九州合同法律事務所

福岡市東区馬出1−10−2メディカルセンタービル九大病院前6F
医療事故の患者側代理人の仕事が中心です。
事務所の詳細は九州合同法律事務所HP

HIV

HIV検査:「結果の労務管理利用は目的外」2審も認める

 昨年8月に、HIV感染:勤務先病院に「就労制限で不当」と賠償命令というエントリーで紹介した事件の、控訴審判決が、昨日、福岡高等裁判所で言い渡されました。担当は、久保井と小林。
HIV検査:「結果の労務管理利用は目的外」2審も認める
毎日新聞 2015年01月29日 21時14分
 HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の検査をした大学病院から陽性結果が勤務先の病院に無断で伝わり退職を余儀なくされたとして、感染した看護師が勤務先病院に約1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡高裁(一志泰滋<いっし・やすじ>裁判長)は29日、病院に115万円の支払いを命じた福岡地裁久留米支部判決を変更し、病院に61万円の支払いを命じた。
 1審判決によると、看護師は2011年8月、勤務先病院の紹介で受診した大学病院で感染が判明。看護師が知らない間に大学病院から検査結果が勤務先に伝わり、勤務する診療部門から労務管理部門にも漏れた。病院幹部から仕事を休むよう言われ、看護師は休職、11年11月に退職した。
 病院側は控訴審でも1審と同様「感染情報は目的を特定せずに入手しており目的外利用にあたらない。体調を気遣い病休を提案しただけで就労制限ではない」と主張していた。
 看護師は退職後、医療現場を離れ別の職場で勤務。看護師は検査した大学病院にも賠償を求めたが、大学病院は診療情報の取り扱いについて意思確認が不十分だったと謝罪し、13年4月、和解が成立した。【山本太一】
続きを読む

HIV感染:勤務先病院に「就労制限で不当」と賠償命令

 本日、福岡地裁久留米支部で言い渡しを受けた判決のご報告です。
 担当は久保井と小林。

HIV感染:勤務先病院に「就労制限で不当」と賠償命令
毎日新聞 2014年08月08日13時45分
福岡地裁久留米支部、看護師のプライバシー侵害も認定
 HIV件(ヒト免疫不全ウイルス)の検査をした大学病院から陽性結果が勤務先の病院に伝わり退職を余儀なくされたとして、感染した看護師が勤務先の病院に約1000万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁久留米支部(太田雅也裁判長)は8日、勤務先病院に115万円の支払いを命じた。HIVに感染した医療従事者の雇用を巡る判決件は初めて。
 判決は、病院による看護師のプライバシー侵害と就労制限の不当性を認定した。
 判決によると、看護師は2011年8月、勤務先病院の紹介で受診した大学病院でHIVの感染が判明した。看護師が知らない間に、大学病院から検査結果が勤務先に伝わり、複数の上司に検査結果が漏れていた。病院幹部から仕事を休むよう言われ、看護師は休職、同年11月に退職した。
 主な争点は①HIV陽性の感染情報を大学病院から受けた診療部門の医師と、労務管理をする看護師の上司らが共有したのはプライバシーの侵害にあたるか、②HIV感染を理由に就業を制限することが違法かどうか−−だった。続きを読む

異質をどれだけ受容する社会であり得るか

 大分では1996年から毎年11月3日に薬害エイズの集いが開かれています。1996年10月、九州からの最初の薬害HIV訴訟原告である草伏村生さんと、同じく薬害HIV被害者で17歳になったばかりのM君が相次いで亡くなりました。その二人の思いを引き継ごうと支援者が呼びかけて始まったこの集い、今年が17回目になります。草伏村生というのはペンネーム、彼には『冬の銀河』という薬害エイズの被害とたたかいについて記した著書があります。
 草伏さん亡き後、薬害エイズ被害者運動の中心を担ってきた瀬戸信一郎さんが一昨年の11月に亡くなったことから、この会は昨年からは彼をも偲ぶ会となりました。
 今年の集い、まず大分の徳田靖之弁護士から、三人それぞれについて印象的なエピソードが紹介され、続いて、1994年に行われた草伏さんの講演の映像を、会場の大きなスクリーンで観ました。

images続きを読む

薬害HIV事件と患者の権利〜福岡県人権擁護委員連合会総会

 先週末は九州HIV訴訟原告団の総会に参加したり、青森のハンセン病市民学会で知り合った宮地尚子さんの「トラウマの医療人類学」を読んだりと、薬害HIV事件を思い返す機会が多いこのごろです。
 昨日は、福岡県人権擁護委員会連合会総会で、「患者の権利」というテーマで講演しました。その中で、「患者の権利」という観点からみた薬害HIV事件について触れることにしました。
続きを読む

HIVという慢性疾患

 日曜日、患者の権利オンブズマンの理事会を終えて、このブログを更新した後、私は夜の飛行機に乗って東京へ向かいました。月曜日の午後、厚生労働省で開催されるHIV訴訟原告団と厚労省、独立行政法人国立病院機構、そして全国に設置されたHIV治療ブロック拠点病院との中央運営協議会、そして医療協議会に出席するためです。続きを読む
九州合同法律事務所
〒812-0054
福岡市東区馬出1丁目10番2号
メディカルセンタービル九大病院前6F
TEL092-641-2007
FAX092-641-5707
小林 洋二(41期)
久保井 摂(41期)
安倍 久美子(52期)
緒方 枝里(62期)
高木 士郎(64期)
弁護士小林洋二(41期)
弁護士髙木士郎(64期)
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ

93588
記事検索
月別アーカイブ
ギャラリー
  • HPVワクチン問題を考えるワークショップ・交流会のご案内
  • インフォームド・コンセントを理解していますか?
  • 鬱血性性心不全へのテノーミン、ワソラン併用投与〜和解解決事例から
  • HPVワクチン薬害訴訟第2次提訴
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  • 患者の権利オンブズマン:歯科医院での患者塾
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • ハンセン病国賠訴訟から15年〜差別・偏見の解消を求めるハンセン病家族訴訟
  • 幸田雅弘弁護士を悼む
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード