方は、Web Storeのページにも貼られている以下の動画をご覧ください。 



あとTweetDeckは、Chrome WEBアプリの他に、Adobe AirやiPhone・iPad、Androidアプリ版などもあります。

Cortex

試用バージョン:1.4.6
公式サイト:http://cortexapp.com/
拡張機能ギャラリー:https://chrome.google.com/extensions/detail/decglnkhpfoocpafihfbeodhgofefaoc

IDEA*IDEA」で紹介されてたのでインストール。TwitterやFacebookなどに、今表示しているページのURL(※bit.lyで短縮済み)やページタイトル、コメントなどを素早く投稿できるエクステンション。

投稿できるサービスは現在5種類。
  1. Facebook
  2. Facebook Walls
  3. Twitter
  4. Tumblr
  5. Instapaper
実際投稿するところは、以下の公式動画が分かりやすいので、まずはこちらをご覧ください。



文章で説明すると、投稿方法は、まずページ上の任意の場所で左クリックボタンを長押します。すると、マウス・カーソルの周りに、"サークル(円)"が表示されます。そして投稿したいサービスのアイコン部分にカーソルを移動させると、すぐに投稿できます。
投稿方式の種類は2種類あります。サークルの投稿したいサービスのアイコンに重ねてすぐに左クリックを話すと、『ページタイトル URL(bit.lyで短縮済み)』と言う書式で、すぐに投稿が実行されます。一方サービスのアイコンにしばらくカーソルを重ねた状態でじっとすると、テキストエリアが表示されます。そこでコメントを入力し、投稿する事もできます(※その際bit.lyで短縮されたURLも投稿されます)。

"サークル"↓
(※私の場合利用しているのがTwitterだけなのでこうなりました。)
Chromeエクステンション:Cortex(拡大)

テキストエリア↓
Chromeエクステンション:Cortex(テキストエリア、拡大)

また、ただ単にそのページのURLやページタイトル、コメントを投稿できるだけでなく、以下の対象も投稿できます。
  • リンク?(Links)※a
  • 動画?(Videos)※a
  • 画像(Images)※b
  • 選択テキスト(Highlighted text)※c
※a. 選択したり、その(リンクや動画の)上で左クリックを長押ししてみましたが、投稿できませんでした。
※b. 画像の上で左クリックを長押しすると、その画像が設置されてるページのタイトルと、画像のURL(※bit.lyで短縮済み)が投稿されます。
※c. 『"選択したテキスト" bit.lyで短縮されたURL』と言う形式で投稿されます。

オプション設定画面では、アカウントの追加や削除が可能 ※。また右上の黒い"目玉"(?)アイコンをクリックすると、今までこのエクステンションを使って投稿内容の履歴が表示されます。履歴は検索機能で絞り込みも可能。

※. エクストラボタンをクリックして表示される画面でも、アカウントの追加や削除が可能。

オプション設定画面↓
Chromeエクステンション:Cortex(オプション)

投稿履歴↓
Chromeエクステンション:Cortex(オプション、履歴)

ちなみに投稿が実行されると、「ビューン!」と言う音が再生されます。

その他の注意点としては、以下の3つがあります。
  • サークルが表示された時、何も投稿しないようにするには、マウスをサークルに重ねず左クリックを離す。
  • テキストエリアを消したい場合は、「Escape」キー(『Esc』)をクリックします。
  • テキストエリアでコメント入力し投稿するには、入力が完了した状態で「Enter」キーを押す。
最後に使ってみた感想ですが、使い勝手は悪くないです。素早く投稿できるのを"売り"にしてるだけあって、とても素早く投稿できますし。(^^)

ただ気になるところもいくつかあります。
  1. Chrome起動時に毎回このエクステンションのエクストラボタンをクリックして表示されるウィンドウが表示される。
  2. テキストエリアを表示するか・しないかの選択が、最初非常に分かりづらい。
  3. 「リンクや動画も投稿できる」とあるが、機能しない。
この中では特に「1」と「2」が気になります。「1」は認証作業のため表示されるのだと思いますが、毎回表示されるのはどうも気になります(他のエクステンションだと、そのような認証作業用のウィンドウが表示されたりする事はないので)。
また「2」については、かなり沢山の回数をこなして、ようやく違いが分かりました。(^^;
これなら例えばサークルを小さいものと大きなものの2つ表示するようにし、「小さいものだとテキストエリアを表示せず、そのまま投稿」、「大きいものだとテキストエリアを表示する」と言った具合にするとか、あるいはサークルの中にサービスごとにテキストエリアを表示する・しないのアイコンを設置するとかした方が、誰もが迷わず使えるようになるのではないかと。

Fix Hootsuite Ext

試用バージョン:2.3.4
公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/libkeepfhbgiamhpajlgfcoljimloknk

Twitter や Facebook などの複数のWEBサービスのアカウントを管理・運営できる多機能なクライアント「HootSuite」。このWEBサービスを簡単にカスタマイズできるのが、今回紹介するエクステンション「Fix Hootsuite Ext」です。

設定できる項目は、以下の通りです。 
  1. プロフィール画像の縮小化
  2. ユーザー名の縮小化と1行化 ※a
  3. メッセージの最適化表示 ※b
  4. メッセージフォントサイズ
  5. ヘッダーツールを隠す
  6. フッターを隠す
  7. SignOut ナビを隠す
  8. アカウント未選択時に自動選択するアカウント
  9. 送信後にメッセージボックスを最小化する
  10. クイックハッシュタグの指定 ※c
  11. 最小カラム幅の指定
  12. 画像投稿のインライン展開 ※d
  13. Business モード ※e
※a.ユーザー名と個別ツイートの詳細データ(投稿日時や使用クライアント)を同じ行に表示させる。
※b.プロフィール画像の下にツイート本文が回り込む。
※c.キーボード・ショートカットで簡単に登録されてるハッシュタグを入力できる機能。
※d.twitpic などのリンクがあると、リンク先画像をサムネイル表示。
※e.全体的に目立たない色に変更する機能。

以下の画像は、Fix Hootsuite Ext を有効にしているところを撮影したスクリーンショットです。上記の「13」(Business モード)以外は、全て有効になっています。
ちなみにフォントの大きさは「13px」(デフォルト12px)、画像サムネイルの大きさは「100px」に指定しています。

Fix Hootsuite Ext を有効にした HootSuite↓
Chromeエクステンション:Fix Hootsuite Ext
(※画像をクリックすると大きな画像が見られます。)

Fix Hootsuite Ext を有効にしてない状態の HootSuite↓

HootSuite
(※画像をクリックすると大きな画像が見られます。)
 
最後に感想ですが、HootSuite を使っている人には、とても便利なエクステンションだと思います。オプション設定画面も全て日本語化されていますし、特にサムネイル表示やフォントの大きさ変更は、使い勝手を大きく向上すると思います♪(^^)b Good Job!
HootSuite を使っている人は、一度試してみてはいかがでしょう?

ただ1つだけ気になる事が。私の環境だけなのか・・・たまにタイムライン部分が表示されなくなる時があります。

タイムライン部分が表示されなくなくなったところ↓
Chromeエクステンション:Fix Hootsuite Ext(不具合?)

作者の方曰く「他のエクステンションの影響があるのでは?」との事ですが・・・未だ原因は分かりません。最近はほとんど起きなくなりましたが・・・(^^;

PS:
タレントの勝間和代さんも、このエクステンションを使っているそうです。

HootSuite

試用バージョン:1.0
公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/bjgfdlplhmndoonmofmflcbiohgbkifn

TwitterやFacebookなどの複数のWEBサービスのアカウントを管理・運営できる「HootSuite」の公式エクステンション。利用には HootSuite のアカウントが必要になります。

ツールバーのボタンを押すと、背面に小さな新規ウィンドウとして、HootSuiteの投稿部分が表示されます。投稿部分のテキストエリアには、ボタンを押した時表示しているWEBページのタイトルとURL(Ow.lyによって短縮)が入力されています。
(※下記のスクリーンショットにはURLが入力されていませんが、それはChrome 拡張機能ギャラリーだからだと思われます。)

Chromeエクステンション:HootSuite

Chromeエクステンション:HootSuite(拡大)

搭載されている機能は、HootSuiteの投稿部分とまったく同じです。
  • 複数アカウントへの同時投稿 ※a
  • URLの短縮(Ow.ly)
  • 時間指定投稿
  • 下書き保存機能
  • オンラインストレージAmazon E3へのファイルアップロード(?)
※a. 投稿したいアカウントのマーク(テキストエリア上)をクリックして選択し、投稿ボタンを押す。

HootSuite自体非常に多機能で、複数アカウントを持っている人にはとても便利なWEBサービスだと思います。その投稿部分が完全に使えるので、その点ではある意味便利なエクステンションではないかなと思います。

ただ私にはどうも・・・気になってしょうがない点がいくつかあります。(~~;
  1. 表示される投稿画面(ウィンドウ)が必ず"背面"に表示されてしまう。(そのため毎回Windowsならタスクバーのこのウィンドウのボタンを押さなければならない)
  2. ウィンドウが表示されるまで少し時間がかかる。
  3. 表示しているページのタイトルとURLがテキストエリアに入力されない時がある。
それと根本的な事なのですが、・・・私の場合どうもHootSuiteのWEBページを普通に表示した方が、使い勝手が良いように思います。と言うのも、見ているページのタイトルとURLを複数アカウントに投稿する事が、ほとんどないからです。またWEBページの方がTLを見られますし、Replyも確認できますし、Retweetや検索機能も使えるからです。(^^;

それに加えて上記の気になる点が複数あるので、・・・必ずしも「このWEBサービス(HootSuite)を使ってる人にお薦め」とは言えないのですが、もしHootSuiteを使っていて、かつ「見ているWEBページのタイトルとURLを、頻繁に"複数アカウント"へ投稿する」と言う人は、一度試してみてはいかがでしょう?


PS:
HootSuiteのWEBページのスクリーンショットは下記。

HootSuiteスクリーンショット

Brizzly

試用バージョン:0.9

公式配布ページ:https://chrome.google.com/extensions/detail/fafnphfmggfjfjgoahpnfkpbmgpfcofk

 

Chromeエクステンション:Brizzly(拡大)

TechCrunch JAPANの記事で誉められていたので、インストール。主な機能としては、以下の通りです。

  • Facebookのデータを表示できる。
  • ReplyやDMの他、QT機能※1に対応。
  • TL上のリンク先の画像や動画※2を表示する。
  • ツイート用のテキストエリアを表示すると、クリップボードのテキストがペーストされた状態で表示される。
  • リストの作成・追加・表示ができる。
  • 検索メモの表示・追加ができる。
  • プロフィールを表示する。
  • 他のユーザーをフォロー・フォロー解除ができる。

※1.いわゆる「非公式RT機能」。
※2.twitpicやYouTubeなど


兎にも角にも、機能的には非常に充実している印象。「Twitterのほぼ全ての機能が利用できる」と言っても過言ではないでしょう。デザインも結構良い感じ♪

ただその半面、良くないところも結構あります。


  • WEBサービス「Brizzly」でアカウントを取得する必要がある。
  • 毎回読み込み時間が長い。
  • ワンクリックでTLとReply等を切り替えられない。
  • URLの短縮サービスとの連携機能がない。
  • 新着ツイートの通知機能がない。

特に「起動の遅さ」とワンクリックで切り替えられない点は、非常に気になります。なので正直、あまりお薦めできません。( ̄∠  ̄ )ノ

記事検索
ギャラリー
  • NYTimes
  • NYTimes
  • NYTimes
  • NYTimes
  • NYTimes
  • HuffingtonPost NewsGlide
  • HuffingtonPost NewsGlide
  • HuffingtonPost NewsGlide
  • シンプル翻訳
  • シンプル翻訳
月別アーカイブ
フィード配信用Twitter
管理者のプロフィール
Twitterアイコン案名前(ハンドルネーム)
「Kyu3」

初めまして。ハンドルネーム「Kyu3」(キューさん)と言います。

・・・続き
クリック募金
クリックで救える命がある。
更新終了
このブログは、2011年1月27日に更新を終了しました。
Chrome関連リンク
  • ライブドアブログ