九州合同法律事務所

福岡市東区馬出1−10−2メディカルセンタービル九大病院前6F
医療事故の患者側代理人の仕事が中心です。
事務所の詳細は九州合同法律事務所HP

医療事故紛争解決事例6〜添付文書の注意事項を軽視して造影剤ショックを起こしたケース

 先週は、13日水曜日が子宮頸がんワクチン薬害訴訟九州訴訟の弁論期日、15日金曜日がハンセン病家族訴訟の証拠調べ期日でした。傍聴支援にかけつけていただいたみなさまに厚く御礼申し上げます。

 さて、医療事故紛争解決事例シリーズの第6回は、造影剤ショックのケースです。1年半前のエントリー医薬品添付文書と医療水準〜福岡地裁医療訴訟運営改善協議会でも触れたのですが、この種の医療事故の典型例ですので、今回、改めて紹介することにしました。

 Aさんは69歳の男性、かかりつけのB医院で、被爆者手帳更新のための診断書を求めたところ、胸部X線写真で胸の陰影を指摘され、造影CTを撮影することになりました。ところが、造影剤イオメロンを注射中に、口唇、四肢末梢のチアノーゼ、呼吸困難等の症状が出現、看護師が別室にいたB医師にその旨を伝えている間に、Aさんの心臓は停止してしまいました。解剖により、死因はイオメロンによるアナフィラキシーショックとされています。胸部には何の病変もありませんでした。

 イオメロンの添付文書には、いちばん最初に、赤い文字で、以下のような内容の【警告】が記載されています。

 ショック等の重篤な副作用があらわれることがある。

 次に記載されているのが、【禁忌】(次の患者には投与しないこと)です。

 ヨード又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者

 ついで、【原則禁忌】(次の場合には投与しないことを原則とするが、特に必要な場合には慎重に投与すること)の記載。

 気管支喘息のある患者[副作用の発現頻度が高いとの報告がある]

2016-04-20 09.19.53

続きを読む

「世界のHPVワクチン被害は今」上映会のお知らせ

 きたる6月13日(水)14時に、福岡地裁にて、子宮頸がんワクチン薬害訴訟九州訴訟の第8回弁論が開かれます。その終了後、16時30分から、天神センタービルに場所を移して、国際シンポジウム「世界のHPVワクチン被害は今」ダイジェスト版DVDの上映会が開催されます。

hpvミニシンポちらし(主催・問合せ先入り)
続きを読む

医療事故紛争解決事例5〜食道癌が4年間放置されたケース

 前回は、術後に依頼された病理組織検査が行われないまま3年以上にわたって放置されていたケースを紹介しましたが、今回は、病理組織検査で結果が出ているにもかかわらず、4年間、主治医がそれを知らないままだったというケースです。

 Aさん(当時71歳)は、ある病院でステージⅢの喉頭癌(声門上癌)と診断され、放射線+化学療法後、頚部リンパ節郭清術を受けました。喉頭癌に対する治療は約半年で終了し、その後は半年に1回の通院で経過観察がなされていました。再発の徴候はなく、経過は順調でした。
 ところが約4年後、患者は、物が呑み込みにくいという症状に悩まされるようになりました。上部消化管内視鏡検査が実施され、Ⅲ期の食道癌が発見されました。報告書には「病変は管腔の約3分の2を占め、長径約4㎝にわたり著明な狭窄を認めます。…3年前に指摘されている既知の病変と思われます」と記載されています。

IMG_0658 Aさんにも、家族にとっても、この食道癌の存在は晴天の霹靂だったのですが、さて、「既知の病変」とはどういうことでしょう。
 実は、この患者に喉頭癌が発見された当時にも、重複癌の有無を調べるために上部消化管内視鏡検査がなされていました。その報告書には、0Ⅱcの食道癌がみられこと、採取した標本を病理組織検査に出したことが記載されています。その病理組織検査の結果、扁平上皮癌であることが確認され、病理組織検査を依頼した内視鏡医に報告されています。前掲の報告書には「3年前に指摘されている既知の病変」とありましたが、実は4年前のことでした。

続きを読む

医療基本法制定に向けた院内集会のご案内


 5月16日17時から、参議院議員会館1階講堂で、医療基本法制定に向けた院内集会を開催いたします。
 医療問題、患者の権利に関心のある方は、是非、ご参加下さい!


180516院内集会

 医療基本法については、このブログでも何度か取り上げてきました。患者の権利法制定運動から、医療基本法制定運動への流れについては、九州・山口医療問題研究会福岡県弁護団のブログ記事「医療基本法を知っていますか」及び「患者の権利と医療基本法」を参照いただければ幸いです。続きを読む

医療事故紛争解決事例4〜病理組織検査が3年以上にわたって放置されたケース

 Aさんは20代半ばで潰瘍性大腸炎を発症し、30代初めから、手術を繰り返してきました。はじめは結腸摘出、回腸人工肛門造設術、次に残存結腸切除、J型回腸嚢・肛門吻合術。この回腸嚢の狭窄による排便障害が増悪し、回腸嚢−肛門切断、単孔式回腸人工肛門造設術が施行されたのは、49歳の時です。
 このあたり、聞き慣れない言葉のオンパレードかと思いますが、本筋にはさして関わりませんので、気にせずに読み飛ばしていただいて結構です。
 この手術前の説明は以下のようなものでした。

 人工肛門造設のみの方が負担は軽いが、その場合、残った回腸嚢から粘液の排出が続き、可能性は低いが癌を合併するリスクもある。回腸嚢−肛門切断術も併せて行えば、出血量も多くなり、骨盤内の操作によって術後の排尿障害や性機能障害のリスクもあるが、術後は肛門部の症状はなくなり、当然、癌のリスクも消える。

 このような説明を受けて、Aさんは、回腸嚢—肛門切断術も併せて行うことを選びました。
 
 しかし、この手術の後、Aさんは断続的な会陰創部の疼痛、滲出液の排出等に苦しみ、3年間に5回の入院治療を余儀なくされました。
 6回目の入院の際に、会陰部胼胝状肉芽腫切除、会陰部膿瘍ドレナージが実施されました。そして、この手術で採取された標本の病理組織検査の結果、癌が発見されました。手術後のカルテには、「仙骨前面の残存した膿瘍が、難治性瘻孔の原因と思われた/難治性であったことは癌のためと考える」との記載が残っています。つまり、術前の予測に反して、Aさんが3年間にわたって会陰部の症状に苦しんだのは、そこに癌があったためだ、という意味だと思われます。

29512894_1575132355917997_993006486321269716_n 約1ヶ月後に、この癌を切除するための手術が行われました。腹会陰式肛門切断術、尾骨合併切除、精嚢切除、回腸部分切除。この時点では、前立腺や仙骨への癌の浸潤はありませんでした。

 では、この癌はいつからそこにあったのか。
 実は、3年半前の回腸嚢−肛門切断術の際には、その癌はすでに存在していました。続きを読む
九州合同法律事務所
〒812-0054
福岡市東区馬出1丁目10番2号
メディカルセンタービル九大病院前6F
TEL092-641-2007
FAX092-641-5707
小林 洋二(41期)
久保井 摂(41期)
安倍 久美子(52期)
緒方 枝里(62期)
高木 士郎(64期)
弁護士髙木士郎(64期)
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 医療事故紛争解決事例6〜添付文書の注意事項を軽視して造影剤ショックを起こしたケース
  • 医療事故紛争解決事例6〜添付文書の注意事項を軽視して造影剤ショックを起こしたケース
  • 「世界のHPVワクチン被害は今」上映会のお知らせ
  • 医療事故紛争解決事例5〜食道癌が4年間放置されたケース
  • 医療事故紛争解決事例5〜食道癌が4年間放置されたケース
  • 医療基本法制定に向けた院内集会のご案内
  • 医療基本法制定に向けた院内集会のご案内
  • 医療事故紛争解決事例4〜病理組織検査が3年以上にわたって放置されたケース
  • 医療事故紛争解決事例4〜病理組織検査が3年以上にわたって放置されたケース
  • 医療事故紛争解決事例3〜エコー検査を施行したものの肝癌を見逃したケース
  • 医療事故紛争解決事例2〜CT画像の評価を誤り肺癌の治療が遅れたケース
  • 医療事故紛争解決事例2〜CT画像の評価を誤り肺癌の治療が遅れたケース
  • 第17回福岡地裁医療関係訴訟運営改善協議会
  • 第17回福岡地裁医療関係訴訟運営改善協議会
  • 第17回福岡地裁医療関係訴訟運営改善協議会
プロフィール

kyushugodolo

タグクラウド
QRコード
QRコード