今回からしばらく、腹痛にまつわる医療事故の報告を続けたいと思います。
 腹痛は、臨床医が外来で遭遇する最も多い症状のひとつだと言われています。実際、生まれてこのかた腹痛を経験したことのないという人は、あまりいないと思われますし、腹痛で医療機関を受診し、治療を受けた経験がある人もかなりの割合にのぼるのではないでしょうか。
 かくいうわたしも、その経験があります(わたしの虫垂炎〜ブルンベルグ徴候の思い出)。

 今回は、その虫垂炎のケース。
 3歳のA君が、腹痛で近所のB小児科を受診したのは12月10日のことでした。翌11日も腹痛の治らないA君に、B小児科の先生は虫垂炎を疑い、その地域唯一の総合病院であるC病院の外科に紹介しました。
 しかし、C病院外科のD医師は、腸管膜リンパ節炎や急性腸炎といった診断名で、解熱剤、抗生剤等による保存的治療を続けました。
 15日、A君は同じC病院の小児科を受診しました。小児科のE医師は、A君の腹部を触診して筋性防御(ディファンス)、反跳疼痛(ブルンベルグ徴候)といった腹部理学的所見を認め、虫垂炎及び合併症との診断で、A君を外科に送り返しました。しかし、D医師はそれでも自分の診断を変えず、A君を帰宅させました。
 16日の早朝、A君の容態は激変、七転八倒して腹痛を訴え、激しい下痢、嘔吐を繰り返しました。タクシーで駆けつけたC病院で撮影されたレントゲン写真には、フリーエアがはっきり写っていました。

雪
 流石のD医師も、この段階で開腹手術に踏み切りました。しかし、術後も、高熱、頻脈、過呼吸が続き、翌17日にA君は亡くなりました。死亡診断書の直接死因は心不全、その原因は敗血症と記載されています。

 A君の両親は、虫垂炎の診断と手術が遅れたことにより虫垂穿孔から汎発性腹膜炎、敗血症となって死亡したのだとして裁判を起こしました。しかし、病院側は、過失、因果関係とも争いました。
 病院側は、手術適応を判断するのはあくまでも外科医であるD医師であり、D医師の診断によれば、15日まで虫垂炎を示す腹部理学的所見はなかったのだから、手術しなかったことに過失はないと主張しました。同じC病院のE医師がとった腹部理学的所見は、小児科医の診察なのであくまでも参考に過ぎない、といいます。ちなみに医師としての経歴は、E医師の方がかなり先輩でした。
 また、A君の手術所見は限局性腹膜炎であり、必ずしも手術が遅れたとはいえない、とC病院は主張しました。A君は、汎発性腹膜炎にも、敗血症にもなっていない、亡くなったのは、手術後、ライ症候群を発症したからである、というのが病院側の主張でした。
 ライ症候群というのは、感染症後に発症する急性脳症で、アスピリン等NSAIDs(非ステロイド系抗炎症薬)との関係が指摘されていますが、その原因は明らかになっていません。肝細胞の脂肪変性・ミトコンドリア変性が特徴で、病院側はA君の死後、肝細胞の病理検索によって脂肪変性がみられたことを根拠としてこれが死因だと主張しました。

 しかし、限局性腹膜炎でなぜフリーエアが出るのか。なぜ、死亡診断書に「敗血症」と記載したのか。病院側の説明にはまったく説得力がありませんでした。また、肝細胞の病理所見も脂肪変性にとどまり、ほんとうにライ症候群に特徴的なミトコンドリア変性はみられませんでした。

 地裁判決は遺族側のほぼ全面勝訴。病院側はこれを不服として控訴し、今度は悪性過高熱という別な死因を主張して争いました。これに対して遺族側は附帯控訴、遺族の承諾を得ないまま肝細胞を採取して病理検索を行い自分に有利な証拠として提出したことを独立した不法行為として慰謝料の増額を求めました。
 高裁は遺族の主張を認め、慰謝料を約700万円増額しました。
 この判決は、判例タイムズ1045号に、「死亡した患者の担当医師が遺族の承諾を得ずに死体から細胞を採取することは、死因を解明するためであっても、遺族の死者に対する追悼の感情を害する不法行為にあたるとして、遺族の慰藉料を認めた事例」として紹介されています。

 この事件は、D医師の診断能力の不足から起こった単純な医療ミスです。せめて、ベテラン小児科医であるE医師の診断を尊重する謙虚さがあれば、最悪の結果は回避できたはずです。
 その失敗を糊塗するために、D医師は嘘を重ねました。しかも、敗血症以外の死因を探すために、遺族の了解を得ずに肝臓のネクロプシーをおこない、死因がライ症候群であることの証拠にしようとしました。そのため、遺族は、勝訴判決確定まで約8年にわたる苦しい闘いを強いられました。
 ミスはないにこしたことはありませんが、完全になくすことはできません。できることは、ミスをミスと率直に認め、それを前提とした善後策を図ること、再発防止策を講ずることです。この事件を思い出す度に、その思いを強くします。
(小林)