九州合同法律事務所

福岡市東区馬出1−10−2メディカルセンタービル九大病院前6F
医療事故の患者側代理人の仕事が中心です。
事務所の詳細は九州合同法律事務所HP

医薬品添付文書と医療水準〜福岡地裁医療関係訴訟運営改善協議会

 1月24日、福岡地裁で第16回医療関係訴訟運営改善協議会が開催されました。この協議会の趣旨、沿革については第12回の協議会の際の記事(福岡地裁医療関係訴訟運営協議会)で書いたことがあります。また、第36回医療問題弁護団・研究交流集会inつくばで挙げている福岡地裁医療集中部の一審終局区分や鑑定率のデータは、この協議会で裁判所から提供してもらったものです。
 今回も、協議会冒頭に、裁判所からそのデータの説明がなされました。終局区分では従来どおり70%程度が和解であり全国平均の約50%よりもかなり高い和解率を示している一方、平成28年は判決6件全てが請求棄却、平成27年は判決5件中4件が請求棄却という認容率の低さが目につきました。平成20年以降、医療過誤事件の勝訴率は全国的に低迷しており、ここ数年は20%そこそこで推移していますが、それに比べてもかなり低い数字です。わたしたち患者側代理人弁護士としては、奮起を要するところかもしれません。また、最近は、これまであまり行われてこなかった鑑定が採用されることが多くなり、平均審理期間がやや長くなっている傾向が見られました。

 この協議会では毎回、医療訴訟の論点をテーマとして、福岡県内の4つの大学病院の医療関係者と、わたしたち法律家とでディスカッションを行うことになっています。第12回は「生存率等の医療統計資料の評価について」がテーマでしたし、その後、「説明義務」、「非専門家に求められる医療水準」、「ガイドラインと医療水準」といったテーマが取り上げられてきました。
 今年のテーマは、「医薬品添付文書と医療水準」。
 わたしは、鬱血性心不全へのテノーミン、ワソラン併用投与事件でこの論点に悩まされたばかりでしたので、たいへん興味深くこの議論に参加しました。続きを読む

鬱血性性心不全へのテノーミン、ワソラン併用投与〜和解解決事例から

 先日、鹿児島地裁で医療過誤訴訟の和解が成立しました。担当は、久保井と小林。2012年11月に提訴した事件で、私の訴訟事件中、最古参になっていたものです。警鐘事例としての価値があるケースだと思いますので、この機会に報告させていただきます。
 
事案の概要

 患者は、当時46才の女性。事故日の約半年前から、両手の震え、冷汗、動悸等の症状があったようです。事故日の約1週間前から、食欲不振、咳、息苦しさを感じるようになり、薬局で気管支喘息に効くという漢方薬や、動悸の薬である「救心」を購入して服用するも症状は改善しませんでした。
 当日、患者は夫に付き添われて、午前10時40分頃に相手方病院を受診しました。問診票には、「胸が苦しい」、「水分食事とれてない」、「尿少しずつ」、「下痢している」(1週間前くらい)、「呼吸がしづらい」、「座っている方がいいです」といった訴えが聴き取られています。体温は36.5度、血圧は204/107、酸素飽和度は97%、意識レベルは清明で会話は可能でした。
 この問診票をみた初診当番のA医師は、胸部X線、心電図、採血の各検査を指示しました。胸部X線で、右大量胸水、心胸郭比63%の心拡大、心電図からは心拍数193回の頻脈性心房細動が認められました。また、総ビリルビン2.7、AST136、ALT129、LDH413という血液検査の結果から、軽度肝障害が疑われました。
 この検査の後、A医師は患者の問診をしたとされていますが、その問診内容は診療記録に記載されていません。
 A医師から報告を受けた循環器科のB医師は、甲状腺ホルモンの検査を追加するよう指示、その結果、遊離T3値14.03(正常値1.71〜3.71)、遊離T4値4.03(正常値0.70〜1.48)、THS値0.01(正常値0.35〜4.94)というものであり、著明な甲状腺機能亢進症が明らかになりました。このとき同時に指示された胸部CTでは、肺野に明らかな病変はなく、呼吸器疾患には否定的な所見でした。
 この検査結果の報告を受けたB医師は、テノーミン50㎎の内服、ワソラン、アリサミン、リスモダンの静注を指示しました。なお、この指示をするにあたり、B医師は、患者を診察していません。
続きを読む

HPVワクチン薬害訴訟第2次提訴

 2016年12月14日午後2時、全国4地裁に、HPVワクチン薬害による被害者57名が一斉に提訴行動を行いました。
 福岡地裁にも、九州各県の被害者20名が提訴し、新たな原告となりました。
 HPVワクチン薬害の概要と、訴訟の意義については、当事務所サイトや、当ブログの第1次提訴に関する記事でご紹介していますので、そちらをご参照下さい。
 また、今回の第2次提訴、全国の状況は、全国弁護団のサイトに記事が掲載されていますので、こちらもご覧下さい。

hpv2
続きを読む

患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾

 2016年11月19日午後、粕屋町の長者原駅に近い井上歯科医院でNPO法人患者の権利オンブズマン主催の「患者塾」が開催されました。これは、オンブズマンの協力医療機関・福祉施設として登録されている施設の見学と、日々の活動について講話をいただくもので、今回が3回目になります。
 井上歯科は昭和56年に先代の院長先生が開院、以来36年間、診療を続けています。特筆すべきは25年以上も訪問歯科診療を続けているということです。今でこそ、訪問歯科診療を行う歯科医院も増えてきましたが、井上歯科が始めた当初は全国的にも行っている歯科はほとんどなく、大変に先進的な、冒険的とも言える状況でした。
2016-11-19-14-31-01
続きを読む

ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟

 まずはハンセン病家族訴訟に関して、お知らせです。第1回弁論期日が、以下のとおり指定されました。原告団、弁護団の代表による意見陳述が予定されていますので、みなさま、是非、傍聴にお越し下さい。

 日時 10月14日(金) 14時
 場所 熊本地方裁判所 101号法廷


 さて、本日は、青法協の交流集会で、「ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟」というテーマで話をしました。
 青法協の交流集会では、4年前にも、「患者の権利の法制化をめざして~薬害HIV訴訟とハンセン病問題の経験を踏まえて」というテーマで話したことがあります(闘い続けるということ〜青法協交流集会)。迂闊なことに、そのときには、4年後にハンセン病家族訴訟のことを話すことになるとは、まったく予想していませんでした(^_^;)
 
 それでは、ハンセン病問題のおさらいを兼ねて、本日の話の概要を、当ブログ読者のみなさまにもお読みいただきたいと思います。

ハンセン病の基礎知識

 ハンセン病はらい菌という細菌による感染症です。
 ハンセン病の分類は時代によってさまざまですが、1960年代頃には大きく二つに分けられていました。T型(類結核型・神経らい)と、L型(らい腫らい型・結節らい)です。癩菌に対する抵抗力が弱くて菌がどんどん繁殖するのがL型で、らい菌に対する免疫反応で起こるのがT型。L型は皮膚症状、T型は末梢神経症状が中心です。ただ、この二つは相互に移行するということが言われていて、B型(境界型)というものもあります。
 二つに共通しているのは、外貌が特徴的だということです。L型の患者は顔に斑紋がでたり結節がでたりしますし、T型の人は神経が侵されて手足に後遺症を残すことが多い。こういったことで、外目に分かりやすい後遺症を残してしまう。これが、差別・偏見の対象になった大きな原因であり、たいへん怖れられた所以でもあります。
 しかし、実際には癩菌の病原性はとても弱く、簡単に伝染するような病気ではありません。古来、感染症ではなく、遺伝病であると考える説が有力だったのもそのためです。ハンセン病が蔓延するかどうかは、環境的な要因に大きく影響されるといわれており、経済的に豊かな社会ではほとんど蔓延しません。いま、患者が多発しているのは例外なく低開発国、低開発地域です。
続きを読む
九州合同法律事務所
〒812-0054
福岡市東区馬出1丁目10番2号
メディカルセンタービル九大病院前6F
TEL092-641-2007
FAX092-641-5707
小林 洋二(41期)
久保井 摂(41期)
安倍 久美子(52期)
緒方 枝里(62期)
高木 士郎(64期)
弁護士小林洋二(41期)
弁護士髙木士郎(64期)
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

93588
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 鬱血性性心不全へのテノーミン、ワソラン併用投与〜和解解決事例から
  • HPVワクチン薬害訴訟第2次提訴
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • 幸田雅弘弁護士を悼む
  • 幸田雅弘弁護士を悼む
  • 幸田雅弘弁護士を悼む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード