九州合同法律事務所

福岡市東区馬出1−10−2メディカルセンタービル九大病院前6F
医療事故の患者側代理人の仕事が中心です。
事務所の詳細は九州合同法律事務所HP

医療基本法制定議連が発足しました!

 当事務所は、市民団体「患者の権利法をつくる会」の事務局であり、ここ数年、患者の権利擁護を中心とする医療基本法の制定に取り組んでいます。このテーマについては、このブログでも何度か取り上げてきました
 医療基本法の制定を 今こそ!〜三団体共同骨子
 医療基本法の制定を 今こそ!〜基本法と患者の権利
 患者の権利法をつくる会「医療基本法要綱案」案文と解説
 「医療基本法要綱案」市民向けパンフのご紹介
 
 一昨年は、各政党の国会議員を招いたシンポジウムを、昨年は院内集会を開催して、立法活動に向けた働きかけを強めていたところですが、さる2月6日、ついに医療基本法制定に向けての議連が発足しました。

医療基本法案 年内の国会提出目指す 超党派議連発足
2/6(水)20:17配信 毎日新聞

 国民の医療を受ける権利などを定めた「医療基本法」の制定に向けた超党派の議員連盟(会長・尾辻秀久参院議員)が、6日発足した。今年中の議員立法による法案提出を目指し、医療団体や患者団体へのヒアリングを今後進める。

 医療基本法は、医師法、医療法、医薬品医療機器法などを束ね、医療の基本理念や患者と医療提供者の関係などを定める。約半世紀前から日本医師会や患者団体、有識者らが必要性を訴えてきた。2000年代に入りハンセン病患者に対する人権侵害への反省から議論が本格化した。法制化により、患者本位の医療の推進や医師偏在是正の効果が期待される。

 6日に東京都内で開かれた設立総会で、日医の横倉義武会長は「医療界と患者の対立ではなく、協働で立法につなげたい」と意欲を示した。患者側の15団体の代表も出席し「患者の位置付けを、施しを受ける対象から人権を守られる主体に改めて」などと要望した。【清水健二】

 
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000069-mai-pol

続きを読む

医療事故紛争解決事例11〜脂肪吸引でリドカインを過量に投与し死亡させたケース

 新年の挨拶にはやや遅くなりましたが、ことしもよろしくお願いいたします。ことしも、HPV薬害訴訟、ハンセン病家族訴訟、患者の権利法と課題は目白押しではありますが、書けることを、書けるときに、というごく緩い方針で更新に努めたいと思っております。

 さて、医療事故紛争解決事例として、5回にわたって薬剤の副作用に関連する事故を紹介してきました。今回の事故も、薬剤に関する事故ですが、これは一般の副作用事例に含めるのが躊躇われるほどのひどい事件です。

 Aさんは37歳の女性、Bクリニックで大腿部脂肪吸引術及びバスト自家脂肪吸入術を受けました。
 午前11時25分に手術開始、術中に痙攣が出現し、抗てんかん薬が投与されています。意識レベルや体温の推移は記録されていませんが、手術終了後の体温は、なんと41度。これに対してボルタレン座薬の挿肛、アイスノンでのクーリングが行われました。記録にある酸素飽和度は一貫して90%以上ですが、18時55分には気管内挿管がなされているところをみると、呼吸不全の状態になったものと思われます。
 翌朝になって近くの総合病院に搬入され、意識を取り戻すことなく約1ヶ月後に亡くなりました。直接的な死因は低酸素脳症とされています。
 いったい何が起こったのか。

 局所麻酔薬を皮下に注入し、皮膚の切開部分からカニューレを挿入して脂肪を吸引するというのが基本的な脂肪吸引術のようです。記録によれば、この手術には、4860㎎の局所麻酔薬リドカインが使用されていました。

スクリーンショット 2019-01-09 18.17.51続きを読む

ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その3)

 さて、3回にわたり綴ってまいりました結審期日の報告、終了後の報告集会の模様をご紹介します。
IMG_5088

【報告集会】
 午後6時半から、県立劇場で報告集会が開催されました。
 この会場にも、椅子を追加するほどの方が集まって下さいました。
 まず、支援の会の事務局長伊藤京子さんから、10万筆を目標に行ってきた署名活動についての報告がありました。12月18日に3回目の署名提出を行い、新たに2万7344人分の署名を提出、総計11万6079名分の提出となったことが報告され、大きな拍手をもって迎えられました。
 また、この集会では、3名の原告が、それぞれ30分ほど自身の被害と、この訴訟に寄せる思いを語りました。いずれも、胸に迫るもので、詳しくご紹介したいところですが、簡単に。
続きを読む

ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その2)

 結審期日の報告のつづきです。
IMG_4250

【意見陳述】
 最後に、原告番号9番、奥晴海さん
 奄美大島に住む70代の女性です(写真は奄美大島の海)。
 母親が病歴者であった彼女は、1996年、らい予防法が廃止された年にお母さんを亡くし、「これでハンセン病との縁は完全に切れた」と思っていた。ところが、前の国賠訴訟と判決を経て遺族訴訟の原告になり、「やっぱり私が帰るところは、ここしかなかったのだな」と思った。遺族訴訟で、後に家族達の集う「れんげ草の会」を立ち上げることになる仲間と出会い、生まれて初めて「真の友」を得て、語り合うことにより、幼い日に両親を収容により奪われたために失われていた「自分」を知ることができた。毎年の厚労省での定期協議にも参加した。けれど、自分のことで訴えるなんて想像もできなかった。続きを読む

ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その1)

 ハンセン病家族訴訟は2018年12月21日午後2時、結審を迎えました。
 正午過ぎから熊本地方裁判所の門前には沢山の方が群れをなし、多くの報道陣がカメラやマイクを構えていました。
 少し大部の報告になりますので、本日から、3回ほどに分けて、ご報告させていただきたいと思います。
IMG_5081

【門前集会】
 午後1時に始まった門前集会、林力原告団長の穏やかながらも力強い挨拶の後、弁護団共同代表の徳田靖之弁護士が、いつになく高揚した口調で語り始めました。この日を迎えた感慨を述べた上で、怒気を込めたその語りは、後に法廷で陳述する意見を先取りしたものでした。今回の期日、30名を超える原告の参加を迎え、一般に配布される傍聴席の数は数十席に限定されます。ですから、傍聴希望者の多くは法廷に入ることができません。そのことに配慮したものでした。
続きを読む
九州合同法律事務所
〒812-0054
福岡市東区馬出1丁目10番2号
メディカルセンタービル九大病院前6F
TEL092-641-2007
FAX092-641-5707
小林 洋二(41期)
久保井 摂(41期)
安倍 久美子(52期)
緒方 枝里(62期)
高木 士郎(64期)
弁護士髙木士郎(64期)
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 医療事故紛争解決事例11〜脂肪吸引でリドカインを過量に投与し死亡させたケース
  • ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その3)
  • ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その2)
  • ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その1)
  • ハンセン病家族訴訟結審、5月31日判決へ!(その1)
  • 腹部大動脈瘤破裂見逃し事件、上告棄却及び上告不受理決定により確定
  • 腹部大動脈瘤破裂見逃し事件、上告棄却及び上告不受理決定により確定
  • 腹部大動脈瘤破裂見逃し事件、上告棄却及び上告不受理決定により確定
  • 腹部大動脈瘤破裂見逃し事件、上告棄却及び上告不受理決定により確定
  • 医療事故紛争解決事例10〜急性心不全の患者にβブロッカーとカルシウム拮抗薬を投与して死亡させたケース
  • 医療事故紛争解決事例9〜緑内障既往の患者に硫酸アトロピンを使用して急性緑内障発作を起こしたケース
  • 医療事故紛争解決事例8〜耳毒性のある薬剤を長期間点耳して難聴になったケース
  • 医療事故紛争解決事例7〜添付文書の注意事項を軽視して胃癌の発見が遅れたケース
  • 医療事故紛争解決事例7〜添付文書の注意事項を軽視して胃癌の発見が遅れたケース
  • 『未来(あした)を拓く人〜弁護士池永満の遺したもの』ついに出版
プロフィール

kyushugodolo

QRコード
QRコード