九州工業大学LCSの活動日誌

LCS : ラーニングコモンズサポーターとは、図書検索手伝いや大学での勉強や生活などのアドバイスを行う学生のことたちです。 ブログには、サポーターによるイベントの告知や寄せられた質問の回答を載せてます。勉強方法についての質問などのコメントをお待ちしています。 ※コメントは管理者の判断で非公開または削除する場合もあります。

こんにちは。火曜日の山本です。
今日はゲームについての話をしたいと思います。

ついこの前、任天堂Switchのゲームソフト「スプラトゥーン2」が発売されて話題になりましたね。
今はゲームソフトの入手以前にハード(Switch本体)の普及が追いついていないらしく、苦労してお店がSwitchを入荷してもすぐに売り切れてしまうそうです。

そんな中、幸運にもSwitchを手に入れた友人がスプラトゥーンをプレイしているのを見せてもらいました。
操作の自由度は高くなめらかで、ゲーム画面は鮮やかかつ立体的でとてもきれいでした。
また、カメラ(視点)を移動させるために、ゲーム機本体を持ったまま部屋中を仰ぐように動いていたのが印象的でした。

白黒のゲームボーイから、GBアドバンス、GBA SP、DS、3DS、そしてSwitchと携帯用ゲーム機の技術の進化は素晴らしいと思います。
もちろん、今回のSwicthも含みますが、ゲームキューブやWiiなどの家庭用ゲーム機も技術の進化と時代のニーズに合わせて変わり続けています。

ゲームをすると目が悪くなるであるとか、子どもは外で遊ぶべきであるとか、暴力的な表現が教育上良くないと言ったような理由からゲームを禁止する考えは、時代と共にマイノリティになったと思います。
むしろ、共通のゲームをプレイしていることが会話のきっかけになったり、友達や家族の関係性を親密に保つことの手助けをしてくれたりすることの方が多いのではないでしょうか。

Switch以外の例を挙げると、スマホアプリのポケモンGOというものがあります。
最近ではレイドバトルといって、同じ場に集まった人たちで知人か他人かに関わらず、協力して同じポケモンを倒してつかまえようとする遊び方も追加されました。
元から仲の良い人とは戦いを共にすることでさらに絆が深まり、全くの他人だった人とは「強いですね」「ゲットできましたか?」というようなゲーム話から接点を持つことが出来ます。

ほとんどの人がスマホを持ち、何らかのゲームアプリをインストールしていることからも分かるように、ゲームはもはや生活の一部として根付いていると言えると思います。
個人の娯楽のためだけでなく、職場や学校などの仲間と話題や目標を共有するためのツールとして、ゲームをすることは流行の服を着ることや放送中のテレビドラマやスポーツを見ることと同様に、社会的存在である私たちに必要とされているのではないかと考えました。

堅苦しいことを言ってしまいましたが、何より大事なのは楽しくゲームをすることですね!
残念ながら図書館ではゲームの貸出は行っていませんが……皆さんも色々なゲームを楽しんでください(´∀`*)

ダウンロード

こんにちはトミナガです。

丑の日に「う」のつく食べ物を食べるといい
ということからうなぎを食べるようになったらしい。

ということで、
先日、鰻のせいろ蒸しを食べてきました。柳川まで。
IMG_3180


ふっくらとした鰻とあまからいタレ。
少々お高いですが、一度は本場の味をお試しください。


あと、柳川にはひまわり園があって、8月あたままでは見ごろだそうです。
IMG_3205

車で行くとかなりの渋滞に悩まされますので、お気を付けください。



こんにちは、水曜日担当の田頭です。
三連休はいかがでしたか?

今回は、予告通りインターンシップの面接について報告します。

私は、ESが無事通過し、先週、面接を受けるために博多まで行ってきました!
念には念を入れすぎて、面接開始時間の一時間半前に会場に到着してしまい、面接が始まるまで、かなり落ち着きませんでした。ただ、会社の周囲の環境を知るための散策が出来たため、結果的には良かったのかなと思います。

面接の形式は、一問一答形式を想像していたのですが、そういった堅い雰囲気ではなく、会話をしながら考えを伝えていく形式でした。そのため、私も緊張することなく、受け答えできたように思います。

具体的な質問内容については、次の通りです。
・ESに記入したことについて改めて
‐インターンシップへの応募動機
‐大学における研究テーマとその内容について
・自身の性格
・ストレスへの対処方法
・学生生活で勉強以外にしてきたこと
・逆に質問がはないか

インターンシップの面接ということで、基本的なことを中心に質問されたように思います。
基本的なことだからこそ、その人自身がはっきりと表れるものなのかもしれません。

皆さんも自分と向き合う時間をつくってみてください。

ブログロゴマーク

このページのトップヘ