試合結果

こんばんは
今日は筑紫台にて練習試合を行いました。

10:00からアップを開始しました。
45分という短い時間で、集中して追い込みました。

いよいよキックオフ。
11:00 
vs長崎東 0-19 負け
最初はどちらも点を譲りませんでしたが、相手に先制されたあたりから2トライ目3トライ目と決められてしまいました。

12:00
vs柏陵 10-5 勝利
2試合目はお互いにキックの蹴り合いになり、OBの田代さんに教えていただいた仕方でゲームを進めてトライを決めたところもありました。

13:30
vs長崎東 0-19 負け
最後の試合は、いつも気をつけているワンダッシュ・インサイドラン・ハンズキャッチに特に気をつけ、DFの上がりやオーバーをしっかりすることを決め事として挑みました。


今日の試合は、スクラムとキックは良かったのですが、モールが押せていなかったことが課題点でした。
FWのセットプレーとBKのキックのところを徹底して明後日の練習から改善していきましょう💪


今日は人工芝だったので大きな怪我はなく、無事今日の練習試合も終わりました。
まだまだ体調が優れない人もいるようなので、体調管理を怠らないようにしてください😷


最後に!
今日から、試合の時に良かった人をMVPとして表彰します👑
第1回目のMVPは…
倉富 柾樹くんです!
果敢にタックルに飛び込む姿や、フルバックとして走り回っている姿、すごかったです。
最後の集合の時に、脳震盪や骨1本折る勢いで頑張りますと言ってくれた言葉にみんな圧倒されました😊
これからの倉富くんの成長に期待です!

こんばんは
今日は本校にて、八女工業と玖珠美山と練習試合を行いました。

9時30分からのアップでは、昨日の練習のようにATのワンダッシュ・インサイドラン・ハンズキャッチ、DFの上がりと、きちんとノミネートすることも気をつけました。
ユニット(FW)
(BK)
コンビ

約1時間のアップが終わり、いよいよキックオフ。
1試合目と2試合目は30分ゲームで、3試合目と4試合目は15分ゲームでした。

1試合目 vs玖珠美山 19-7 勝利
2試合目 vs八女工業 5-27 負け
3試合目 vs 玖珠美山 0-12 負け
4試合目 vs 八女工業 0-15 負け

vs玖珠美山
vs八女工業

1試合目は、ATもDFもできていて、試合の雰囲気も良かったです。DFの上がりの時に規律を守ることを注意され、次の試合に挑みました。
2試合目以降の試合は、モールが押されていたり、1試合目で注意されたDFの上がる人同士のコミュニケーションをきちんと取れていなかったことが敗因だったと思います。


試合が終わった後には、学校の近くにあるふなきベーカリーからパンの販売に来ていただきました。みんなたくさん買っていました🍞
パンを食べながら、今日の試合をミーティング。


今日の練習試合で、個人の課題も見つかり、チームとしての課題も見つけられたと思います。2月・3月は、フィットネスやDFのタックルを中心とした練習を行い、朝練も強化していくので辛くなる時もあると思います。そんな時こそ、自分にベクトルを向けながら頑張っていきましょう💪


今日玖珠美山の方から差し入れを頂きました。とても美味しく頂きました。ありがとうございました!

最後に、アップの稲桝くんで終わりたいと思います😁


「3年生を送る会」のご案内

日にち:3月6日(日)
10:30~11:30 卒業試合 卒業生・OBvs現役 
浮羽究真館高校グラウンドにて
13:30~16:00 3年生を送る会 アルカス吉井

OBの方々へ
試合は多くの方に参加、観戦していただきたいと思っています。また、アルカス吉井での式典に参加いただけるOBの方は2月20日までに吉瀬か鈴木達雄さんまでご連絡ください。
よろしくお願いします。

こんばんは

吉瀬先生のコメントです。

2015/08/14vs 済々黌高校  @ 久住スポーツ研修センター  9:00KO   5-7 負け
1 .権藤  2 .田辺  3 .古賀  4 .坂井  5.江藤   6 .山下  7 .井上  8 .大楠
9 .下川  10 .倉富  11 .稲桝 ( 藤井 )    12.栗木  13 .辛川 ( 稲桝 )   14 .岡本  15.倉富
はじめに、今回の合宿を承諾していただきご協力いただいた保護者の皆様、差し入れをいただいた OB やサポーターの皆様、受け入れてくださった久住スポーツ研修センターの方々、他校の先生・生徒の方々に感謝します。また、それぞれの持ち場で全力を出した浮羽究真館高校ラグビー部の全選手・全マネージャーをたたえます。特にマネージャーは「気づき」の力が高く、よく働いてくれました。
【済々黌戦】
自分自身の反省として
①試合前のマネージメント
②セットプレー・ 2 次目攻撃以降の効果的なBK ラインの伝達
グラウンドでは感情的になってしまったが、今こうして冷静に振り返ると、もっと事前に準備できたことがあった。自分の未熟さ。
【合宿全体】
この合宿で我々のトライのパターンで多かったのは
① FW / BK 一体となった広いパス回し
②ペナルティからの速攻
何となく体裁は良く、チームワークも高まっているが一つ一つのピースを見れば、まだ完成にはほど遠い。確かに成果は出ているが。今後やるべきことは 5 つある。
①個人のタックル力強化
②各ポジションに応じた個人練習
③接点での闘争
④ FW ラインアウトモール AT / DF
⑤ BK ラインセットプレー/ 2 次目以降の整備( 走りながらのパス練習・深さ・出発のタイミング )
この合宿を通して整理できた。最後に納得のいく試合でなくてよかった。
自分自身と誠実に向き合う。

2015/08/14vs 済々黌高校 10 人制  @ 久住スポーツ研修センター  9:30KO    0-15 負け
1 .江藤  2 .溝上  3 .坂井  4 .石橋  5.吉岡 
6 .稲桝  7 .倉富マ ( 下川 )   8 .藤井   9.吉武  10 .古矢 
10 人制での試合だったが、公治のナイスタックルや茜里紗の激しいプレー、敦のオーバーなど個人の良い点を見ることができてよかった。勇斗も悔しさをバネにもう一段階成長するだろう。 

今日は最後に坂で100mを100本ダッシュしました。今日のMVPは坂ダッシュの時にかなり声をかけていた下川 喬広くんです。
最初は100本と聞いて驚き「自分は出来ない」と思ったのですが、自分から積極的に声を掛け合い諦めずに最後までやり遂げました。この坂ダッシュでスタミナと根性が付けられたのでよかったです。
これから、プレー中のパスを極めたいと思います。

こんばんは

明日の予定です。


2015/08/13vs 日向高校 B   @ 久住スポーツ研修センター  10:30KO    5-12 負け
1 .権藤  2 .田辺  3 .佐藤  4 .坂井  5.江藤   6 .山下  7 .井上  8 .大楠
9 .下川  10 .倉富  11 .藤井  12 .栗木  13 .稲桝   14 .岡本  15 .倉富
「気づき」と「反応」をテーマに臨んだ。具体的には「コミュニケーションをとり続けること」と「セービング」。仲間とコミュニケーションを取ろうと思えば、話す内容がなければならない。試合中は各自がその話す内容を探して気づかないとコミュニケーションはできない。また、セービングはボールへの反応の象徴的なプレーであり、タックルと並び、度胸が必要とされるプレーである。今回は試合には負けたが、グラウンドで選手はよく声を掛け合っていたし、グラウンド外のサポートメンバーも外から気づいたことを伝えていた。負けはしたが成長はした。特に WTB 真宙の声はよく響いていた。しっかりセービングもでき、周囲の方々から「応援したくなるチーム」と言っていただいた。ラグビーを通して感動を。一歩ずつ。

2015/08/13vs 済々黌高校  @ 久住スポーツ研修センター  15:30KO   29-7 勝ち
1 .権藤  2 .田辺  3 .佐藤  4 .坂井  5.江藤   6 .山下  7 .井上  8 .大楠
9 .下川  10 .倉富  11 .吉武  12 .栗木  13 .稲桝   14 .岡本  15 .倉富
試合開始前からよくコミュニケーションが取れていた。そのコミュニケーションの良さが得点にも反映された試合だった。空いているスペースに「気づき」、仲間に声をかける。その声に「反応」する。今日我々がやりたかったことだった。素晴らしかった。この試合、 WTB 勇哉がデビューを飾った。ようこそ、ラグビーの世界へ。
この合宿で様々な方からご支援やご指摘、アドバイスをいただき、「我々がやっていることは間違いじゃない」ということと「もっと強くなりたい」ということを改めて感じた。

2015/08/13vs 九州国際大学付属高校  @ 久住スポーツ研修センター  16:30KO   0-22
1 .権藤  2 .田辺  3 .佐藤 ( 古賀 )    4 .坂井  5 .江藤  6 .山下  7 .井上  8 .大楠
9 .下川 ( 稲桝 )   10 .倉富  11 .古矢   12.栗木  13 .稲桝 ( 藤井 )   14 .岡本  15.倉富
4 トライ取られたものの、内容は悪くはなかった。試合を重ねるごとに経験値が上がり、ラグビーの感覚がついてきている。ここからはその次のステージ。「ボールに近いプレー」と「ボールから離れているプレー」について。ボールに近いプレーヤーは、「ワークレート(仕事量)」がポイント。タックルしてすぐ起きてまたすぐタックルすることや、ボールを持ち込んで倒れてすぐ起きてまたボールをもらうことなど、ボール際での働きを高めることが大事。ボールから離れているプレーヤーは「危機管理能力」を高めること。相手が攻めてきそうなところやこちらの  DF 網が抜かれそうなところを察知して、仲間とコミュニケーションを取ったり、自分のポジショニング(立ち位置)を変えたりするなど事前に対策をしておくことが大事。この 2 つ。言うは易く行うは難し。口では簡単に言えるが、実際に行うのは難しい。これができるプレーヤーがラグビー偏差値が高いと言える。この 2 つができていたらもっと良い勝負ができたのではないだろうか。しかし、考えてみたら、我々はこのレベルまで登ってきたということだ。一段一段しっかりと歩みを進め、やっと土俵が見えてきたということだ。ただ、我々だけの力ではない。保護者・学校・友人・地域‥浮羽全体の力である。そして、今日も鬼のような働きをしてくれた  FL 竜平、 WTB 将一という大きな存在も忘れてはならない。

今日のMVPは、倉富 柾樹くんです。
先輩にはセービングを褒められましたが、ここで天狗にならないように直向きに頑張りたいと思います。

こんばんは

明日の予定です。
2015/08/12vs 大津緑陽高校  @ 久住スポーツ研修センター  15:00KO   5-14 負け
1 .権藤  2 .田辺  3 .佐藤  4 .山下  5.江藤   6 .落田  7 .井上  8 .大楠
9 .下川  10 .倉富  11 .古矢  12 .栗木  13 .稲桝   14 .岡本  15 .倉富
FB 倉富は抜けてきた大きな選手にひるむことなくタックルを決めた。「怖い」という感情と「自分が行かなければ」という葛藤はどんなプレーヤーにもある。誰もがその葛藤に打ち勝ってタックルを決める。そしてタックルの数だけ成長する。雨の試合展開を考えなければならない。

2015/08/12vs 日向高校  @ 久住スポーツ研修センター  15:30KO   0-59 負け
1 .権藤  2 .田辺  3 .佐藤  4 .山下  5.江藤   6 .古矢  7 .井上  8 .大楠
9 .下川  10 .倉富  11 .藤井  12 .栗木  13 .稲桝   14 .岡本  15 .倉富
序盤は緊張感のある内容だったが中盤で崩れた。キックオフのカウンターで崩されたのでまずは修正が必要。終盤は魂のタックルで食らいつくことはできた。しかし力の差はあった。特に日向高校さんの一人ひとりの前に出る圧力はすさまじかった。「接点での圧力」がこれからのテーマだ。これらはグラウンドで練習しながら身につけることができる。ただ、もう一つ気になったことがある。「気づき」と「反応」である。抜かれそうなところはどこか、攻めやすそうなところはどこか、どのようなパスだったらとりやすいか、痛んでいる仲間はいないか、DF は足りているのか、など。気づくことが試合においては重要になる。また、転がったボールへの反応、仲間が持ち出したボールへの反応、ラックへのオーバーの反応、ペナルティでの反応、など。攻守の入れ替わりの激しい試合では重要である。この「気づき」と「反応」は日ごろの過ごし方で決まる。「気づき」はグラウンドに落ちているゴミへの気づき、目上の方へ気づいて挨拶をすること、レフリーへの水分、選手への気配り、食事を作ってくださっていることへの感謝の気づき。「反応」は何かを指示されたときに動き出すまでの時間、「気づき」から行動までの時間である。この二つ。「気づき」と「反応」。幸い合宿では選択、食事、道具運び、掃除など様々な「気づき」と「反応」のチャンスがある。 この合宿で意識を高め、日ごろから自然とできる人間になりたい。社会に出てからも自然とできるような人間になりたい。試合後には力を出し切った者、ふがいない自分を情けなく思う者、脳震盪で次戦に出場できない者、様々な思いの顔があった。
悔しい。選手は一生懸命に食らいついていた。誇りに思う。勝たせたい。心からそう思えた試合だった。勝とう。必ず。 

今日のMVPは下川 喬広くんです。
今買い物に行っているので、後ほど更新します。

↑このページのトップヘ