九州工業大学LCSの活動日誌

LCS : ラーニングコモンズサポーターとは、戸畑キャンパスの図書館で、大学での勉強や生活、図書館の使い方などのアドバイスを行う学生たちのことです。 ブログには、サポーターによるイベントの告知や寄せられた質問の回答を載せてます。勉強方法についての質問などのコメントをお待ちしています。 ※コメントは管理者の判断で非公開または削除する場合もあります。

2013年03月

みなさんこんにちは。
サポーターの宮島です。

今日は2012年度最後の図書館開館日です。
春休みということもあって、
来館者はそこまで多くありませんが、
来館者の皆さんが新聞を読んだり、
就活の本を読んだりしているのを見ると、
図書館が役立っているのを実感でき、私も嬉しくなります。

今後とも九州工業大学図書館と、ラーニングコモンズサポーターを
よろしくお願いいたします。

二連続で、記事を上げさせてもらいます、サポーターの奥村です。


気づかないうちに3階のスペースがきれいに!!!

なんといことでしょうか、暗かったあのスペースがこんなに明るく

そして、探しにくかったTOEICをはじめとする英語の本が見やすく、

そして気持ちよく並んでいます。

何よりも、個人スペースが出来上がっています。

これで、英語を聞きながら発音練習やシャードイングができる。


というわけで、皆さんもぜひ三階に行ってみてください。

全体図
3kai_new_1.jpg


3kai_new_2.jpg


個人ブース
3kai_new_3.jpg

就活のため、フラストレーションが溜りまくりのサポーター奥村です。
やはり就活と研究をやっているとなかなか好きなことをできません。
新しくプログラムを書いたり、回路を作ったりしたいのに残念です。


さてさて、今日はみなさんにおすすめの本を紹介します。
プログラミング系の本を紹介したいと思います。
新年度から始めるにピッタリかと思います(笑)

どこの学科でもC言語は勉強するとは思うのですが、
その後、どう進めばいいのかは意外とわからないかと思います。
なので、それを踏まえたうえで何冊か紹介します。

私のおすすめの進み方としては以下の3つの進み方がいいかと思っています。
①「C言語―→C++」②「C言語―→ゲーム作成」③「C言語―→マイコン」です。

①は、基礎的な勉強が好きな方にお勧めします。大学院でも勉強するのですが、学部生でも問題なしに勉強できます。

②は、基礎は飽きた実際プログラムを書いてみたいと思う人におすすめ。実際に手を動かして作りきるとかなりの自信になります。

③は、パソコンの中だけでプログラムを動かすのは好きではない人におすすめ。お金がかかる欠点はありますが、現実に動くものを作ることができます。

では、本の紹介に移ります。どれも図書館にあります。(一番下に写真を上げています。)

A.「明解C++ (著)柴田望洋」①の人におすすめ
やはり私はこれが分かりやすいかと思います。ただ欠点としては、プログラムを書くソフトウェアがないので自分でPCに入れなくてはならないということです。分からない人は、Eclipseというソフトウェアをお勧めしますので、調べてみて下さい。

B.「これからはじめるVisual C++ 2008(著)赤坂玲音」①と②の人におすすめ
 Visual studioというソフトを使ってプログラムするのですが、いいところは簡単にデザインが簡単にできるところにあると思います。なので、プログラムをした感が実感できます。こちらの本は、ゲームは作れませんが、研究室や将来的にちょっとした計算ソフトを作るときに役に立ちます。

C.「14歳からはじめるC言語ゲームプログラミング教室(著)大槻有一郎」
②の人におすすめ
これもVisual studioというソフトを使ってプログラムを使っています。子供向きかもしれませんが、その分丁寧に書かれていますし、何よりもCDROMが付いているがいいです。コピー&ペーストなどしながら簡単にプログラムできます。

D.「ブレッドボードマイコンプログラミング入門(著)青木直史」
③の人におすすめ
 これは、マイコンといわれる小さなパソコンみたいなものをプログラミングします。これは、最終的には「ロボット」の制御につながります。本の中では電子ピアノなるものの作り方も書いてあります。面白いのですが、マイコンやそれにプログラムを書きこむものなどいろいろ買わないといけないのが最大の欠点です。

E.「ARToolKit 拡張現実プログラム入門(著)橋本直」
②と③の人におすすめ
 これもVisual studioというソフトを使ってプログラムを使っています。ARや拡張現実という言葉を聞いたことある人がいるかもしれません。で、何ができるかというとwebカメラなどである模様を取るとそこには3Dポリゴン(CG)が移るといったものです。気になる人は調べてみて下さい。CGにアニメーションも入れられますので、最終的にはゲームに応用できたりします。一番難易度が高いも。ちなみに九工大の人が書いています。


ここに紹介した本以外にもいろいろとありますので、興味がある人は図書館3階やサポーターに聞いてみて下さい。
ちなみにある程度、気に入った本が見つかったら買ったことをおすすめします。図書館は2週間しか借りれませんし、忘れてしまうのでよく見直すことがあるからです。



osusume.jpg

こんにちわ、LCSの李光旭です。

スマートフォンを介してインターネットを利用する一人あたりの利用時間が、PCを上回っているそうです。
皆さん、スマフォでブログを見ますか。今日はスマフォでブログの閲覧の攻略をご紹介します。

まず、ブログのwebサイドを立ち上げます
http://kyutechlc.blog.fc2.com/

九州工業大学のホームページのリンクから入ります。
そうすると…
スマフォ1

スマフォビューは少しい違和感を感じますね。
では普通の画面に直しましょう!
ブログページの一番下に「PCビュー」というリンクを見えます。クリックして
スマフォ2
クリックして
^v^) よく知っている画面になりました。

尚、スマフォビューに戻る場合、「スマートフォ版表示」ボータンをクリックして下さい。
スマフォ3


これからPCがなくても、ケータイから「ラニングコモンズのブログ」を閲覧することも可能になります。
ご楽しみに

こんにちは^^
ラーニングコモンズサポーターの水谷です^^

LCSのブログの左上部分にアクセス数を表示したカウンターがあるのをご存知でしょうか?

cut.jpg


現在図書館ではこのカウンターの数字が、ちょうど777及び800となった方に図書館オリジナルバッグをプレゼントさせていただくイベントを行っています。

参加方法はブログを見に来ていただくという

事だけです!!

後は神に祈りましょう^^

カウンターがその番号ちょうどとなった方は、その時の証拠写真、またはページを印刷したものを図書館に持っていくことで、引き換えることができます!!

参加の方、どうかよろしくお願いします^^

こんにちは。ラーニングコモンズサポータの宮島です。

今日、LCSのブログのアクセス数を見てみたら723人でした。
開設からおよそ半年経ちましたが、
思ったよりも多くの人が来てくれているなぁと感じました。

このブログを見てくれた皆さんも、どんどん友達にこのブログを
紹介してくださいね!!

お久しぶりです。サポーターの奥村です。
就活のため、博多や大阪に行っていました。移動費がばかになりません(笑)


さてさて、桜が咲き始め新学期が近づいています。

部活やサークルでは、新入生を呼び込むための秘策をいろいろと考えている頃かと思います。

そこで、耳寄りな情報を

図書館で部活・サークル紹介のスペースを設けることにしました。

なので、部活やサークルの紹介をしたい皆さんは、ぜひ図書館にポスターを持ってきてください。

以下がその案内です。





部活・サークル紹介 on Library
1.概要
図書館で、部活・サークル紹介ポスターとビラを設置するスペースを設けます。そこで、各部活・サークルにはぜひ紹介ポスターを作っていただき、新入生に九工大にある部活やサークルを紹介してもらいたいと思っています。
ポスターとビラは図書館一階のラーニングコモンズのスペースと通路の間に設置する予定です。期間は4月中です。以下の書かれた形式に合わせて、ポスターとビラを製作してきたところから、随時貼り出していきます。配置につきましては、図書館側が決めさせていただきます。
2.ポスターとビラ形式
■ポスター
大きさ:A4サイズ(縦と横どちらでも問題なし)とします。
データ形式:A4手書き、データどちらでもOKです。
カラー:色はあってもなくても、問題はありません。名前の記載:必ずポスターの裏側に部活・サークル名と責任者名を入れておいてください。
■ビラ
ビラを置きたい方は、印刷は図書館では行いませんので各自印刷しポスターと一緒に持ってきてください。大きさに指定はありません。枚数も特に指定はありません。
※不適切な内容を含むと判断としたポスターやビラは置くことはできません。
3.期間
3月21日から4月12日まで間に持ってきたものから随時貼り出していきます。張り出し期間は、ゴールデンウィーク前までとします。
4.提出場所
 作成しましたポスターとビラは、図書館入口のカウンターにて受け付けます。
 データの方は、tos-kanri@jimu.kyutech.ac.jpに添付ファイルで送信してください。

5.予定図

部活紹介




となっています。

部活・サークルに入っている人は、ぜひ参加してみてください。


皆さんこんにちは。
ラーニングコモンズサポーターの宮島です。

九工大の学生さんは理系なので、図書館に行くときは
1階か3階の理工系書籍のあるコーナーに行くことが多いと思います。
しかし、たまには2階の文学作品のコーナーにも立ち寄ってみて、
レポートや勉強で疲れた頭を切り替えてみてはいかがでしょうか?

私のお勧めは、北九州出身の作家 松本清張氏の作品です。

お疲れ様です。LCS平塚です。

春がそこまで来、就活や学年の変動など
変化が多い時期ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

変化といえば図書館のホームページが新しくなりました~
http://www.lib.kyutech.ac.jp/library/

パワーアップして帰ってきたんでみなさん是非使ってください。

アクセスなう!!

こんにちは^^
ラーニングコモンズサポーターの水谷です^^

今回は『目につきにくいかもしれないコーナーその⑤』を紹介したいと思います。

今回のコーナーはその①で紹介させていただいた文庫本コーナーよりも生協側にある学術誌コーナーです。

知られていない場所1

知られていない場所2


ここにおいてある雑誌は専門性が高く、とっつきにくい印象を受けるかもしれません。
しかしながら写真を見て頂ければわかるように企業の技術報告書なども置いてあります。

このコーナーには企業が現在なにをやっていて、どんなことに注力しているのかを知ることができる雑誌が多く、より深い企業研究を行うことができます。今年度就活を行う方、まだ将来やりたいことがまだ決まっていない方にお勧めのコーナーです^^

「おまけ」
学術書コーナーの奥にはこんなコーナーもあるので是非合わせて活用してみてください^^


知られていない場所5

このページのトップヘ