「共 生」 (2)

2018年08月15日

共 生 (3) 「様々な生き物たちと」

 私の周りには、多くの生き物がいる。 私は、彼等と共に生きるのを、幸せに思っている共に、喜びでもある。
世話をしているものもいるし、野生のものもいる。                                                      

 飼育しているのは、鳥類である。烏骨鶏は8年前から飼っており、新鮮な卵の恩恵を受けている。アヒルは雄雌2羽(合鴨との混血)と、伝書鳩(現在5羽)は昨年から、大王2羽(最大の鶏)は今年から飼育している。何れも孵卵器等によって、自宅で孵化させ手塩に掛けて育てた。アヒルも沢山産卵しているし、愛嬌がある。

 鳩の飼育と訓練は中々難しい。現在鳩は、飛行が高速で優秀だが、華奢で病気に弱い。そのため、予防のためのサプリメントと適時の投薬が必要である。3羽(東京麻布ロフトのジュリアス・デブクワ系ペアと3番子1羽、他に現在4番子を抱卵中)は自宅鳩舎で飼育している。高層建築物の谷間に位置しているためか? 訓練が難しく、周到に鳩舎の侵入訓練を重ねた幼鳥(2羽)が帰還しなかった。他の幼鳥2羽(福島のヤンセン系)は農園鳩舎で連日飛行訓練(10km程度、遊びを含め1~2時間)を順調に重ねている。私の楽しみである。悲しい出来事もあった。福島の1番子2羽が、日没近くになってもトラップ侵入(入舎)せず、侵入口を閉じずに帰宅したが、翌早朝異常に気づき、見ると、狐に襲われ2ペア(福島・山形)と1番子の6羽が、無残に全滅していた。私の判断ミスを悔やんだ。可哀想なことをした。この教訓を活かし、侵入口を2重トラップにし、狐の侵入防止に万全を期している。
 大王は、90cmにもなる鶏で、生後2ヶ月になり大夫大きくなった。その他にも、鈴虫が毎晩美しい音色で癒やしてくれる。銭亀とオカメインコは18歳になる。かつては高麗雉もいたが世話が大変で止めた。

 弓粋農園には、様々な生き物がいる。多数の野鳥や虫たちが美しい姿や音色を披露してくれる。野鳥が多く、鶯・雉鳩・ヒヨドリ・クマゲラ・烏・雀等がよく姿を見せ、虫はキリギリス・コオロギ・トンボ類・バッタ類等をよく見かける。小動物では、シマヘビ、蛙・ヤモリ・エゾリス・ネズミ・狐・蝦夷鹿が姿を現す。
 中には農作物に害を為す輩もいる。鹿・狐・ネズミの害は深刻で、ネット張り等の防御にも気を遣っている。

 私の生活は、弓道仲間と多くの動植物に囲まれ、農作業と弓道指導・修練に明け暮れた毎日である。高齢のため大変なときもあるが、充実した、やり甲斐のある日々である。幸福で満足している。珠玉の人生である。

             
               ・・・次回は、植物(畑作・果樹・盆栽・庭木・花卉)についてお話しします。


kyusuikan at 09:14│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
「共 生」 (2)