甲斐丘陵考古学研究会 Blog

〜例会お知らせと議事録・雑件情報〜

丘陵Blog 移転のお知らせ。

関係各位

昨年より凍結させておりました本ブログですが、2008年1月10をもちまして、閉鎖させていただきます。

なお、新たに丘陵ブログ(UPが簡単にできるものに変更させていただきました)を開設いたしますので、今後もどうぞよろしくお願いいたします。

連絡係・望月。

甲斐丘陵考古学研究会 8月例会のお知らせ

関係各位

連日猛暑が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
さて、8月例会を下記のとおり開催致します。

++++++++++++++++++++++++++++++++

             記

〔日  時〕 2007年 8月31日(金)19:30〜
〔場  所〕 帝京大学山梨文化財研究所 2階図書室

〔発表者〕
・櫛原功一さん『柏尾山経塚の復元』

       
++++++++++++++++++++++++++++++++
☆10月例会発表者急募!

★※欠席の際は、事前にメールで『簡単な近況報告』で情報をご提供ください。

頂いた情報は、雑件報告及び議事録で紹介させていただきます。
ご出席頂けないときはぜひ情報提供でご参加下さいますようお願いします。

●随時、例会の発表者を募集しております。事務局までご連絡ください。
■発表月や予定日を調整していきますので、奮って発表して下さいますよう、お願い申し
上げます。


************************************
丘陵考古学研究会事務局

mail:kyuryo_arc2004@orange.livedoor.com

blog:http://blog.livedoor.jp/kyuryo_arc2004/

通知担当:望月秀和

甲斐丘陵考古学研究会 7月例会・議事録

関係各位

7月例会は、下記のとおり開催致しました。

++++++++++++++++++++++++++++++++

             記

〔日  時〕 2007年 7月27日(金)19:30〜
〔場  所〕 帝京大学山梨文化財研究所 2階図書室
〔参  加〕 森屋雅幸・櫛原功一・溝内淳介・望月秀和

〔発  表〕
森屋雅幸さん『勝山城について〜勝山城をめぐる道に関する考察〜』

勝山城調査状況と周辺踏査で推定した道についての報告。
また、その成果と周辺の遺跡分布・古地名から、桂川左岸地域の様相について、現在発展している右岸地域に引けをとらないくらい栄えていたことを推察。
      
++++++++++++++++++++++++++++++++
●雑件
櫛原:南ア市、野午島西之久保遺跡調査。谷部は終了し、集落部分の調査を開始。奈良時代終わり頃の住居跡7〜8軒確認。編物石なども検出。
   ほか、隣接する石橋北屋敷遺跡・県調査地区で確認された道跡(平行する溝)の延長と考えられる遺構を確認。

溝内:橋詰遺跡調査。御坂西小学校隣で、8世紀後半〜10世紀代の住居跡19軒検出。

森屋:勝山城調査。二の丸、遺構確認できず、火縄銃の弾丸と炭化物が出土。10月に勝山城シンポジウム計画。


★事前メール
北杜市・佐野隆さんから、近況のご報告をいただきました。ありがとうございます。

『北杜市の調査状況ですが、農道工事に伴う高根町上黒沢の宮尾根C遺跡は、古墳時代の遺構調査がほぼ終わり、縄文中期の住居調査が進んでいます。担当は佐野です。これまでのところ古墳住居が10軒ほど、縄文も10軒以上ありそうです。環状集落を縦断する形で道路が通り、住居帯にかかる箇所で、住居が折り重なるようにして検出されています。
時期はこれまでのところは新道式から曽利梗阿了期までです。8月8日には県センター主催の体験発掘会がここで行われます。
 市道改良工事に伴い、村松君が白州町台ヶ原で大久保遺跡の発掘調査を実施しています。曽利機銑脅阿両規模な環状集落跡で、住居跡7軒ほどが検出されています。用地買収が終われば、隣接する低地の谷の試掘調査に入ります。
 梅之木遺跡で一端が見えた縄文中期の低地利用について、新知見が得られればな、と期待しています。
 8月6日から17日まで、敷石住居研究で著名な山本暉久先生が、昭和女子大学の女子大生の考古実習で、明野町上神取の諏訪原遺跡の発掘調査に来ます。平成22年までの計画で実習目的に住居跡1〜2軒程度を調査する計画です。』

;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。;。

◎次回の例会開催日は、8月31日(金)、発表は櫛原功一さんです。
 
☆10月例会発表者急募!

★※欠席の際は、事前にメールで『簡単な近況報告』で情報をご提供ください。

頂いた情報は、雑件報告及び議事録で紹介させていただきます。
ご出席頂けないときはぜひ情報提供でご参加下さいますようお願いします。

●随時、例会の発表者を募集しております。事務局までご連絡ください。
■発表月や予定日を調整していきますので、奮って発表して下さいますよう、お願い申し上げます。


************************************
丘陵考古学研究会事務局

mail:kyuryo_arc2004@orange.livedoor.com
 
blog:http://blog.livedoor.jp/kyuryo_arc2004/

通知担当:望月秀和

************************************

●更新情報 
七月弐拾八日、
議事録 UP
コメント
最新トラックバック
甲斐丘陵考古学研究会とは?
甲斐丘陵考古学研究会
 甲斐丘陵考古学研究会は、県内の考古学・民俗学等の分野に携わっている研究者が参加し、毎月最終金曜日(変更有り)に例会を開催しております。
 例会では各分野の研究報告発表・情報交換を通じて幅広く専門的知見を得ようと活動をしています。
 どなたでも参加自由ですので、ご希望の方は事務局までご連絡下さい。

 
Read Me
■ご注意下さい■ 
 本webサイトでリンクしているwebサイトは、それぞれの法人または個人の責任において管理されており、当研究会の管理下にはありません。したがって当研究会は、リンク先のwebサイトの利用により生じたいかなる損害について一切の責任を負いかねます。
 また、webサイトに情報を掲載する際は万全を期していますが、掲載情報が最新であるか、正確であるか、本webサイト利用者に有用であるかについて、いかなる保証をするものではありません。本webサイトのご利用による直接または間接的な損害が生じたとしても、一切の責任を負いかねます。
 本webサイトを利用する方ご自身の責任においてご利用ください。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ