九州合同法律事務所

福岡市東区馬出1−10−2メディカルセンタービル九大病院前6F
医療事故の患者側代理人の仕事が中心です。
事務所の詳細は九州合同法律事務所HP

医療事故紛争解決事例17〜大動脈解離の見逃し①

 新型コロナ問題は、緊急事態宣言が解除されて一息ついたかと思う間もなく第2波とやらで、ほんとうに憂鬱なことです。メディアでは、感染者に対する隔離のみならず、罰則付きの行動制限を求める声も堂々と報じられるようになりました。

 この問題については、いずれきちんと書きたいと思っているのですが、今日は、感染症予防法の条文を二つ示すにとどめておきたいと思います。

(国民の責務)
第4条 国民は、感染症に関する正しい知識を持ち、その予防に必要な注意を払うよう努めるとともに、感染症の患者等の人権が損なわれることがないようにしなければならない

(最小限度の措置)
第22条の2 第16条の3から第21条までの規定により実施される措置は、感染症を公衆にまん延させるおそれ、感染症にかかった場合の病状の程度その他の事情に照らして、感染症の発生を予防し、又はそのまん延を防止するため必要な最小限度のものでなければならない


 なお、「第16条の3から第21条までの規定により実施される措置」というのは、検査(第16条の3)、健康診断(第17条)、就業制限(第18条)、入院(第19〜21条)を意味しています。
竹富島

 さて、しばらくお休みしていた医療事故紛争解決事例シリーズの第17回です。

 以前、腹部大動脈瘤破裂見逃し事件のエントリーで書いたとおり、急性発症かつ安静時痛の腰背部痛の患者を診察する際に、優先的に鑑別しなければならない疾患として腹部大動脈破裂または切迫破裂と並んで挙げられるのが、大動脈解離です。続きを読む

術後低血糖見逃し事件、双方控訴せず確定

 前回のエントリーで紹介した福岡大学病院の術後低血糖見逃し事件は、双方とも控訴せず、1審判決が確定しました。遅ればせながら、確定を機に事案の詳細を報告いたします。
 例によって、事実関係については当事者間に争いのあるものも含まれていること、その記述に含まれる医学的知見は、私たち弁護士がこの事件を扱う中で収集したものであり、専門的な意味での正確性が担保されているものではないことにご留意下さい。

事案の概要

 Aさんは、市内の産科クリニックで生まれ、出生後すぐに、喉頭の狭窄音と陥没呼吸が見られたために大学病院に緊急搬送されました。大学病院では、嚥下障害、低緊張、驚愕反応等から先天性代謝異常や神経伝達物質の異常を疑って各種検査が行われましたが、原因は特定できませんでした。
 生後8ヶ月目に、嚥下障害及び胃食道逆流症に対して、腹腔鏡下噴門造設術+胃瘻造設術が行われました。
 手術終了直後の午後2時40分に採取された血液は、血糖値14という著明な低血糖を示していましたが、病院スタッフはこの異常に気づかず、低血糖に対して何の処置も行ないませんでいた。
 手術の翌朝午前8時の採血では、血糖値は23であり、スタッフもこの時点で低血糖に気付きました。この時点からブドウ糖の補給が開始され、午前11時の採血では血糖値110にまで回復しました。
 しかし、この午前11時時点の血液生化学検査では、CK値3820という異常高値が示されていました。アイソザイムの結果は、CK-BB29%というちょっと見たことのないような異常を示しています。
 同日午後7時頃、スタッフが採血のためにAさんを観察したところ、自発呼吸がほぼ消失しており、気管内挿管が行われました。午後9時12分に撮影された頭部CTでは、基底核、視床の一部をのぞく脳全体のびまん性の低吸収、脳腫脹によるくも膜下腔の顕著な狭小化が認められ、急性低酸素脳症、急性虚血性変化が示唆される所見とされています。
 その後、Aさんはほぼ脳死状態となり、6年半後に亡くなりました。

せせらぎ
続きを読む

女児脳損傷で福岡大病院に賠償命令 術後の低血糖見逃す

 ひととせに ふたたびも来ぬ 春なれば いとなく今日は 花をこそみれ (平兼盛)

桜1

 春だというのに、新型コロナウイルスのお蔭で、鬱々とした日々が続きますね。

 この問題に関しては、マスメディアでもネットでも、ほんとうに多種多様な情報が飛び交っています。感染力はどのくらいなのか、致死率はどのくらいなのか、マスクに予防効果はあるのか、学校は再開すべきか、PCR検査の対象は広げるべきか、効果的な薬はあるのか、自粛による経済の打撃はいかほどか……なるほどと膝を打つものから、眉に唾をつけたくなるものまで。
 わたしには、お互いに矛盾するように思える医学的意見のどちらが正しいかを判断する知識はありませんし、この事態においてどのような経済施策をとるべきかについてコメントする立場にもありません。
 しかし、政府による強力な私権制限を求めるような論調が強まっているのは気になります。HIV問題やハンセン病問題に関わってきたわたしには、病気より怖ろしいのは、病気を過度に怖れる人間の心だという感覚が根深くあります。その怖れが権力を動かすこと、あるいは権力がその怖れに便乗することを、わたしは深く怖れます。
 このウイルスと社会との関係は、そう短期間に折り合いがつくものでなさそうです。さまざまな意見はありますが、その点については、おそらくコンセンサスが成立しているのではないでしょうか。であればなおさら、長いつきあいを見据えた冷静な議論が望まれます。

 さて、久しぶりの事件報告です。
 
女児脳損傷で福岡大病院に賠償命令 術後の低血糖見逃す 福岡地裁
2020/3/28 6:00 西日本新聞

 福岡大病院の術後ミスにより生後8カ月だった女児の脳が損傷したとして、両親らが病院側に計約6千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁は27日、病院の過失と脳損傷との因果関係を認め、計880万円の賠償を命じた。続きを読む

新たな年に寄せて

あけましておめでとうございます。

当事務所も、本日1月6日より執務を開始いたします。
さて、波乱の年明けとなっていますね。
2020newyear
続きを読む

医療事故:高齢者死亡の医療事故の慰謝料は低額でよいなんてことがあるの?

 超高齢化社会といわれる今、医療事故相談でも高齢の患者さんに関する事故の相談が多いのは事実です。医療を受けている年齢層として圧倒的に高齢者が多いので、確率的に、事故に遭う方も高齢の方が多いのは、当然といえば当然ですね。
 さて、さきごろ、とある法律雑誌に、裁判官が投稿した論文が掲載されました。
 高齢者が被害者である医療過誤事件については、死亡事例について、慰謝料を大幅に引き下げるべきだと提案するものです。
 これについての、東京医療問題弁護団の安原幸彦弁護士のエッセイが、医療問題弁護団のサイトに掲載されています。花続きを読む
九州合同法律事務所
〒812-0054
福岡市東区馬出1丁目10番2号
メディカルセンタービル九大病院前6F
TEL092-641-2007
FAX092-641-5707
小林 洋二(41期)
久保井 摂(41期)
安倍 久美子(52期)
緒方 枝里(62期)
高木 士郎(64期)
弁護士髙木士郎(64期)
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 医療事故紛争解決事例17〜大動脈解離の見逃し①
  • 医療事故紛争解決事例17〜大動脈解離の見逃し①
  • 術後低血糖見逃し事件、双方控訴せず確定
  • 女児脳損傷で福岡大病院に賠償命令 術後の低血糖見逃す
  • 女児脳損傷で福岡大病院に賠償命令 術後の低血糖見逃す
  • 新たな年に寄せて
  • 医療事故:高齢者死亡の医療事故の慰謝料は低額でよいなんてことがあるの?
  • 中村哲さんを悼む
  • 医療事故紛争解決事例16〜腸閉塞に対する手術が遅れ短腸症候群となってしまった事例
  • 医療事故紛争解決事例15〜腸閉塞を見逃して死亡に至ったケース
  • 同性婚:日本での実現はいつ? エヴァンさん講演会
  • 同性婚:日本での実現はいつ? エヴァンさん講演会
  • 医療事故紛争解決事例14〜メッケル憩室炎を見逃して死亡に至ったケース
  • 控訴断念〜新しい段階に入ったハンセン病問題
  • 控訴断念〜新しい段階に入ったハンセン病問題
プロフィール

kyushugodolo

QRコード
QRコード